FC2ブログ

対、人

自信の無さは顔にも表れる。ここ数年どこか表情が暗く、笑った顔もどこかぎこちないように感じる。どこか自分に自信が持てない。指針の定まらないそんな状況だからこそ余計にそう感じるんだろう。そして何より人と接することが非常に怖い。人と接しない期間が長くなればなるほど重症化してしまう。新しい仲間を作りたい、人脈を広げたい、新しい人達とのネットワークを築きたい。そう思っているけれども、その入口に立つことが怖い。極度の人見知りではあるがそれだけではない。
生憎、世間話やおもしろいネタ話は持ち合わせていない。残酷な事に、面白くない人間(話だけでなくて)というものはやっぱり相手にされない。最初は良くても次第に人は自然と遠ざかっていく。そうなんとなく学生時代経験したこと。
「俺はやっぱりつまらない人間なのか?」
自分を何処まで晒していいのか、相手にどこまで心を開けばよいのか、そして信用していいのか。人との距離の測り方も歳を追うごとだんだんわからなくなってしまった気がする。そして自分という人間を果たして受け入れてもらえるのだろうかと、ただ不安で卑屈になる。人が怖くてネットの世界に逃げ込んでもそこは一時的な空間。仮面をかぶっても生きていける。でも今生きてるこの現実世界からは逃れられないし、向き合わなくてはならない。仮面をかぶって生きて行くのはつらい。

いろんな要素が複雑に絡み合って僕の意志に反して行動を抑制する。
一人でいるということは好きだがやはり人間そんな強くない。一人で出来る事には限界がある。そして飽きる。何をするにしても感動や興奮を共有したい、分かち合いたいと心の奥底から渇望してしまう。だからこそ仲間がほしいしパートナーがほしいのだと思う。自分と気の合う人間というのはこの広い世界のどこかに必ず存在していると信じてる。機会はいくらでも転がっていると思う。ただ負の感情を乗り越えて、そこに踏み込んでいく勇気と自信がないだけなのかもしれない。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)