FC2ブログ

深く考えること

病気で亡くなったり事故で亡くなったりした人には「可愛そう」と同情をする。
電車に飛び込んで亡くなった方には「迷惑」「ふざけんな」。しまいには「死ぬなら迷惑かけずに死んでください」
本当にあきれてしまうし悲しい。
もし同じ尊い「命」と考える事ができるのであればそのような事は簡単に口に出すべきではないし、そのような考えはあまりに短絡的ではないのか?と僕は思うのだ。

鉄道を止めてしまう行為は確かに多大な損害を与えるし多くの人に迷惑をかけるのは事実だ。それは分かるがそれよりも自ら飛び込んで人が死んだという事実がある。考えるべきはそこじゃないのか?毎日のよう誰かがに飛び込んでいる現在の状況。絶望のなか死んでいった人たちは何を思っていたのか、家族がいたかもしれない、友人がいたかもしれない、恋人がいたかもしれない。まだまだ生きたかったかもしれない。それでも死んでいったわけだ。失業、就職失敗、生活苦、借金苦、いじめ、失恋。死んでいく人それぞれ事情は違うとは思うのだけれども、突き止めていけばきとめて行くと個人の問題だけではなくて社会的な社会的原因だと根本にあるはずだと。話が広がってしまうけれども、飛び込みにかかわらず自殺は今の日本が抱えている問題が集約されているんじゃないのかなあと思うのです。
それと、決して表面的な事だけ(感情論)で短絡的なことを言うのではなくて、その事象からどんな問題があるのか、根本的なこと「考えていく事」は今の日本人、特に若い人たちにとって必要なことなんじゃないかな。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)