正月の過ごし方1

ss_DSC00132.jpg

2日。東京の友人宅へとみな集まるということで、在来線で揺られること5時間弱。東海道線は長すぎる。静岡県も西から東に抜けるのに3時間以上かかるという鬼畜っぷり。途中熱海乗り換えで、予想以上の混雑で乗るはずだった電車が目の前でいってしまった。熱海から小田原までも短いようで地味に長い。そっからも長い。ようやく大船過ぎればあっという間に東京という感じだろうかな。

数年ぶりに会う友人もいたり近況報告しながら、まあみな何とか生きてるみたいでした。子供がいる友人はああ、ああパパなんだなあと。鍋突っついておつまみ食べて夜遅くまでゲームして。

s_DSC00151.jpg

途中赤羽へ行って買ってきた白カビサラミは好評だった模様。友人宅に合った海外のおつまみだから知らんが芋虫?ハチの子?とコオロギの乾物??を食す。美味いか不味いかの2択であれば不味い。でも食べれなくはない味ので普通に食べれるが、おいしいモノが溢れるこの世の中、好んで食べようとは思わんなぁ。
次の日の昼まで寝てまたそこから日夕方までゲーム。なんという正月。

s_DSC00169.jpg

帰りに八重洲地下街に行き牛タンの「ねぎし」で夕食を済ませ、駅弁とクラフトビールをたくさん買って帰りましたとさ。

昇る太陽

どうもあけましておめでとうございます。
新年早々朝5時出社。正月ぐらいぐらい休ませてくれよと思いつつ、寒い中お仕事でした。昼過ぎには帰れたのでそこからのんびりと過ごしましたとさ。

新年に入ってまずは二輪の免許を取る予定だ。既に入校済みなのでできれ1月中にはとりたい。次に一陸技の試験を受けること。
生活面では転勤してから食費が一気に増えてしまい、それに比例し体重も増加。貯金は貯まらぬ一方、贅肉だけが増えていく状況なので節制に励むこと。80キロ前後を目標とし、運動を継続して行きたい。

最後に
”とりあえず事故に合わないこと、健康であること、そして一番大事な精神のバランスを保つこと。大雑把に言えば不意に死なないように1年過ごしたい”

去年のブログで書いていた事だが今年もこの先もこの事は1番大事な事である。

残りわずか

徐々に10代、20代前半の記憶が薄れていっている。実に悲しいことだ。今がある程度満たされてる分、昔ほど過去に執着はしていないが救い。ただふとした瞬間どこかで寂しく思ってしまう。「あの頃・・・」と・。もう若くないのか。見えてくる30代。仕事、お金、健康・・・・もろもろ。正直怖い。
今自分が置かれている状況ってどうなんだろうと考えるとやっぱりよくはないんだよなあと。よほどのことがない限り好転はしないだろうが、今よりも少しでもよくはなりたい。来年は仕事どうすっかなぁあと思う次第・・・。

今日は昼から豊橋へと行ってきた。今年は年末という気がしないなぁなんて思ってたけどやっぱり街に出てみると違うもんだ。金券ショップで青春18きっぷを買い駅ビルで飯を買って帰る。2日の日に高校の友人たちと集まるのだ、が地元ではなく東京の友人の自宅だと。在来線乗り継いでいくと約5時間かかるらしく、もうおったまげだよ。でも集まれる機会なんてめったにないからいくしかないなあと。東京へ行ったついでに牛タン屋か二郎行きたいなあと思う。

今年もとにかくあっという間の1年だったと思う。転勤してから本当あっという間だった。この半年弱の記憶があまりない。頭が弱ってるからか。いいこともあれば悪いこともあり。何か進歩があったかと言えばそれはわからない。でも一つ言えることはこのままいても身につくものがないということ。どうすべきか答えは出てるが、どう動くかだな。いまだ迷走中。
先のことなんて誰も分からないけど、まあどうなることやら。適当にまとめちゃったけど皆さんお年を。

佐久間の太陽

先日、ふとした思い付きで佐久間ダムへ行ってきた。
暴れ天竜を横にカブで走り続けること約3時間。山の中なので人気はなく先客もなし。下を覗けは予想以上の高さにビビる。どうやら高さ155.5メートルで日本で9番目のとのこと。こんなコンクリの壁をたった3年でつくってしまったという話だからすごいなあと。こうなると黒部ダムも行ってみたいなぁ。
それと特に柵という柵がないので飛び降りようと思えば飛び降りることは可能。出そうなので間違っても夜に行きたくない場所だ。
s_DSC00108.jpg

s_DSC00109.jpg

s_DSC00104.jpg

s_DSC00112.jpg

他人の他人事

どこまで行っても他人のことはやっぱり他人事である。自分のしていることに対して思いのほか他人は無関心だし、他人のしていることだって自分は思いのほか無関心。自分が置かれた状況をいくら説明したってその危機感は自分だけにしかわからず。もどかしいぜ。それと分からないことでも他人を頼ったりあてにするのはだめだ。助けてくれると期待するのは間違い。それと面倒くさいことを都合よく振られても困るな。はぁ・・・。

早いもので11月もあと少し。全くと言っていいほどやる気がない。製造業でもないので技術という言葉を使うのはどうかと思うのだが、専門知識及び技能を有する仕事って様になるまでにに相当な時間がかかると思うのだ。だから集中的にやらなきゃどうしようもないのだが今は全くの非技術・技能の仕事をさせられている。今の状態で地元の事業所に戻ってじゃあやってくださいと言われても無理。戻っても上の人間がやる気ないし。皆他人事だから僕の危機感みたいなものはないだろう。スキルも身にならない今の状態では非常に時間の無駄だ。家帰って求人眺める。ああ、生きるのってだるいと改めて思う。同じようなこと何回も愚痴ってるがそれしか出てこない。

どうでもいい。ガッキーがかわいすぎて困る。