時の流れ

元気だったころの姿ってどんなだったっか。記憶がだんだんと薄れていってしまってあまりよく思い出せない。

月曜日、帰る前にじいちゃんのいる老人ホームへと行ってきた。先日姉から心配なことを聞かされていたされたので、どうも気になってしまって。ちょくちょく仕事で戻るものの、いつも自分の都合を優先していたので会いに行っていなかった。転勤してからだからおそらく1年以上会いに行っていなかっただろうか。
1フロアに入居に何十人といるのでぱっと見どこにいるのかわからず職員さんに確認。じいちゃんも最初誰が来たのかわからなかったようだった。体調崩して一か月近く病院に行っていたそうで、その影響もあるのか以前よりだいぶ痩せてしまっていた。ただ思っていたよりはしっかりした感じで少しほっとしたかな。だいぶ元気になったとのことだったが、以前と比べてぼーっとしてるというのか、口数も減ってしまったような気がする。こちらが話しても会話が続かず、正直話す事がすぐになくなってしまった。
周りを見渡せばじっとしていられずウロチョロする方、机の前に座ってあまり動かずだらんとしている方、じいちゃんはまだ元気な方に見える。このどんよりとした独特の雰囲気が苦手だ。生気が感じられず、むしろ生気を吸い取られそうな雰囲気が漂っている。言葉は悪いが「ただ死を待っている」、そのような状況だ。
会話がなくなってどうしようかとしていると、職員さんから口腔ブラシがなくなってしまったので用意してほしいとの事だったのでいったん外出し、買って戻ってきたときにはお風呂に行っていていなかった。ばあちゃんも足が悪いからたまにしか来れないし、多めに買っておいたのでしばらくはこれで十分だろう。待っていても仕方ないし、老人ホームを後にした。

もう年だし恐らく長くはないと思いたくはないけど思ってしまう。もとの元気な姿のじいちゃんには会えない。同じ人間でも数年でだいぶ変わってしまうものだ。周りの人間だけでなくてふと僕も皆と同じように年を取ってしまったということに気づかされる。悲しいな。

休みのために

この土日、イベントの手伝いの為地元に戻ってきた。暑さと股擦れの痛み、そして流石に蓄積された疲労は隠せず、終わるころには寝かけてしまった。朝起きてから歩くのもしんどい状況だしもう歳なのかなあとしみじみ思う次第。
しかし長かった12連勤がようやく終わり、心が何かから解放された感じが半端ない。今日から定休日、有休合わせて4連休。せっかくのプチ夏休みなので、前から行きたかった甲子園でに高校野球を見にいく予定だ。というか連休を作るために休み挟まず連チャンで頑張ってきたのだ。そう休みのために…。親会社はお盆9連休だそうだが、至極うらやましい。できれば年間休日120日以上の会社で働きたい。
何のために働いてるのかと言われても、金と休みのためという純粋な答しか出てきません。

距離

8月なのに8月って感じはしない。地元の夏祭りも気づいたら終わっていた。だるいし。暑いし。
今週に入ってから奥歯が痛くて痛くてとてもつらい。リンパも晴れているようだし化膿しているのだろうか。「痛くなったらまた来てください」と5月に治療して安心しきっていたけど、まさか本当に痛くなるとは。せっかく詰め物したけどまた削るのか、もう神経抜くことになるんだろうか・・・とほほ。長らく放置してかなり虫歯が進行していたから自業自得と言えばそれまでなんだけどね。

昨日から親会社の新入社員が研修のために来ている。去年も同じこと書いたのだが皆頭の切れる子たちばかり(おそらく)。若いって素晴らしい。
昨日はほぼほぼしゃべる機会がなかったが、今日は共同で作業をすることがあったので話しかけるのにちょうどよかったと思う。皆多少なりとも相手がどんな人間かわからない以上緊張張するか、やっぱりこちらから積極的に声かけてあげなきゃだめだよねと。しゃべってみると最初の印象とだいぶ違うし、最後の様子を見る限り多少慣れてくれただろうかと。会話のきかっけやが散らばっているので、距離を詰めるにはやっぱり共同で作業する方がいいのかなと思う。
あと新入社員の子たちの名前を覚えたのが僕だけで、僕以外の人社員ははさらっさら覚える気がないようで・・。いくら数日間しかいないといえどそれってどうなのッて思うよ。

劇的

s_DSC00449.jpg
夏本番、そして繁忙期。僕の嫌いな野郎が業務過多(は?)でやりきれないということでなぜか僕が担当することになったイベント。ようやく終わってほっとしてるが、9月にも同じイベントを運営しなきゃいけないから面倒くさい。こんなことするために今の職場にいるわけじゃないだろと思うが、無理なものは無理、そして諦め。先日上の人(社長を含む)3人で食事に行ったのだが、予想はしていた通り僕が職探ししていることについての尋ねられた。その場での深い話までは避けたが、求人は見てるということ、それとこの先の不安だけは伝えておいた。本当は次が決まったら辞めるつもりだと伝えればよかったが・・・。結局僕もこの会社で何がやりたいのかと言われたら、もうなんて答えればいいかわからない。現状と現実が見えてしまった。元の職場(地元)へ戻るとなってもどうも不安が払しょくできず、どうでもいいという感情に包まれてる。

さて、高校野球の準決勝を見に草薙球場へ行ってきた。球場内はクソ暑いが、この応援といい熱気といい、熱のある雰囲気が好きだ。やっぱり野球はテレビではなく球場で見るべきだと思うのだが、野球のわかる人間と一緒にしゃべりながら見たかったと思う。1試合目の延長14回劇的サヨナラ。まさか日大三島が決勝に来るとは予想しておらず。2試合目、まさかの乱打戦。そして優勝候補の静高が最後の最後でボロボロ。個人的にはショックだったなぁ。球場2/3が静高を応援してるような空気感だったのに、次第にお葬式ムード。
決勝が日大三島-藤枝明誠という全く予想していなかった組み合わせだが、明誠が勝てば初優勝。日大が勝てば28年ぶり。気持ちとしては地元よりの日大三島を応援したい。本当は明日の決勝を見に行きたかったが、見に行けず・・・。
学生に戻りたいなと思いつつ戻りたくないとも思いつつ。夏休みがほしい。

クソという名のウンコ

仕事から受けるストレス。正確にに言えば仕事を通して人から受けるストレス。

性格も考えも正反対の人間とうまく付き合えと言われたところでうまく付き合えるはずもなく。一言でいえば「合わない」。それ以上でもそれ以下でもなく。立場上こちらが下だから多少気は使えどそろそろ限界かなと。俺はご機嫌取りでもないし、サンドバックでもねぇ。純粋に「嫌い」と思ってるのが自分だけならまだしも小さな職場の中で皆思ってるのだから本物なのかな。
以前、作業中にひょんな事で揉め、向こうがか噛みついてきたからこちらも「なんでいつも偉そうなのかと」言ったが事がある。
兎に全てにおいて角の立つ言い方。あれから結局何か変わったかといえば変わってないと思う。「何であんな言い方をするか、何であんな偉そうなのか」。人はそう簡単に変われないだろうし、そういうい生き方をしてきてしまっている以上身に染みた価値観が変わることへの期待はしない。
ものは言い方次第。同じことでも伝え方次第で変わる。大事なのは言われた相手がどう捉えるかだ。言ったあんたがどう捉えるかではない。自分の下に人がいるならそれぐらいわかってくれよ。何年働いてんだって。
誰も味方なんかしてくれねぇし、「ありがとう」の一言もなしに、誰も動かねぇよと。
俺様的な態度じゃそりゃ嫌われるし、こんな小さな職場でふんぞり返って、そりゃあんた、お山の大将ってやつだぜ。