FC2ブログ

淡々とした日々

家に帰ってきてシャワー浴びて飯を食べパソコンをやる。朝起きてぼーっとして手紙の続きを書きお昼になったら出勤する。これが最近の生活リズムである。今日は繁忙期というのに珍しくいつもより早く終わった。でも家に帰ってくればぐったり。朝起きれば体がだるい。そんな毎日が続く。特に変化もない、何気ない毎日。生きていくために
高校生の時毎日のようにあった部活動、たいして強くないのに何でそんな練習していたのだろうか。いつも、他の部活動に入っていればよかったと思う。いつも夜遅くに変えてきては憂鬱な朝を迎え、学校に行く。放課後憂鬱な気持ちでグランドに行き、そして夜遅くまで汗を流した。普通高校に入って、女ンの子と一緒に過ごす青春を過ごしたかたっと今でも思う。
大学生の時、18年間住んでいた静岡を離れ千葉へ。僕にとっては毎日が刺激的だった。今思えば目の前に突如として置かれたあまりの自由さに胸躍らせていたが、どう過ごせばいいかわからずただ無駄に過ごしていたと思う。金がなかったというのもあるけど。そしていつから目の前のものが色あせて見えるようになったんだろうか。人生に迷って迷って迷って、もう一度歩きだそうとした22歳手前の21歳の春。あの夏、自転車で旅をしたなんて遠い昔の記憶。あれから3年、またも北海道に行きたいと思ってもそんな余裕はない。
卒業してすぐ一人福岡に飛び立った24歳手前の23歳の春。誰も知る人がいない地に降り立つという不安と孤独、精神的なものより、物理的な距離に正直参っていたかもしれない。関東だったらまだ平気だっただろう。
働いている今、東京の1Rの小さな部屋での暮らしが続く。会社はもうすぐやめる。会社はクソだが周りの人達はいい人たちだ。ここまで耐えれてたのは自分の意志と人間関係のおかげだろう。貯金さえしなければお金なんてある程度自由に使える。ただあまりにもにも時間がない。何とか耐えた約1年あと一ヵ月。
味気ない毎日が続く。恐らくこれから環境がガラリと変わるかもしれない。でもそれでも同じような毎日が続くんだろう。たまに思う、人生ってこんなもんなのかなと。それでも僕は死ねないのでただ毎日を受け入れ明日も生きていく。明日も明後日もこの先ずっと淡々とした毎日が続くかもしれない。
きっと明日も家に帰ってきてシャワー浴びて飯を食べパソコンをやる。朝起きてぼーっとして手紙の続きを書きお昼になったら出勤する。そんな感じだろう
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)