FC2ブログ

夏らしいこと

小学生の頃、夏はただ純粋に楽しいだけの季節だったよな
仕事場から見渡せば夜空に輝く夏の花。どうやら今日は東京湾の花火大会だったようで、浴衣を着た女の子たち、カップル、家族連れで街があふれかえっていた。僕も仕事をする合間にその夏の風物詩を眺めては感動する。夜空に続々とうちあがるその閃光に近所から次々とわきあがる歓声。一方で「なんでこんな日に仕事してるんだろう?」といつもながらの問いかけ。浴衣を着た彼女と、ビール片手にのんびり花火を見る。これが僕の夢だ(笑
さて、8月も早いところ1/3が終わった。僕にとって残された時間もところあと少し。ただ同時に貴重な夏もこのまま虚しく過ぎていくことになる。去年もそうだった、今年も未だ全く夏らしいことをしていない。友人たちは今日地元に戻りバーベキューをしたそうだが、僕も休みならば参加したかったな。
最近はとてつもなく暑い日が続いている。連勤続きで体も心もなかなか休む機会がない。働き始めるとここまで余裕がなくなってしまうものなのか。さすがにこのままクソな夏を終えたくはないものだ。

先日地元へ戻るために買った青春18きっぷ。仕事を辞めた9月初旬、勉強生活の前にどこか遠出をしたいものだ。
今はただひまわり畑を見たい。夕日に照らされたひまわり畑に行ってみたい。とにかく夏を感じたい師写真を撮りたい。
行きたいところ、やりたい事がたくさんあるのに、なんで自由な時間がないんだろうか。一ヵ月の夏休み。もし僕がドイツ人だったら・・・なんて無意味な妄想、人生であと何回夏を迎えるんだろうか
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)