FC2ブログ

でぃえっと

ふとカレンダーを見上げると、ちょうど一ヶ月後に26歳の誕生日を迎えることになる。ホントあっという間だよな。時間は全く容赦無い。もしかしたらこの世で一番残酷なものなのかもしれない。この不可逆的な力に逆らって生きていけれたらどんなに楽で面白いんだろうか。4発に入って春らしからぬ寒い日が続いて参っていたけれども、ようやく暖かくなってくれたな思う。布団を干しにベランダに出ると春の陽気で非常に気持ち良い。こんな陽気なのでどこか旅に出かければいいのに。昔の自分であれば、きっとどこかに出かけてるんだろうなと思うけど、今はそんな元気はない。正確に言えばかったるい。そう、かったるいのだ。
こう見るとブログの更新率が徐々に減っている。今でさえくだらないことしか書いていないのに、学生時代の日記は更にくだらないことばかり書いているなあと改めて思う。恥ずかしいよ。でもあの頃は文を書くだけの気力も体力もネタあったのかもしれない。とにかく文章を書くという作業は非常に労力のいるもので、頭のなかに浮かんだ断片をかき集めてなんとか組み立てていくまるでパズルのようなもの。ただ、実際のピースには絵柄や形があるけれども、頭のなかの言葉のピースにはそれらがない。おまけに浮かんでは消え、浮かんでは消えの繰り返し。一日の締めくくりに何を書こうかと、ずっと考えていても書き留めておかないとすべてを忘れる。不安定さの中でうまく組み合えあせてようやく完成したと思ったら無駄に時間が過ぎている。。
多分シンプルな日記として、例えば、今日あった出来事をつらつら書いていくだけであれば結構書けるものなのかもしれない。最近の記事なんて特にそんな感じ。山の山登っただとか桜見に行っただとか頭使わなくても書ける記録であればそんな悩むこともないんだろう。ただ、この歳になってくると単純なことではなくてもっと内面的なもの、もっと心の奥深くダークな部分をうまく表現して書き留めておきたい。いろんな人の文章を読んでると、「この表現うまいなー」とか「構成がいいなー」なんてよく思う。もともと国語も嫌いだし、文章を書く課題が出た時はお手上げだ。小論文に至ってはなんとなく、読書感想文なんて未だにどう書けばいいかもわからない。本なんて全く読まない。小さい頃から本を読む癖があればもっと言葉を知ってたかもしれないし今よりはまともな文章力がついていたかもしれない。読書好きの人間はすごいなって、きっと表現方法とか文の書き方上手いんだろうなーって勝手に想像してしまう。だから自分もよく見せようとか、だからからうまく書けないんだよね。要はかっこつけたいんですよ。多分また働き始めたら仕事の愚痴ばっかりになるんだろうなきっと。

さて、今月に入ってから食事をガラリと変えてみた。これまでのストレス発散方法として運動もせずに食で向かっていたせいか、地元に帰ってきてから半年で約8キロ増量してしまったわけだ。「デブは甘え」まさにごもっともだと思ってます。自己管理ができていない証拠。というわけで野菜中心、というか主食はサラダ。加えて、炭水化物は朝か昼にパスタ。米は高いし便が硬くなるので本当は食べたいけれども、避けている。タンパク質は卵と納豆。そろそろ肉が食いたいかなと思ってる。この食事にかえてからすこぶる便の調子が良くなったし、特に辛く無いというのが感想。おそらくドレッシングの力がでかいかな。今のところ、9日前の朝の体重と比べて約1.5キロ位は体重が違うんだろうか。
まあろくに運動もしてないし、運動はじめたらだいぶ変わると思う。先日久々に走ってみたら3キロ走るのが精一杯だった。これでも3年前くらいはハーフマラソン走り切れるくらいの体力はまだあったわけですが、本当に運動してないと恐ろしいほどに朽ち果てるのね。とりあえず月2キロずつの減量を目指す。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)