FC2ブログ

唐揚げ揚げる

久々に唐揚げを揚げてみました。何年ぶりに揚げ物をしたかわからない。油の処理が面倒だからって理由だけで一人暮らしの人間は幾度やらないだろう。でもスーパーの揚げ物なんて衣ばかりで食えるかっていう話。半額シールや見た目でつられちゃいけない。金払ってほぼ衣食ってる時の惨めさって行ったら・・・。自分で材料買ってきて作ったほうががいい。安い物ってやっぱ安いなりなんだよ。
日清製粉のから揚げ粉。すごく懐かしい味。下手に唐揚げ買ってくるならこれで作ったほうがはるかに美味しい。幼稚園の頃から弁当に入ってた、随分昔から食べ慣れてきた味だと思う。体にいいか悪いかわからない、でも美味い。味覚って変わるけれども変わらないものは変わらない。

揚げたあとの油は使う前の澄んだんだ色とは対照的に黄色く濁っている。まるで朝市のションベンみたいな濃い色。から揚げ粉の臭いがぷんぷん漂う。品質劣化、いずれはこの油も捨てることになるんだろう。そうなりゃただの廃油。今の僕もきっとこの油と同じように酸化しきってるだろう。悲しいよね全く。
ほんと、大人になるってなんだろうね。 大人、そう言われるとまだ違和感がある。精神年齢なんて中学生か高校生のままで止まってる。大人らしさ、それっぽく振る舞って演技すること。皆仮面かぶって踊ってる。「大人の男」「大人の女」。一見かっこ良く見えるしかっこ良く聞こえる。少年少女の憧れ。でもそんないいもんんでもない。ちんちんまんまんの機能が発達しただけ。なりたいではなく気づいたらなってしまうもの。そしてあっという間にじじいばばあだよ。

「誰だって悩みはある。」誰かがそう言うかもしれない。そんなことわかってるけれども、あなたの苦しみなんて僕にはわからないし、僕の苦しみはあなたはわからない。あなたの悩みが目の前に障害物があるだけならば、僕の悩みはそれ以前にわき道からそれた挙句、ガードレール突き破って行っちゃいけない方へ行ってしまったそんな感じ。障害物なんてどかせばまた道は続いているのだから、また走りだせばいい。でも落ちちゃったらどうしようもないじゃん。解決しようがないのよ。そんな感じ。簡単にわかったふりなんてしちゃいけない。優しい言葉で近づいて、さも理解してるかのようなふりをしちゃいけない。

唐揚げ食いすぎて胃もたれっすね。この前市場で国産鶏もも肉2kgが八百いくらで買えたはずなのに、一昨日買ったら2倍になってたという。おっさんレジ打ち間違えたんじゃないのか?僕が値札ちゃんと確認しなかったが悪かったが、一回レジ通したら断るにも断りにくよねえ。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)