FC2ブログ

人生消化試合

今日隣町へと買い物に行ってきた。ふと買い物最中におっぱいに挟まれたいなあと思った。最上もがのおっぱいが頭に浮かぶ。大きければいいもんじゃないけど小さいのは非常に悲しい。アイドルって整形するし枕営業もするし週刊誌にプライベート狙われまくりだけど、そこまでして成りたいもんなのか僕にはわかんない。まあ金は稼げるけど。でも売れなかったらアルバイト並、もしくはそれ以下じゃないか。AKBはモー娘。をはるかに越してしまったが、個人的には乃木坂のほうが良い。僕はおニャン子クラブはよく知らないけれども、アイドルビジネスにおいて秋元康は成功者、やっぱり天才なのかなと思う。

25歳以降の人生は消化試合感半端ないやつ→

まさにこんな感じ。オワッテルってワケではないけれども、残りの人生が消化試合感が半端ない。こんなこと言っちゃってるっておそらくジジ臭くてやばいのかもしれない。仮に80歳まで生きるとするならばまだ55年近くもある。そんなに生きれるとは思わないけど、55年もあったらだるいなあと思うね。
10代の時って夢だとか希望だとか言うけど、遅くとも10代後半~20歳直後ぐらいには自分の能力なんてたかが知れてるなってわかるよね。「自分の力はこんなもんじゃない」「まだまだやれる」「努力すればできるはず」「明日から本気出す」なんて言ってもほぼ無駄。遅咲きはあれど、能力ある人間は若いうちから圧倒的なものを持っている。学力だとか運動能力だとか芸術的能力だとか商売力だとか・・・その他いろいろ。しかしながら僕のような超平凡人間たちのほうが圧倒的に多いわけであって、そんな縁と関係ねえよって世界で生きてる。ある程度下克上可能な新卒の就職活動なんてまだ生易しいんじゃないかなって。無力感というか、僕としては自分の能力の無さというよりも、能力がある人間が世の中に溢れるほどいるんだ分かった時点で結構絶望的だったんだけどね。井の中の蛙ってやつです。「若いんだら何でもできるよ」なんてよく聞くけどあれ嘘だよ。したいことへの適正、そして能力、加えて財力や時間がなけりゃ若かろうとなんだろうとできません。20代に突入してから、もうなんていうのか「人生ってこんなもんなの?」的な空虚感に襲われてる。学生生活ですら結構飽々したし、働いてからは金は入るが心に余裕が持てない。それに昔思い描いていたよりも日々が淡々としていて、かつ単純で苦痛な毎日を消化している感は否めない。積もるのは後悔と未練。時間なんてあっという間に過ぎ去るし、鏡見れば年取った感が半端ない。
この歳になると今までのもの見方や目線もえらく変わってきて、何より周りの視線も以前に増して厳しくなってくるのがひしひしと感じられる。これが世間のしがらみってやつ。なんというか、僕の30代とか全く想像できません。4,50代?知らねぇよ。こんな糞な日常が死ぬまで永遠と続くと思うと絶望である。楽しく生きろ?俺はラテン系の人間でもでも南の国の人間でもないんだようんこ。だらだら死を待つまで生きていくのってしんどい。淡々とした日常に加えて自らの肉体も老いて行くこともさらなる恐怖なんですね・・・平凡な人間には平凡なりの生き方ってものがあって、皆それを受け入れて人生楽しんでると思うけどなんだかなぁ。人とは悩みの方向がずれてるんだろうな。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)