FC2ブログ

それでも朝はやってくる

朝を迎えるのがとても憂鬱な毎日。「ああ、今日がやってきたのか」と、仕事をしていた時とはまた違っただるさ。ほんの一ヶ月ちょいと前までは6時か7時に起きていたのが今じゃ9時10時は当たり前。皆がとっくに活動している時間にのこのこ起きるのだからほんと気楽なもんだなあとつくづく思う。ふとカレンダーを見ると赤の×印で埋まってる。もう2月も残り一週間、×印がついてない日付を数えるほうが早くなった。

久々に筋トレをやろうと思って50キロのバーベルかついでスクワットをしてみた。15回やったところでめまい、モモの付け根あたりがつりそうになる。頭だけではなくて体まで朽ち果てていた。
夕方、まだ明るいうちに風呂に入る。そう言えば最近日もだいぶ長くなったもんだと思う。まだ寒いとは言え徐々に夏に向かっているんだあと。その前に春だけれども。浴槽から明るい外を眺める。小学生のときもこんな光景を見たことあったけなと思う。

この一ヶ月弱とにかく無気力な状態が続いてる。この間何したのかよく覚えていないし、昨日何したとかあんまり記憶がない。何と言うか毎日に飽きている。でも特に何をするわけでもない。僕のイグナイターは一体いつ作動するんだろうか。目的の無い一日というのは実に早く過ぎて実に虚しい。刺激の無い毎日は心の弾力を失わせていくだけ。不安は心をむしばみ、目標の無い人生は無力感で満たされる。無駄な時間とわかりつつも、若い貴重な時間なのにもたいないなと思いつつも、どこか目に見えない不可抗力が心に働いてる。
僕はオリンピック選手ではないのでナンバー1を目指しているわけではない。競争世界にいるのは同じだが決して勝負の世界にいるわけでい。絶対的な信念も目標もいまいちない。自分がこうありたいなと思っても、4年先のあまりにも不明確な輪郭を描こうにも描けない。4年ってすごく長いと思う。大学に入ったら卒業出来てしまうんだから。受ける教育と職業が一致している人ならまだしも、それ以外そんな先の自分を明確に描ける人なんてごく一部だろう。ましてや自分がどこにいるのかさえよくわかってない宙に浮いた人間達も似たようなもんだろう。
選手は結果を出せなくても引退してもその後の職はあるのだろうけれども、僕は凡人なので何かしら結果を出さなければそれでおしまい。それはそれは、もう恐ろしい暗闇が待っているだけ。
結局自分は人生になにを求めておるんだろうかと、暇人ならではの悩みを抱える。そして今日が終わる。寝たら明日を迎えることなく死んでたらどんなに楽なんだろうかと。でも残念ながら明日はやってきてしまうのだね。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)