FC2ブログ

刺激がほしい。好奇心を取り戻したい



「その瞬間、永遠とか心とか魂とかいうものが、どこにあるのか、わかった気がした。」と貴樹は言っていた。このplay boyもそう思ったのかどうかはは定かではないな。しかしなんと言ったらいいのか、この動画を見て嫉妬、過去への後悔、自責の念が僕の体を取り巻いていることには間違いない。彼はこの若さにして「リア充」という常人では会得することのできない特殊な能力を身につけたのだ。日本に来たら間違いなく嫉妬した非リア充たちからの逃亡生活を送ることになるだろう。
にしてもほんと憎ったらしくも、可愛らしいい。何度見てもにやけちゃうし、ほんと「ピュア」っていうのはこういうことなんだろうな。心から喜びをこうも素直に表現できるってのもアメリカ人かどうかは知らないけど外人さんうらやましいところだと思うんね。日本人じゃこうもできないだろうし。
「You kiss me,I kiss you!」もしも今僕が同じ言ったらおまわりさんに通報されちゃうかな。へへぇっ♡

さて、ちょっと鏡の前でふと自分の顔を眺めてほしい。お肌に張りが無くなっただとか、毛穴が広がっただとか思うかもしれない。或いは鼻毛がはみ出てるのに気付くかもしれないし、自分の顔の良さにほれぼれしてしまうかもしれない。まあそういうのじゃなくて、自分の目が輝いてるかどうか。僕の目は死んでます。というよりどこか濁ってるような気がする。ここ数年で目から魂が抜けきったよう。さあ、これから一日が始まるというのに、わくわくするでしょうか?僕はしない。あー今日も始まるのかー程度。おそらくほとんどの人間がこんな感じだろう。日本人の大半がそうなんじゃないかと思う。とくに明日からまた仕事が始まる人、学校嫌いな人にとってはより一層そう感じるだろうな。
日本の仕事文化と経済衰退から来る閉塞感によって受けるストレスで日々精神が削られ疲弊する人たちはかなり多いいとう。僕は働いてなくても日に日に精神は削られ続けてるけど、きっとこの社会に適応してないんだろうか。果たしてどうやったら毎日わくわくしするんだろうか。どうしたら生き生きした顔、目になるんだろうか。目玉のおやじにでも頼むべきか?おそらくストレスで失われたであろう刺激と好奇心が必要なんじゃないかと。日々単調になりすぎてるのもその要因だろうな。で、どこへ行けばそれらが得られるんだろうか・・・。山か?空か?都会か?それともやっぱ海の向こう側なんだろうか。ちょっと活気のある場所へ行ってみたい。まずは資金貯めることだけど。
それに何か始めたいと思うけど特にきっかけがない。なるたけ金もかけたくない。まあもう夏だし今年は少年に戻ってカブトムシかクワガタを買って飼育したいななんて。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)