FC2ブログ

嫌でも前に進む

朝、通勤の電車で可愛い女子高生が隣りに座ってきた。この絶望の世界に一瞬だけ光が刺した、そんな時間だったと思う。もう僕はそれだけで満足だ。顔には出さないが心のなかでは「よっしゃ!」と、もうそれ以上言葉にならない。毎日虚しく過ぎる日常、味気ないからこそたまにはこんな時ぐらいあったていいじゃないの。毎日あることには越したことはないけど。

久しぶりに前の会社の人から電話がかかってきた。仕事辞めてから何人からか連絡はあったのだが、その人と話すのは1年ぶりくらいだろうか。とりあえず僕が受験終わってからどうなったのか気にはしていてくれたようだが、ようやく就職しましたよと報告。僕が退職してから新しい人が何人か入社したようだがやっぱり辞めているらしい。相変わらず会社はあの時のままのようだ。その人も転職活動を密かに続けつつもまだ頑張ってるとのこと。まあ僕と一周り年齢が違うけど若々しくてパワーみなぎる人なんで大丈夫だろう。思い出なんてあとで振り返った時には都合のいい部分でばかりで塗り固められてしまうけど、それでもいいと思う。嫌なことなんて思い出したくもないし、そもそも思い出せない。東京で過ごした1年を貴重な経験だと思う。たまにでもこうやって連絡が続いていることには感謝したい。少し余裕が出たら、東京へ遊びに行くついでに一緒にお酒飲めたらいいなと思う。
まあ「なんとか頑張ってやってますよ」と言えるようにとりあえず今は前に進むしか無いんだよね。嫌でも進むしか無いんだけど、会社行くのだるいです。生きるってしんどいですね。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)