FC2ブログ

虚しさと切なさと心弱さと

引越しに向けて荷物をまとめる作業をしてたらPS2があったので久々にやってみた。このゲーム機も結局そんなに使うことなく箱にしまってあったのだ。
ほんの数分で飽きた。「どこでもいっしょ」なんてポケステがなきゃ意味がなかった。なんだこのクソゲーは。昔面白かったはずのパワプロですら数分足らずで飽きたのだ。ゲームしていていてふと思った。「なんだ、たまらない虚しさと孤独感は」。たぶんこの感覚は引きこもってるときか大学にいたときに感じた感覚そのまんまだった。最近は全く感じなかったのだけれども一人でいることがなんだか急に怖くなってしまった。一人でいる方が好きだといってもやっぱり心のそこでは寂しい。もしこの孤独が続くならば間違いなく苦痛だけが待ってる。歳をとるごとにだ。
学生時代みたいに毎日のように友達がすぐそばにいるわけでもない。ネットに入り浸りの世界で夢中でだれかと交流していたとしてもそこはネットの世界。現実世界はからっから。交友関係も学生時代から全く広がっていない。果たしてこの先こんな調子でやっていけるのだろうか。ましてや見知らぬ土地、知らん人がわんさかいる。僕なんて存在は空気のように薄い存在だろう。あってないようなもんだ。
昔から同じことを言ってきたが何一つ変わりやしない。変えようともしない、いや変わらない。他人に受け入れられるのか、それがすごく怖い。非常に人見知りだ。そしてつまらない奴だし乗りも悪い人間だ。こんな人間が受け入れられるのか非常に怖い。あたりまえだ、つまらないと思われたら自然と人は去って行くもんだから。他人とのコミュニケーションほど難しいものはない。
何かコミュニティーに入らない限り、新たの出会いはないんだろな。趣味にしろボランティアにしろ何かいいものがあればいいのだが。


若 者 の 行 儀 良 さ は 異 常

若者のマナーが悪いとかよくいうけど、ジジイやバアアのマナーだって悪いいぞ。中年のおやじもしかり。公共交通機関の中で平気で大声で電話かけるわ、みんなで大きな声でぺちゃくちゃ世間話するわ。あとバイトでレジやってた時や、場所にもよるけど物産展やってた時も若い人たちのほうが品が合った気がするぞ。(大阪はいい人と悪い人の差が激しすぎた
僕の偏見かもしれないが歳とると、その人の性格って顔にまんま現れて出てくると思ってる。傲慢且つ、態度のデカイ人の顔は本当にひどい。なんだろうなあれは。まるで悪代官だよ
世間知らずなのか、狭い世界でずっと生きてきたせいだからなのだろうか、自分たちのローカルルールで物事を考えるのは止めてほしいわ
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)