FC2ブログ

自然に謙虚に。人にも謙虚に。



今更火山ネタなんてって思うけど、まああんな噴石映像見せられたらそりゃ助からないよなと。あんなに凄まじいものだなんて普通思わないわけだし。もし富士山に登ってる最中に噴火してたらって考えただけでもガクブル状態だけど、富士山に皆登らなくなるのかって言ったらこれからも多くの人が登るわけで。富士山より観光地で人が溢れてる箱根のほうがよっぽど危ないんじゃねって思います。
まあ地震だ津波だ噴火だ自然災害で、突如として非現実的な世界に中に身を置かれたら、もう生きるか死ぬかって一瞬の判断と運ですよね。そこには善人も悪人関係なく。可愛そうだけど、運が良かった人は生き残って運の悪かった人は死ぬ。結果的にはそうなるわけです。
まあ予想通り自己責任論というものちらほらでているけど、この言葉は良くないよね。こんなに冷たく突き放した言葉ってのは凶器なわけで。でもこの凶器が大好きで振り回したい人たちってのは一定数いるわけで。
余程の強制力が伴わない限りは生きてる限り基本的には自分の判断が全てでその連続だけど、それを全て「自己責任」という言葉でくくれるかって言ったらそれは違うと思うのね。結局「自己責任」という言葉が好きな人達は、よっぽど自分に非常厳しく生きている立派な人なのか、ただ単に他人を批判して自分を優位に見せようとしているのかそんな感じゃないかなと。たぶんね、自分に使う分にはいいと思うんですよ。だから他人に使う言葉では無いと僕は思います。
まあ、自業自得とか言っちゃってる人達がいることに愕然としてるわけですが。まあ生きてる限り常に何らかのリスクははらんでるわけです。それがいつどのような形で訪れるかはわからないし「自分はそうならない」なんて言い切れる奴はおこがましいですね。地震で家が潰れて下敷きになったら「そんなボロっちい家に住んでるから悪い」、道歩いてて通り魔に殺されたら「そんな道を歩いてるのが悪い」とでも言うんでしょうかね。活火山であったというリスクはあったにせよ、あんな突然噴火するなんて予測なんて出来ないわけだしなんでも批判されちゃ困りますよ。まあ学者が言うように火山には極力登らないことが一番のリスク回避でしょうけどね。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)