FC2ブログ

辛くないのか

もっと適当でやんちゃな感じでいられたらまた違う人生があったんだろな。「こうじゃなきゃいけない」「こうなるべき」とい考え方があまりにも強すぎた。自分には特別何もないし、かと言ってそれじゃ悔しいから何かしようとも何に手を付けたら良いのか分からずどれも中途半端。頑張らない頑張れない。気づけば只の真面目系クズになってた事に気づいた学生時。やるべきことはちゃんとやって、肩の力抜いてもっとちゃらんぽらんでも良かったと思う。そうすれば今に至るまでもっと色々楽しめたんじゃないかって。まあ今だからそう思えるけど、同世代が回りに沢山いる環境じゃ、他人と比べてしまってどうしようもなかった。

さて、いい子を演じるのは簡単だが、歳を取るに連れてボロが出てくる。完全に性格の問題だろうが、それでも心の何処かで好かれたい、嫌われたくないという思いが強いのだと思う。人に合わせることを得意として、嫌なことも嫌だとはっきり断ることが出来ない。イメージも定着してしまうと、「崩しちゃいけない」とさらなる悪循環になっていい子キャラから中々抜け出しづらくなる。
自分を押さえつけてまでそんなに周りの人間に良くよく思われたいの?と言いたい。進撃の巨人で今までいい子を演じていたヒストリアが音をボロクソに吐き出してたがあんな感じでいいんじゃないのかねぇ。僕もこんな簡単に言うけどそれがすぐできたら苦労しないけどさ。

自分を取り繕うのは辛い。いっそのこと悪い子になってみせるとか、心の奥底に溜まった汚物をゲロのように吐き出すとか。自由に動けるなら身なら、自分に合う場所を探せばいいんじゃないか。という意見は適当すぎか。

自分に合う場所って必ずどこかあると思う。見つけるのが面倒くさいけど。
人も同じ、自分に合う人はかならずどこかにいる。中々会う機会がないだけで。ちんこ


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)