FC2ブログ

ここはときょう

朝から東京に就職試験に行ってきました。小田急線ってこんなに混むもんなんですね。通勤ラッシュ、ゴミのような人の群れ、これが東京の朝の日常です。おまけにコンクリートから漂う熱気。気づけば7月半ばですよ。上着着たリーマンはマゾなんじゃないかって。こっちは半袖ですよ。クールビズ推奨してないだなんて、そんな会社ただのうんこだろ。
試験はどうかって。なんか会社説明聞いてて新卒に戻った気分。数年ぶりのクレペリン、これが通れば次の選考に進めるかなという感じ。受かればいいなという軽い思いと、本当は働きたいという思い。結局は経歴と運でしょうか。明後日結果が来るそうです。
京王線、新宿へ向かう電車。途中可愛いJkが乗ってきた。地元にはいないような洗礼されているいかにも都会な感じ。若さって素晴らしい。僕だって高校生に戻りたいですよそりゃ。こんな都会で生まれ育った人間と地方で生まれ育った人間の感性ってぜんぜん違うんだろうね。それぞれの当たり前が全然違う。大人になったらこの差はなくなるのか?地方出身の人間から見たら東京は何もかもが揃ってる、集まってる、ように見える。ちょこっと電車に乗ればそこは最先端の街。飽きることなんて無いでしょう。都会の人間からしたら地方って物足りるのですかね。

それにしても相変わらず新宿という街はでかいですね。人多いし高層ビルばっかりだし。そして新宿駅は恐ろしいほど広い。怖いですよこの駅。だって大人ですら迷子になるんだから。誰だ、こんなめんどくせぇ造りにしたのは。高速バスの乗車まで残り2時間あまり、することがないのでとにかくふらつく、そしてまた迷子になる。仕方なく京王・小田急百貨店の食品売り場で涼む。どうれもウマそうで見てるだけでヨダレが出そうだけど、東京価格って半端ないです。手が出せないですもの。しかしマダムたちが買うに買うじゃありませんか。金もってますよ奴らは。どこがデフレなのか、どこが増税の影響で買い控えか。いやいや、あのエネルギーに満ちた空間に身を置けばそんなもの感じないですよ。なんだかんだ言ってここは世界の東京ですよ。地方は死んでもここはとりあえずは生き残るだろうね。
帰りの高速バスで外の景気を見ながら思う、このごちゃごちゃした街で生きていくのは覚悟がなきゃ出来ないなあと。地元についた時のホッとした感ってなんでだろう。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)