FC2ブログ

貴重な時間

今日は一日中雨。ベッドに寝転んで借りた本をパラパラと読んだりパソコンで調べ物したり。のんびりと過ごしていたらあっという間に一日が終わってた。時間は待ってくれないのだな。

やはり僕は20代の貴重な数年間を無駄に過ごしてきてしまった。具体的に何を目指せばいいか、目指したいのかが分からず、勉強もなあなあと、ただ単位修得のためだけに必要最低限しかやってこなかった。ものすごく勉強に興味があったわけでもない。主体性もなくただ時間に身を任せていただけ。19,20歳の頃は自分の専攻に関係した職業に進むんだろうなとただなんとなくだが思っていただけだ。すぐに将来の道を真剣に考えなければいけないとわかってはいたものの、「まだ先の話だ」と安心しきってしまっていた。しかし時間なんてあっという間。やはり自分の希望通りいくはずもなく。将来のことで常に悩んではいたものの、「なんとかなるだろう」と真剣に考えてこなかった。その上21歳という貴重な1年をつぶした。

若い時の1年がどれだけ貴重な時間か、もっと歳をとれば分かることなんだろうが24歳の今、それをひしひしと感じてる。10代の時はまだ全然その重みがわからんかった。先のことを考えてもしょうがなかったし、思い描く通りに就職できるとは限らなかったから。実際本当にやりたいことだって結局なかった。人生働くことはすべてではない。ただ、働くことは生きていくことで避けられないものだ。だから真剣に考える必要がある。もし自分の力で飯を食って行くとなると尚更。歳を追うごとリスクが増えていく。歳をとってからでは遅いことばかりだ。世の中もそういう目で見る。やはり何か始めるにしても感性・吸収力のある若いうちしかない。
本来こんなことはもっと歳をとってかから書くべきなんだろけど。ああ、こうして悩んでいる間にも自ら自分の道を切り開いている同世代の人間たちがいるはず。それを考えたら僕もじっとしていてはまずいはずだ。ただまだ思い踏み切れない。ホントブレブレで芯のない男だ。

それにしても久しぶりに食べたカントリーマアムはうまい。一枚食べ始めたら止まらないなw

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)