FC2ブログ

危ない

今日から3日間、本社にてメーカーのお偉いさんによる座学教育が始まった(え、今頃w)。勉強になるんだけど一日中話を聞いているやっぱりしんどい。話の大事な場所でこっくりときてたのであんま記憶にないんだよね。なんだかんだで5時には終わったし、会社の人達と浜松町をぷらり。過ぎゆくリーマンにしろOLにしろ、やっぱ顔つきというか雰囲気が東京の人なんだなって感じがするね。でも本当はみんな田舎もんのくせに東京人の顔しちゃってと思っちゃうけどwまあいつもこれぐらい早く終われば余裕のもった生活が送れるのに。帰りに家電量販店で2TBのHDDを買ってきた。今の時代1TBでさえ1万円を切ってる時代。高校時代250GB買うのに1万以上したっていうのにw当時の1TBなんて10万以上したのにw約1万の出費は痛いけど、今使ってるノートも4年目だしそろそろデータのバックアップをしておかないといざという時が非常に怖い。特に唯一の思い出である写真データが消えたらほんと絶望以外の何物でもないし。

さて、久々に電車で通勤したわけだけど、朝から怪我をしそうになった。東海道線での人身事故の影響で最寄りの路線もモロ影響受けたわけだ。ホームは人であふれかえっていて、数十分待ってようやく乗れたとおもったらすし詰め状態。押し込められた時状態でドア付近で不安定な体勢をとっていたわけだ。内心やばいなと思いつつ、駅に着きドアが開いた瞬間ものすごい圧をかけられ、態勢を整える間も無くそのまま入口付近で転倒してしまった。方足がすぽっっと電車とホームの間に入ってホント危なかったw僕だからよかったものの、じいさんあばあさんなら骨折してるよありゃ。「大丈夫ですか?」と誰かが声をかけてくれてたけど、次々電車から降りていくから誰が誰だかわからない。そして集まる皆の視線。焦る自分。「はい大丈夫です♪」なんて余裕の返事ができるはずもなく。若干筋が痛いけどまあ大丈夫だろう、けどホントおっかないわ。ただあの殺伐とした雰囲気の中で声をかけてくれる人がいることは少しうれしいもんだよ。女の人の声だったたからそのまま手を差し伸べてほしかったけどねw
ホント東京の交通事情は異常。自転車通勤もかったるいけど電車に乗って受ける精神的疲労に比べたらまだましかなと思ったね。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)