FC2ブログ

希望の種

長生きしたくないのは本当に思っている。けれども死ぬだけの決意も立ち上がれないほどの絶望の経験もまだないし、そもそも「死」が怖い。だから今もこうやっていつもと変わらず生き続けているわけだ。ただ、生きるからにはやはり何か希望がほしい。そこで大きな目標や目的を持つことが、一つの希望になり得るんじゃないかなと思ってる。
僕にとってのそれが海外移住である。(正直職の方向が定まってから言うべきことなのかもしれないけれども。)
以前から関心があり、もしかしたらできるんじゃないかと、そんな事を考えていた。からである。ここ数年、日本に対しての不信を抱くようになった。今まで当たり前だと思っていた事に対して非常に疑問を感じるようになり、考えれば考えるほどどこか息苦しさを感じるし、どうも悪いことが目についてしまう。特に労働環境と労働に対する考え方に対する不満も大きい。
日本は素晴らしい国だというけど、果たして本当にそうなんだろうか。海外に出たこともないし住んだこともないので僕はよくわからない。比較対象がないからだ。もちろんどの国でも良い面悪い面両方存在するとは思う。自分の理想とする楽園なんてものは存在しない。だから自分で確かめてみたいわけでもある。他人が海外より日本のほうがいいと思っても、僕はどう思う感なんてのは実際自分で感じてみないとわからないのである。

調べていると現時点でオーストラリアという国が一番いいのではないかと考えている(オーストラリア以外は厳しそう)移民国家であり、気候的にもよかろうと。そしてなによりもビザなのだ。どの国もスポンサービザを取るのが非常に難しいとの事らしいのだが、スポンサーのいらない独立技術ビザと言うものが存在する。 Skilled Occupation Listに記載されている職業ならば十分ビザがとれる可能性がある。所謂「手に職」系の職種だ。ただ、移民法の改正でリストから外される職業もあるわけなんだけど。
僕が看護師を選んだのもいざとなれば海外でも働ける職であったからというのがある。あるブログで同じことを実行しようとしている先駆者がいるのでとりあえずモデルがあるのがありがたい。ただ、正直言えば看護師なんぞやりたくないのが本音だ。前にも書いたがあくまで職業としての選んだだけであって心からやりたくて選んだわけではない。ただオーストラリアと日本では考え方が違うと思うので日本の労働環境よりかはましなんだろうとは思っている。
受験に失敗してしまった今、職業をどうするか再び検討しているわけなんだけど、SOLに記載されている職業をどこか意識してる。看護師にしても何ししても、国家資格が必要な職業はまず学校に入らなければいけないわけで、入試を突破しないとスタートラインにも立つことすらできない。なので、看護師一本でまた来年受験に失敗したら・・・・と考えるとやはり視野を広くしておくべきなのかと思う。せっかく学んだ電気系の職をもう一度考えるという手もある(本当は嫌だが)。学校に通わず就職して実務経験積む方法もあるわけで、それならば学校3年行く間に3年分の実務経験が積める。ただ、未経験から雇ってくれるかどうかなのだ。そうも考えつつ、あまり意識しないで自分のやりたいなあと思えた仕事をやるという手もある。これも雇ってくれるかどうかわからないけれども。

まあいずれにせよ、オーストラリアで働くことを目的とするならば
・国内での実務経験を積むこと
・英語を勉強すること(IELTSで求められるスコアをとること)
・資金を確保すること(免許によって向こうの大学もしくは専門学校で学ぶ必要があるので)
が必要必要なわけで、実行するなら早くから事を進めるに越したことはない。
まずは職の方向を決めることなんだ。だから悩んでるんだよね。



スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)