FC2ブログ

クズ野郎

金は金のあるところに集まる。都会に金が集まる。金持ちに金が集まる。大きな利益を生み出せる大企業に金が集まる。金のないところに金は集まらない。零細中小企業と大企業、規模も資本も待遇だって全くと言っていいほど勝負にならないよね。これが現実です。僕らは人間ですが会社から見ればただの商品。経歴が全て。正のループに乗れた人は余程のことがない限りは正のループのまま。一度でも負のループに陥ったらそこから抜けるのはなかなか難しい。だから一番最初(新卒)が大事だと思う。

「7日以内に連絡します」そう書いてあるけど10日以上経過してるってことはダメってことでOKですかね。選考後は書類返却って書いてあるけど未だに帰ってくる気配すらない。もうどうでもいいね。違うエリアで同じ職務内容の求人があったけどこっちは14日以内とか採用担当者もえらく適当だなと思う。
しかたがないので他の求人を見る。仕事内容に関しては良さそうであった。が、片道1時間半以上、箱根を越えてお隣神奈川県。ちょっと遠い。待遇・・・残業手当というか残業欄の説明が妙に引っかかる。会社名を調べる。横にブラックの文字が。残業が最低1時間義務ってどういうことか。どうやら拘束時間が長く、体質も古い会社であるようだ。転職の口コミサイト。その情報が果たして本当なのかはわからないけれども、判断基準の一つにはなる。
実働8時間、休憩1時間合わせて9時間、会社にいれば最低限拘束される時間。それに通勤時間に加えて残業すれば更に「仕事」のために捧げる時間が増えていく。職場から近いってものすごく重要な事だと思う。家に帰れば疲れてぐったり。アフター5なんて言うけどあれってなんなんですかね。都市伝説でしょうか?前の会社は仕事がいつも何時に終わるかわからなかったし、拘束時間が長いのはほんとうに辛かった。頭脳労働ではなくて体を動かす仕事であったから体力だって消耗するし、残業代はちゃんと出たけど残業ありきの仕事ってキツイよ。
「夏までに決めるんでしょ?」姉はそう聞いてくるがおそれく決まらない。「夏までに決まればいいかな」といったのは1ヶ月ほど前のこと。「いったいいつから働くんだよ?」誰かがそういうのなら「俺に聞かずに企業に聞いてくれ」そう言いたいね。毎日部屋にいてパソコンやったり本読んだり空眺めたり、こんな糞な日々を過ごしてるから「俺ってやばいよな」とは思うけどどうしていいものやら。

コンビニに行ったら中学の同級生がいた。後ろ姿だったが間違いない。ほんとすぐそばにいておそらく数秒視界の中に入ったと思うけど結局は気づかなかったようだった。あの頃仲良かった人間ですら間が開けば何話していいかわかない始末だし。なんだかなぁ、あんまり人と会いたくないなと。ましてや僕の今の状況を知られたくない。そうは言っても地元のネットワークというものは恐ろしい物で、どこから聞いたのかわからないけれどもすぐ広まってしまうわけだけど。地元にいるデメリットは知っている人間が多すぎるということ、合う確率が多いこと。空間的に広いけど人間的な意味では息苦しいさを感じる。都会とは全く逆である。地元組は地元でもともと固まっているから僕は入りづらいし話題もノリも違うしね。数少ない高校の友人も最近は全然連絡を取っていないしな。
僕は交友関係も極端に狭くて友人は少ない上に、無職状態だからどうしようもないですね。頼れない言えない。地元にいても孤独だし、知らない土地に行けばもっと孤独になる。まあ多くの人にとってはそれが本来の姿なんだろうね。ろくな人生ではないことは確かだし今ですら糞なものが今後良くなるとは到底思えませんね。人生諦めが肝心っていうけどたぶんそうだと思う。まあ高きを望まないことが幸せへの一歩だとしても、僕はこの先あと何年生きるかわからない人生が価値が有るものとは思えないがね。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)