FC2ブログ

3月になったので

地元へ帰って早々、立ち寄った近所の喫茶店。前に来たのは福岡へ旅立つ前なので実に1年ぶりぐらいか。店のおばさんも相変わらず元気そうで、最初僕だとわからなかったそうだ。久しぶりなので親父の話になったけどまあそこは気を使ってくれてかさらりと終わった。よく考えたら親父も良く行ってた店だったからな。
いろいろ話をする中で、今後地元へ戻って医療系の仕事をしようと学校へ行こうとしているという話を思い切ってしたわけだ。するとおばさんが元々医療関係で働いていたらしく、業界に努めてる人とつながりもあるので何かあったら相談に乗ってくれるとの心強い話をしてくれた。まさかこんな近くにいたとわね。「まだ若いんだしこれから!」と元気づけてくれた。まあ、回り道してもしょうがないかと。

さて、親戚からの放棄の承諾書ももらうことができなんとか家のひと山は越えた感じ。当初壊して更地にしようとしていたけど結局壊さずにしばらく残しておくおいう結論になった。そして姉夫婦が数年住むという形。親戚もできれば残しておいてくれたほうがいいよと言ってくれてたし、仕事を辞めたたら受験のためしばらくは実家に戻って姉夫婦と住むことになる(はず)。それにしても姉は本と逞しい。手続きなど色々とやってくれてるし、僕は気が弱いので思い切って親戚に何か言うにしてもなかなか言えないけどズバズバと言ってくれる。男としてこれでいいのかなぁなんて思うけど。ホントこんな男でいいのか・・・なんか自分に自信が持てませんわ。
友人としゃべっててやっぱ人生やったもん勝ちだと言うけどさ、ほんとそうですね。やったもん勝ち・・・おれにはできねぇよ
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)