FC2ブログ

僕の夏休み2013 その1

  • Day:2013.09.11 09:49
  • Cat:
僕にとっての夏休みがようやく終了した。3日間の旅は短かったけれども、平凡な日々を過ごす僕にとってはかなりの潤滑剤となったと思う。(しいて言えば旅先で女の子と写真を撮りたかったのだが)3日前に家を出たはずなのに自分の部屋にもどったとき、さっき帰ってきたような感覚。なにこれ
普段は旅の後、家に着くとホッとするのだが、今回は全くそんな気がしなかった。長期じゃなかったからなのかな。最終日、電車に2度も乗り遅れるという失態を犯したので結局最後に甲府でクラフトビールを飲むはずがそのまま通り過ぎて帰ってきました。
さて、そんな感じで振り返ってみようかと。旅の経路は伊勢→大垣→木曽路→松本。ほとんど長野でほとんど過ごしたような気がする(笑

2013年9月8日

早朝あわただしく支度をして家、を出て行った。朝から雨が降っていて駅にたどり着く前に濡れ濡れ、なんだか嫌な予感・・・・予想的中で静岡駅で乗り換えようとしたところ「大雨の影響で運転見合わせ」とのこと「・・・・」状態でした(笑)結局1時間くらい駅で待ってようやく出発。名古屋で近鉄に乗り換え2時間近く。お尻が痛いと思いながら伊勢市に到着。伊勢神宮を目指すが、どうやら内宮、外宮に分かれているらしい。まずは駅から近い外宮へ。駅-外宮間の道はきれいに整備されていて小奇麗なお店が立ち並ぶ。途中、前から飲んでみたかった業界で有名な伊勢角屋のビールをいただく。やっぱり旅にはお酒が付き物です。

t_IMG_4064.jpg

t_IMG_4065.jpg

t_IMG_4070.jpg

t_IMG_4071.jpg
こっち見んな

t_IMG_4091.jpg

t_IMG_4083.jpg

そのあとバスに乗り内宮へ。僕が思っていた「伊勢神宮」はどうやら内宮のほうだったらしく、人の数も凄かったなぁ。
t_IMG_4096.jpg

t_IMG_4109.jpg

式年遷宮の真っ最中で、社殿を造り替えていたようだった。真新しい木の鮮やかなの色と独特のいい香りがなんとも心地い。
神道がよくわかる本を買っていたのにもかかわらず全く勉強をしていなかった。行く前にしっかり予習をするべきだったなあと思う。何がなんだかよくわからないまま人混みに紛れて、お賽銭をする「看護学校受かりますように]」そして「良い人と巡り合えますように」前者はいいとしても後者は何とも欲深いお願いごとだ(笑
それにしてもこれだけ自然に囲まれていると何かの力があるんじゃないかと錯覚してしまう。いやあ、昔の人はロマンチストだったんですね。

さて、夕方からは伊勢角屋のびやくらに行って腹いっぱいまで飲ん食べてきました。伊勢市に行った最大の目的であったかもしれない。クラフトビール飲み放題で1880円は相当安い。かなりの破格である。
t_IMG_4156.jpg

t_IMG_4142.jpg
先客はいなく、あとから5,6人の団体が。話が嫌でも聞こえてくるので聞いていたけれども、どうやら職場の人間同士らしい。どうやら酒の席で仕事の熱い語り合いが始まるのはどこも一緒なんだなと(特に上の人)。8月に僕の個人的な送別会?を開いてくれたときに年齢が上の人が仕事の話で熱く語り合っている中、僕より一つ下の新人君が「酒の席くらい仕事のはなしはしたくない」とぼそっと言っていたなぁ。僕も同じで酒の席くらい楽しもうよと思うのね。そこは世代間の違いなんだなあと。20代はそういう人が多いんじゃないかって思うわけです。実際表情や、仕草にかなり敏感なので酒がまわりつつも、つまらなそうにしてるというのはすぐわかる。
そんなことを思いながらビールは胃の中へ。
それからまた数時間乗り継ぎ、大垣のビジホに泊まりのこの日は終了。とにかくケツが痛かった。

振り返って思ったのが名古屋の交通網がカオスすぎる。これは前から思っていたけれども、名鉄にしろ近鉄にしろどんだけ長い路線が走っているんだと。関東で言う東武鉄道だろうか。快速とか特急とかも本数が多くてよくわからない。近鉄は日本一営業距離が長いのとことで、伊勢に行くまでも相当長かったなと。三重県民には申し訳ないが、窓の外から見る景色ま、田園風景しか見えない、所謂ド田舎でした。

あと伊勢市も思ったよりも田舎であったこと。ビール飲みに行く前に街を1時間以上ぶらついていたが、伊勢神宮周りは賑やかなのだけれども、それ以外の駅からほんの少し外れたところからはあまり活気が感じられない。これはどこの地方の街でも同じことが言えると思う。
その県の中心となる街はそうでもないけど、それ以外の小さな街というのはどこもこんなもんなのかと。
若者が都会へと出て行ってしまうのは自然なことで、何もない街で暮らすのはつまらないだろう。そうなるとやっぱりその地域に残る人間の年齢層は必然的に上がってしまう。地方の街がどんどん寂れていくのは仕方なのないことだろう。高齢化社会の行く末(すでに真っ最中だけど)はどうなるんだろうか、そして街はこの先どんだけそスピードで寂れていくんだろうとなんだかエラク心配になった。
これからの若い子たちは可能な限り、狭い地元にいるよりも、一度地元から離れてもと大きな街で生活してみたほうがいいなあと思うわけで。合わなかったらまた戻ってくればいいと思う。

それにしてもモバイルPCはやっぱり買って正解だた。軽くて持ち運びやす区て便利。ホテルではパソコン貸出してるところが増えているようで、泊まったビジホでもそのサービスはあったのだが、やっぱりMYパソコンが一番いい。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)