FC2ブログ

形あるものは次第に・・・

昨日親父がなくなってから処分せずに取っておいた書類整理関係を改めて整理していた。僕には全くの無関係な書類ばかり。もう必要ないとひたすら破り捨てる。そこでみつけたの父親にとっての最後の確定申告書。驚いたことに所得額が去年の僕の所得額とさして変わらなかった。それとこのとき廃業を申告していしていた事。亡くなったと同時に廃業になったのかと思っていたらこのときすでに駄目だったのかと。僕が生まれる前年度あたりから中学生になる手前ぐらいの確定申告書もたまたま残っていた。じいちゃんまだ現役だったこのころ。改めて見ると、このときはまだ儲かっていたんだなあと(そう見えただけかもしれない)。なんだか時代の流れがやけに残酷に見えた。
母親の闘病関連の書類も取っておいた。残っていた診断所を初めて?ちゃんと見たけれども初診から約8ヵ月で逝ってしまったんだなあと。平成18年というのがなんか遠く昔の事のよう。まだあの頃のことは記憶に残っているけれども、この記憶もだんだんと薄れてて行くんだろうな。

時間ってホント残酷だなあ。気がついけば今まであったものが皆なくなっているのだから。
唯一残っている書類。よくわからないけど残っていてよかったなあと思う。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)