FC2ブログ

騙されるより騙したい

今日はとある契約と親戚に承諾書を再び書いてもらうためにまた地元へ戻った。数か月前に倉庫を借りたいという人が現れ今日契約を結んできたわけだ。僕が到着したころにはすでに姉が契約結んでてみたいだったけどね。相手も以前より安い賃料で倉庫を借りられ、こちらとしても固定資産税を賄えるし黒字になる。それに家をつぶさずに済んだということでお互いどちらもメリットがあるということで、いい相手が見つかったのかな。
それが終わったあと実家に戻っって、すっからかんになったという部屋の中を見てみた。ほんとなんもない。数日前に業者さんに頼んでいらないものをすべて持って行ってもらったとのこと。なんか荷物がなくなる部屋を改めて見るとホント広い家なんだなってだなって思った。自分の住んでた家ではないような不思議な感覚だったな。数年前まで家族6人で住んでたはずなのに一人、また一人・・・といなくなって、結局誰もいなくなってしまった実家。
でもこれで数年間は息を吹き返してくれそうだ。当初家を壊そうと思ってたけど、やっぱり残しておいたほうが気持ち的にもいいんだよね。生まれ育った家なんだし。まあ震災の影響で土地が売れないってのもあるけど。
これでほとんど相続の件は終了したことになる。長かったような短かったような・・・やっぱ長かったような・・・。
世の中いい人間ばかりではなく、とにかく汚い人間や悪い人間が結構いる。特にお人よしや知識のない人間なんて巧みな話術でころっと騙されるわけで。相手の言うことが正しいか判断できる材料がないので相手の意のままにされてしまう。親父が死んでからすぐ相続の件にとりかかたっ時に、姉の義父にそのことでよく口を酸っぱくして言われたけ。僕の性格じゃ騙されやすいから気をつけろと。
僕は相手を疑うことは必要なことだと思ってる。身近な人でも知らない人でもね。それは悪いことでもないし、罪悪感を感じることをしなくていい。それは自分を守るためであり、最低限の防御法。とはいっても自分が騙されてるんじゃないか、踊らされてるんじゃないかって案外自分一人じゃ気付かないけどね。だから引っかかることがあれば相談だって必要。
まあ僕もこの性格が災いする可能性があるのでまず大事なことはは立ち止まって、よく考えるようにしたいと思います。ホント僕はダメダメ人間です。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)