FC2ブログ

牛丼並盛り一杯280円

昨日久しぶりに松屋へ行ってきた。
高校時代、夏場の部活の練習帰りに良く食ってたなあと。ちょうどその頃はBSE問題で豚めししかなかったけど正直牛丼よりもうまかったと思う。コストの問題なのか、メニューから外されてしまったのがすごく残念。その豚めしの印象が強いせいか牛丼チェーン店の中でも松屋が一番好きでもある。並盛りが一杯280円。この値段でこの味だからコスパは最高なんだと思う。今日は吉野家へ行って来た。並盛り300円。ちょこっと高いけどうやっぱり美味い。セブンイレブンの牛丼も美味いけどやっぱりそこは「コンビニ弁当」だよね。値段も430円だし。

牛丼が一杯が300円程度で食える。しかも熱々のご飯で。ある意味では幸せなのかもしれない。でもいったい原価って幾らぐらいなんだろうね。一杯の利益ってどんなもんなんすか?。そんな高くないってことぐらいはなんとなく伝わってくる。よく牛丼の値段見れば景気がわかるって言うけれども僕にはよくわからない。値段の推移見てても上がったり下がったりが激しいし。今はデフレっていうけどじゃあインフレの世界ってどんな感じなんだろ。景気が良かったなんて時代なんて僕達世代は知らない。景気が悪いっていう世界しか知らないから今ある世界が当たり前のものだと思ってる。
商売ってすごく地道な作業だと思うよ。仮に自分が自営業でリーマン並の給与水準保てるほどの利益を生み出せるかってかって言ったらムリだろうなと思うし。リーマンは給与が上がることはあっても下がることはなかなかないしからまだ楽なのかもしれない。
たった300円の牛丼一杯でどんだけ利益が利益が出るのかって。比べちゃいけないけど車一台の利益ってそう考えたらとてつもないよね。うまい棒とかガリガリ君とか牛丼よりさらに桁違いに安い商品ってあれ一本でいったいどんだけで利益出てるんだろうね。考えるだけでワクワクしちゃうよ。
すき家が今問題になっているけれども、こんだけ同業者が安くて数十円単位で価格競争している中で利益を生み出すのってものすごい大変だと思う。削れるところって言ったらやっぱり人件費しかないと思うから人を雇いたくない気持ちもわからなくもない。でも現場の人間は大変だろうね。現場に負担のしわ寄せが行けば結局は今のすき家みたいに自壊していくだけ。生き残れないなら潰れていくだけ。
じゃあもし牛丼一杯500円の世界になったら。会社も今よりも利益が出るだろう、そしたら働いている人たちもハッピーになる・・・かってそれはないと思う。もうバブルの頃じゃない、そんな時代は二度と訪れない。みんなわかってるから企業は利益を内部保留するでしょ。還元ったってボーナスがちょこっと程度(ありがたいけど)。給料が右肩上がりの時代って何なんすかね。僕には想像できません。金回りのいい時代、そんなもん知りません。右肩下がりの日本の姿しか知りませんよ。
企業は一番かかる人件費は抑えて、なるたけ少ない人数で仕事を回したいでしょ。別にそれは悪くないと思ってる。企業なんて利益を追求するなんてあたりまえだし。会社は労働者のためにあるのではなくて株主のためにあるのが資本主義のルールでしょ。労働者は弱い。けど自分で起業するなり自立するなり、それができなきゃいつまでも弱い立場の中で生きていくしかないんだよね。すごく辛いけど。

牛丼一杯280円。果たしてこれでみんな幸せになれるかって。でも僕は280円で美味しい牛丼食えて幸せですよ


スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/06/02 21:14
でも僕は280円で美味しい牛丼食えて幸せですよ

これ分かります。
従業員の労働環境を考えたら食べない方が良い?いや、でも食べないと利益でないわけだから結局労働環境は変わらない?なら食べたいんだから食べる!

と思っていつも牛丼食べてます。美味しいですもん。

[思いつき願望の行方]というブログを書いてます。
足跡から訪問させて頂きました。
  • 2014/06/11 01:48
  • 木口子
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
>木口子さん

はじめましてこんにちは。
おそらくいっぱい食べても従業員が幸せになるかって言ったら値段が上がらない限りはまずないもんかなと思ってます。でもそれを消費者が考えても仕方ないので、僕たちは安く食べれることをありがたいなあと思って食べるしかないですね(笑 
  • 2014/06/14 22:18
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)