FC2ブログ

死ぬ前の準備

9月に電験の資格試験を受けようかと考えている。学生の時に電験3種か一陸技のどちらを受けようか迷ったが結局一陸技を受けた。結局ダメだったけど。回路設計、施工管理を希望しないのならば学生のうちに電験3種はとっておいたほうがいいのかもしれない。
電気、設備関係。今思えばそってちに注力して就職活動をすればよかったかと思う。鉄道会社本体がダメでもそれ関係それ関連でいっぱいあったし。仕事は地味かもしれないがやっぱり電気系は最強だと思う。が、あの時の僕は馬鹿だった。そして言うなら学科に求人いっぱい来てたのに、それが単なる受験票だったとしても使うべきだたっと思う。震災の影響の影響をモロに食らった年。でも自分を守るためにその事実を都合のいいように利用しちゃダメ。ちゃんと就職できた人はできたわけだし。まあ就職率悪かったのは事実だけど。文系と理系、違いって言ったら企業が向こうから大学に求人票持ってきてくれることかな。
転職サイトを眺めてる。求人の多くは首都圏に有り触れている。正直羨ましい。やっぱり県内の求人の多くは浜松に集中する。流石が工業の街。だけど家からはあまりにも遠すぎる。
ハロワ。地元の求人はある。でもそれなりだよね。でもね、カス求人なんて思うけれどスキルも経験もない僕のような人間にとってはお似合いなのかもしれない。カスなんて思うこと自体おこがましいのかもしれない。でもそこに勤めたって先がああるかって話だ。そもそも何にために地元戻ってきたのかって話になってしまうとなんも言えなくなる。自分の責任だ。
また首都圏へ出ようかなんて求人を眺めて一瞬思うけれども、いろいろと縛りがある。だから面倒くさい。なので家から通える範囲で選ぶ他にない。仕方ないよねぇ。
多くの人は実家を離れて違うところで生活圏を築く。地方出身者が東京で暮らす。それが当たり前といえば当たり前の光景である。ただ実家を離れて安心していられるのは親がまだ生きているからこそだと思える。実家に兄弟が残ってくれているのならばまだいい。兄弟が家のことを何とかしてくれる。しかしいない場合どうだろうか。親が死ねば今まで親がしていたことを今度は自分が全部やらなければならないからだ。先日書いた介護の問題に加えて、親が死んだ時どうするかを考えなくてはいけない。僕と同じぐらいの年齢の人間ならばまだまだ遠い先のことかもしれない。まだ関係ないという顔をしていてもいずれはやってくること。色々とあると思うけれども、一番の問題はおそらく実家が空き家になった場合どうするか。売れればいいけどそう簡単に済む問題でもなさそうかなと思ってる。

姉夫婦もあと数年すればこの家から出ていく。
もし近々僕が死んだ時のことをなんとなく考えてみる。死んだ直後の問題としてまずお葬式代がかかる。親父の時を参考に家族葬とすればさほどかからないが、とは言っても50万~60万くらいはかかった記憶がある。小規模でこのくらいなので、一般の人で普通の葬式をするならば百万以上は間違いなくかかるはず。盛大にやるならばそれ以上だろう。なので金銭的負担をかけないためにも葬式費用は何としてでも残しておかなくてはならないなと思う。
そしてお墓の管理。おそらく姉がすることになるだろう。僕ははっきり言ってお墓は不要だと考えている。暴論だけれどもこの世にいないものにお金をかけても仕方のないことだと、法事の時などいつも思う。気持ち云々言うなら仏壇で十分だ。そうは言ってもお墓をなくすことは親戚の目や世間体を気にするならば無理に等しいと思う。ちなみに僕は海への散骨を希望してる。
さて一番の問題である家の管理は誰がするのか。これも姉になってしまうだろう。空き家の問題、とにかく管理費がかかること。まず固定資産税。おそらくこれが一番の問題である。ただ立ってるだけで税金は取られていくのだ。じゃあ更地にしてしまえば?と思っても、そうしてしまえば固定資産税が更に高くなる上、解体費用もかかる。なんで誰も住んででないのに家を壊さないんだろうっての思うのはこういうことなんですね。幸い元の仕事場(倉庫)を貸しているので固定資産税をまかないつつも収入を得ている状況なのでだいぶ助かっている。いつまで相手が契約を結ぶのかは分からないが、続けば姉にとっても所得が入るので良いだろう。
次の問題として手入れの問題。福島の原発避難区域を見ればわかるけれどもとにかく人間が住んでいなければ雑草が生えっぱなしになる。僕も昨日雑草や木の手入れをしたが結構な労力だだった。久々の運動?で全身筋肉痛という。虫もうじゃうじゃで危うくハチにも襲われるところだった。他にインフラ関係。電気ガスは止めてしまえば問題ないけれども水道は止めてしまうと水道管がすぐに錆びいてしまうじゃないかなと。定かではないけれども実体験として。それに自然災害だとか築年数が古い家ならばいろいろなところもガタが来ているはずなので修繕費用もかかる。手入れをされていないとなれば誰も住んでいないということはある程度想像できるので、今度は空き巣なんかの治安の問題も発生してくるわけだ。
その他の問題として家財の処分もバカにならない。一度今の家の中身を業者さんにお願いして空にした。じいちゃんばあちゃんそして両親分の荷物があったのでさすがに姉弟2人ではどうにもならなかった。(案外衣類関係はバカにならなかった)。僕一人分とはいえど、これを全部処分するのは大変だろうし金もかかる。なので死ぬ前までにはのなかで必要最小限の処理はしておきたい。HDDは絶対に壊しておかないと中のエロファイルを見られては困るからね。
それから通帳の事前解約。父親の時に思ったけれども通帳残高をおろすとなると、書類手続きが非常に面倒くさかったので通帳にお金を残して置きたくはない(おろしたお金をどこに保管しておくのが大問題だけれども)。
残される方の身を考えると出来る限り面倒くさいことは残して置きたくないので生前に考えられる範囲の出来る処理は全部して置くべきだと思ってる。

それと働き始めたら生命保険に入っておこうと考えている。おそらく日々の暮らしと奨学金の返済で精一杯で、死後のためのお金(葬式代だとか管理費だとか)を残せるかどうか非常に心配だからだ。自分にできることってそれぐらいだと思う。
スポンサーサイト



Comment

たぶん、きしもとさんは’12年に大学を卒業されたかと思います。

俺も’12卒でして、震災の影響もあり、
就職には大変苦労しました。
もっとましな年であれば、もっと良い就職先が
あったのではないかなあと思う今日このごろです。

電気関係の資格を受けるんですね。
電気関係であれば、鉄道会社でなくても、
自治体から委託を受けて、河川周り、トンネル周りの
維持修繕・委託をやっている業者さんがたくさんいて、
今ならば、アベノミクス関係で仕事が増えているから、
需要がありそうだなあと思っています。
  • 2014/05/24 10:07
  • もぐら獣人
  • URL
こんばんは

ブログにリンクを張っていただいているサブロウという者です。

こちらのブログはいつも読ませていただいていますが、特に看護学校の件以降の記事を読むに、あなたのような若い人が就業関係で苦しんでいる気持ちが良く書かれていると思います。

なのでこちらに書かれている記事はもっと世間の耳目を集めた方が良いと思いまして、許可をいただければ私のブログにてご紹介させていただきたいのです。

耳目を集めるといっても、私のブログに来るのが1日に200名程度なので大したことはないにせよ、「甘えるな」等のいらないコメントを残す人も出てくるかも知れません。

もしそれでもよろしければ、許可を頂ければ幸いです。


Re: タイトルなし
>もぐら獣人さん

こんにちは。
そうですね、僕ももぐら獣人さんと同じ12卒です。震災の影響は否めませんが、まあそれでも求人はあったのでなんとも言えないんですよね。僕自身が選択を誤ったんだと思っています。資格も学生のうちにとっておけばよかったと思うものの、結局資格をとってもそれが生きるか死ぬかは会社次第なので、入ってからとろうと考えていました。
やはり地方は思うような求人が無くてどうしようかすごい迷い中です。仰るとおり、自治体周りは仕事があるのかもしれないので探してみようと思います。
まあ今の僕の状態に「早く仕事しろ」と周りの人間がめちゃめちゃうるさいのが難点ですけど。
  • 2014/05/25 08:01
  • きしもと
  • URL
Re: タイトルなし
>サブロウさん

はじめましてこんにちは。こちらこそいつも拝見させて頂いております。
少し考えましたが、掲載して頂いても構いません。仰るとおり、批判はだいぶ出てくるのではないかなと思っています。怖いといえば怖いのですがネット上で発信している以上はしかたのないことなのかなと。普通に働いている方からすればどうしようもないやつだなと批判の標的になると思います。
もちろん僕自身甘えてる部分はありますし、きちんとした考えのもとに行動しているとも思えません。言動も曖昧ですし。そもそも学生の時の就職活動時にもっと後のことを考えていればおそらく今のような結果にはなっていなかたっと少なからず思います。
まあ大人たちの意見を聞きたいというのもあります。見る方たちが何を思うかはわかりませんが、何かしら感じ取ってくれたら嬉しいかなと思います。
  • 2014/05/25 08:45
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)