暑かった夏

「野球見に行かないか?」

毎日がとても暑い。日中は部屋は熱がこもり扇風機だけではとても対応しきれない。部屋より廊下の方が涼しいくらいだ。しかし家から出るのも億劫なぐらい外も暑い。
今日は静岡の高校野球の決勝戦。一年に一度の折角のチャンスだもの、友人を誘って草薙球場へと足を運んできた。開始一時間以上前にも関わらず人で溢れかえっていたが、何とかバックネット裏の席を確保できた。隣の席に可愛い子が座ってこないかなと淡い期待はやはり脳内妄想で終わった。肌を突き刺すような日差しと蒸し返すような球場内の熱気。ビールを買ってきたはいいが、ここで飲んでいいものなのか。隣に居たじいさんが「大丈夫だよ」と。そしてビール飲みほしつつ開始を待つ。そしてじいさんも持参しビールを飲み干す。反対隣に高校球児らしき子達が座ってきた。聞けば県内の強豪校の子。レギュラーかどうかはしらない。何も持って無さそうでかなり暑そうだったので余ったうちわを貸してあげた。反応がやはり野球部っぽくて律儀だ。やりスポーツというのは生で見るとが一番だと。投球にしろ守備にしろ打球にしろテレビで見るとのは迫力がまるで違う。僕はプロ野球より高校野球のほうが好きなので1人でべらべら喋ってしまう。友人と来たからまだしも、一人できたら一人寂しく黙って見ていただろう。そしてたまにその辺にいるJKを見つつ・・・。それも高校野球を見に行く楽しみでもあるといえばそうなってしまう。結局予想通り静高が2年連続で優勝を決めた。やはり県内トップレベルの強豪校、圧倒的な力を誇っていた。会場に見に来ていた球児たちの目には目の前の高いレベルの野球はどう映っただろうか。

若いって素晴らしい。彼らには元気や勢いがある。僕も一様高校球児ではあったが彼らのような勢いはなく、昔から控えめな人間だった。だから心底彼らが羨ましい。「若ければなんでもできる」そうは言うが、決してそんなことはない。が、少なくとも彼らにはまだ進路選択の余地はある。僕のようにすでに無駄に生きて道が閉ざされた人間とは違う。彼らはまだこれから頑張り次第と運次第でなんとかなる可能性はある。こんなことを言うのも無責任だろうな。そして可愛い彼女を連れた男たち。僕にはもうそんな機会は一生ないと思うと心底悲しくなってくる。情けない嫉妬か、もう僕は歳を取り過ぎた。

そう言えば高校時代の監督が試合を見に来ていた。。一目見ただけでわかったのだが恐らく向こうはこちらのことに気づいてい無かった?だろうか。僕が今頃ちゃんとしてたら挨拶していたかもしれないが、こんな情けない姿見せられないので結局挨拶しにに行くこともせずそのまま球場を去った。教え子の中で一番落ちぶれてるかもしれないな。

友人と会うのも1月以来だろうか。電車の中で野球をしつつ、仕事の話なんかをしただがあまり入り込んだ話をすればするほど不安からどんどんんネガティブな言葉しか出てこないことに気づいて途中で辞めた。彼も僕と同じような状況だが僕よりポジティブだろう。そこが心底羨ましい。夕方地元の駅につく。仕事帰りのサラリーマンの姿。そう言えば今日は平日。球場に足を運んできた大人たちは有給使ってきたのか、元々休みなのか只の無職か。世の中は今日も誰かが仕事をしているのですよ。
それにしても日焼けが醜い・・・

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)