FC2ブログ

30

今年も残り残り2日、とは思えないほど別に何とも無い日常。久々に筋トレしたが、酸欠でめまいがした。体はいじめてもいじめなくても衰えていくものですね。音楽聞いて夕方からずっとビールを飲む。全く今日も相変わらずの一日である。

PHSの壊れデータが吹っ飛んでからデータの回収のしようがなく途方に暮れている。
何とか前の会社の人と連絡が取れて(名刺をもらっておいてよかった)、しばらく電話をしていた。僕がいた時よりも進んでるところ進んでいるが、でも根本的には変わらずととのこと。僕より一周りくらい違う人だけどエネルギッシュで以前の会社で中間管理職を経験していただけあって非常に逞しい。
「変えられるところは変えていこう」そう思っていたあの頃。でもそんな簡単には行かない。実際会社を良くしよと思っても必ず反対勢力がいる。要するに保守的な上の世代だろう。ものすごい仕事が出来なら別かもしれないが、若造の話なんぞ聞いてやくれない。それと今は世代層も偏り過ぎるのではないか。30代~40代の世代が不足している組織が大半を占めているのではないのかと。そうなると余裕も持てず、下の世代も上手く育たず、世代交代もスムーズに上手く行っていないというのが現実だろう。
組織が大きくなればなるほど「変える」という行為そのものは夢物語に為る。あまりにも人間が多すぎるから。無力、諦め。組織そのものを変えるのはそう簡単にうまくいかない。出来るなら誰も苦労しないのである。変えるとすればそれだけの立場を得るか、仕事ができることで発言権を得るしか方法がないのか。

今の職場も僕の直ぐ上は50代。そもそも小さな職場なので間の世代がいない。直に僕が現場を仕切っていかなきゃいけないのだが、僕も仕事覚えなきゃいけないし先を見据えて後の人たちが入ってきた時、何が必要かは常々考えておくべきだろうか。
僕も歳を取るしいつまでも若くいられない。責任とそれなりの立場を持った時に下の世代が入ってきた時彼らのことも考えいかなければならない。それが次世代に対して上の世代の務めなのかね。まあそこでずっと働いてればの話だけど。正直会社なんてどうでもいいのだが、そこで働いている以上は業務を滞り無く回していかないといけないし、若い人には仕事覚えてもらわなきゃいけないし。今の僕ですね。
歳を取るとどうしても保守的になってしまうのだろうか。上の人間に柔軟性がなければ下の人間がどれだけやりづらい事だろうか。リーマンといえど自分が生き残るために必死だし抱えてるものがある。なので保守的になってしまうのもわからなくないが、おかしいと思うことはおかしいと指摘し、時に楯突かなければいけないこともあると思う。まあどんなに言っても変わらないものは変わらないし、無理だから辞めて転職すのだろうがね。
とりあえず働く場所は違ってもエネルギッシュな人を知ってるからこそ普段気の抜けてる僕も働きたくねぇなあと思いつつ、頑張ろうかという気持ちにはなりますねぇ。
スポンサーサイト

Comment

きしもとさん。

今年は、お世話になりました。
就活の時など、応援のコメントありがとうございました。
基本的にブレなくて、たぶん多くの人が社会で生きるために押し殺している本音を言葉にされているのが、拝見していて、スカッとすることがあります。
自分は、けっこう見栄や遠慮で、ブログ内でも無意識に嘘の気持ちを書くことがあります。でも、きしもとさんの記事を読んでいると、自分のついている嘘に気づかされることがあって、自分の再発見と言いますか、楽になることがありました。
ちょくちょく訪問して下さるのも嬉しかったです。(*´ー`*)

これからも、お付き合いして頂けたら幸いです。
では、良いお年を。(*^^*ゞ
  • 2015/12/31 17:11
  • ゆのつえ
  • URL
Re: タイトルなし
>ゆのつえさん

こんにちは。こちらこそいつも見てくださってありがとうございました。
自分の書いた文章が誰かに少しでも影響を与えられたということは嬉しい限りです。普段中々口にして言えないことだからこそブログという空間でぶちまけているのですが、ここでしか素直になれない自分がいるわけですね。
最近ようやく元の調子が戻ってきたというか開き直ったというか、自分でも思考に最近はブレが少ないなあと思ってます。ゆのつえさんも4月から働き出すと思いますが、労働生活が始まったら考え方がまた変わっていくと思うので、その中で自分の価値観を作り上げていけばいいのかなと思います。
来年もどうぞ宜しくお願いします。それでは良いお年を。
  • 2015/12/31 22:31
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)