FC2ブログ

みっともない

今週もばあさん地家飯を食ってきた。だいたいばあさん家に行くといつも相撲を見ている。昔実家で一緒に暮らしてた父方のじいちゃんばあちゃんちがいつも相撲を見ていたがその面白さなんてちっともわからなかった。が、今改めて見ると結構面白い。優勝した照ノ富士、若干23歳。僕より若い子が勝負の世界で快挙をあげた。本当に遠い存在に見える。

「仕事辞めたんだって?」「もうすぐ30にもなるのにみっともない」ばあさんは僕にそういう。地元にいれば姉経由で直ぐ情報なんて広まる。いずれ他にほとからも「仕事また辞めたの?」そう言われるのだろう。そして僕の今までを知ってる人はまた呆れるのだろう。みっともない、情けない・・・と。
20代後半でまともな職歴もなく、仕事も続いてない。履歴書はすでに汚れに汚れてる。社会的に見てまともじゃないんだろう。かなり終わってるんだろう。あっちへ行ったり来たり、あれだこれだと言って今までの発言すら支離滅裂。
僕に足りないのは必死さなんだろうか。忍耐力なんだろうか。キャパも低いのか、そしてやる気も無いのかなぁ。ただ逃げてるだけなんだろうか。
そしてすごく人と接するのが怖い。人としゃべること、向き合うこと、人の輪の中に、組織の中に入っていくのがとても怖い。今日ばあさんちへ向かう途中そんなこと思ってた。
人生上手く行ってる奴はだいたいこれからも上手くいく。うまくいかない奴はこれからもうまくいかない。ドラマの世界じゃあるまいし、これが世の心理だと思う。負のループから抜け出せない、抜けだそうとしてないだけなのか。自己責任、自己責任、自己責任・・・・。僕にぴったりな言葉なんだろう。
僕は堕ちるべくして堕ちた人間だ。働ける場所はあるか、そして働き続けられると言い切れるのか。自信がない。
働きたくない。
スポンサーサイト



Comment

こんばんは

ずっと昔、自信に満ち溢れてた頃、私はある友人に「なんでこんな(簡単な)こともできないの」ってよく言ってたことを思い出しました。
それから少しして、ひどく傷つくことがあって、自分がそんな簡単なこともできなくなってはじめて、自分が最低で愚かだったと反省しました。

私は一度堕ちた人間は二度と這い上がれないとは思いたくはありません。
ですが、現実は厳しく、どうにかしなきゃ、しようと努力しても中々うまくいかず、人からはそんなのは甘えだと責められたりしますね。
だけど、一度傷ついたり堕ちたりしたら、頑張ろうとしたってやろうとしたって、自信を失っていたり、恐怖を感じたりしてしまって、
それまでずっと順調だった人のようにうまくできないのは当然です。
しかし、これはきっと本当の意味で(この場合はずっとトラウマみたいに引きずるような経験)堕ちたことのない人には分からないと思います。
以前の私やきしもとさんのおばあさんのように。

あまりうまく言えないですけど、今苦しんでいるのはきしもとさんのせいじゃないと思います。
甘えでもないし、やる気のないわけでもないし、能力がないというのでもないと思います。
堕ちている時はやる気を失ったり、力が発揮できなかったりしがちで、その現実に苦しんで、余計に自信を失って…
本当は、ただ自分のできることできる範囲でやっていくしかないんですが。

きっときしもとさんは這い上がる気がします。
這い上がりたいって思うなら、本当はどの人にも這い上がれるチャンスがあるんじゃないかと思います。
と言うか、そう信じたいです。
  • 2015/05/27 01:15
  • touma
  • URL
Re: タイトルなし
>toumaさん


こんにちは。
レールから外れたり、躓いて流れからはみ出たりしてない人からすればそうなってしまった人の気持ちというのか感覚みたいなものってわからないですよね。まあ当然成ってみないとわからないでしょうし、皆成らないようにしているとは思いまますが。順調こそ当たり前というのが基本世の中の大半の人にとってのスタンスですからね。
僕自身なんだか怠慢だとかで堕ちてるだけで自分で自分の首絞めて、だから這い上がってようやくちょい普通に行けるかなってレベルの人間なのかなと思ってます。能力だとかどこまで目指すかはひとによって違うと思いますが、まあ仰るとおり今置かれてる状況から自分のできることできる範囲でやっていくしか無いのだと思いますね。
  • 2015/05/31 15:36
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)