FC2ブログ

幸福な国の絶望な大人たち

10年後どうしていたいかふと考えてしまうと今の自分は果たしてこれでいいのかなんて思ってしまう。会社勤めしだして少ししかたっていないけど、今まで見えてこなかったもの(考えてもなかったこと)がちょこっとずつ見え始めてきた。恐らく学生時代では全く考えることはできなかったと思う。別にこの仕事を一生の仕事にするだなんてのは思ってなかった。他の求人より給与も良かったしなんとなく面白そうだったからという理由で入社したわけだけど。とりあえず給料だけは保障されている。それにさして変化のない業界なので今後とも激変することは恐らく考えにくい。けどこの会社で働いてることも、どっかの組織に属して働いてるのも想像できない。
今が見えてないのに先のことを見るなという人もいるだろうけどあまりにも先が見えなさすぎるから不安なのだ。果たしてこの先何年生きるのかすらわからない。この日本経済が良くなるとも思えない。自分たちが属してる会社だってもしかしたら傾くかもしれないし、倒産するかもわからない。歳をとってからリストラされたら悲惨だ。子供の養育費教育費、住宅ローン、その他もろもろ・・・。年金だってどうなんだか怪しいし、あまりあてにできない。かといって老後のための貯蓄など果たしてできるのか。組織に一時的に守られていて、給料も保障されても極度のストレスを感じながら働き続けるのもつらいものだ。そして何か先が見えたような気がして妙にしらけている自分がいる気がする。
なんか色々逆算して考えたとき、組織に属さないで長く自分の力で食っていける方法をとるのがいいんじゃないと。そんな甘いもんじゃないけど。別にやりたくてしかたのない仕事などはないけど、改めて職人という生き方を考えてる。じいちゃん、そして親父の似たような道を歩もうとするのか。普通24歳ぐらいだと遅いかもしれない。今考えてる分野はそれでもまだ若いかもしれない。だから早く始めることにこしたことはないので焦ってる。ただ、受け入れ先があるかが問題だけど。今の会社のこともあるしまだ決断しきれていない。
どうせ人間いずれは死ぬのだから自分が納得した生き方をしなければ充実した人生にはなれないと思うわ。若気の至りなのか浅さかな思考と言われようと別に構わない


ああ、何もしないで貴重な休日がオワタ。無関心無気力無目的ががつらすぎる。外にも出たくないし特に何をしたいでもない。何もしないから全く話題も増えない。まさに負悪循環。人と話すのが好きじゃないのはネタがあまりにもないから。昼間暑いので窓を開けると近所の高校から女の子たちの元気な声が聞こえてきた。ああ、若いって素晴らしい。俺にもあんな若さがあれば・・・
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)