FC2ブログ

タイムリミット

いよいよ追い詰められてきているようだ。精神的に余裕がなくなっているのか、だんだんと顔が死んで覇気がなくなってきているかもしれない。兎に角波が激しい。このままやつれて痩せればいいのだが残念ながらしっかり食欲はある。

先日「僕の生きる道」が再放送されていて最終回までずっと見ていた。中村先生は余命一年を宣告され、それまで生きてきた28年を深く後悔していた。が、残された時間を精一杯生きようとした。非常に好きな作品だが結局はフィクションの世界、現実はそうドラマのようには動いてくれない。自分の余命がわかっているならだれだって苦労はしない。
改めて思う、後悔のない人生を歩んでいる人なんているんだろうか。僕は後悔している。なぜあの時あの言葉が言えなかったのか、あの選択をしてしまったのか、もっと要所要所で頑張れなかったのか。全ての積み重ねの結果、26歳無職という情けない男が出来上がってしまったこと。確実に破滅の道へ進んでいること。後悔は後悔でも人生の致命傷になる後悔だ。
いずれやってくるその死の前に、死ぬ間際に何を思うんだろう。ふと親父は最後何を思って死んでいったんだろうかと考えている。自ら命を立つという状況に追い込まれたこと、ひどく後悔していたんじゃないのか。絶望して死ぬ、僕も親父の二の舞いになるのではないのかという思いを拭い去ることが出来ない。ひどい後悔をしながら死んでいった人達は毎年何万といるだろうが。人生やり直しが出来ない、大金があるなら別だが、それが現実である。後悔のない人生なんてありえないが、せめて最後に絶望で終わる人生だけは避けたい。
生きるってさ、昔思っていた以上にこんなに大変なことなんだと。

スポンサーサイト



Comment

こんにちは

後悔しない人生はない。
その通りだと思います。
時間は不可逆的でどうしたって過去を変えることはできないですから。
それに、後悔したって変えられないと分かってても後悔してしまうことは多いし。

また、まだ定まってない未来を変えることさえ難しいように思います。
なかなか人間は変われないし、人生をやり直すのも難しいし。
それでも、未来に絶望して生きるより希望を持って努力する人生を歩みたいですね。
そんな甘いことを、現実は絶望的だと分かっていても、自分の人生にも世の中にも希望を持ちたいですね。
人生は案外短くて、死ぬ間際でもっと精一杯生きてればよかったと後悔したりするのは嫌ですね。
だから、せめて精一杯生きたいと思うし、きしもとさんにも思いっきり生きてほしいなと思いました。

  • 2015/01/25 15:52
  • touma
  • URL
大丈夫ですか?
私もそのような気持ちはわかります。
焦ってもいいことはないと思うので、今を楽しむ、そんな気持ちでいるようにしたらどうでしょうか..?
気持ちが落ち着いたら前を向けばいいと思います。

といっても毎日必死でそんな余裕なくせかせか生きてる私ですが(>_<)
  • 2015/01/25 20:56
  • rummbi
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
>toumaさん

こんにちは。生きるって常に選択の連続で何かを取捨しなければいけないので程度の大きさはどうであれどんな人でも後悔しないなんて事は絶対にないと思うんですよね。ただ、人生の中で致命的なエラーをしてしまえばやり直したくても出来ないのでもう後悔しか残りません。自分の想像(理想)と現実とののギャップって想像以上ですから受け入れるのは結構キツイものがありますし、実際どうにもならずに死んでく人たちは毎年数万人いるのが現状です。 まあこの先どうなるかなんて未来は決まっていないのでどう転ぶかもわかりませんが、僕も少しの希望を求めて生きたいです。
  • 2015/01/26 14:43
  • きしもと
  • URL
Re: タイトルなし
>rummbiさん

こんにちは。そろそろ生活資金が枯渇しそうなので結構焦ってる感じです。それが一番の原因ですね。暇だと変なコト考えてしまうので、余計なこと考えてる余裕が無いくらい忙しいってのは今思うと健全なのかもしれません。今働いていない僕が言うのもなんですが、やっぱり働くってすごく大変なことだなと改めて思います。
  • 2015/01/26 14:49
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)