トンネルの向こうが見えてきたら

今考えている応募動機(志望動機)もなんとかまとまりそうな感じです、たぶん。履歴書とは別で書かないといけないので大変なのです。応募動機を書く紙はなんでもいいですよ的な事言ってたけど僕が選んだ用紙、行数が多すぎて全部埋められねぇ。600文字ぐらい行きそうだけど僕の頭ではこれ以上書けないのであきらめます。ってかあんまり書いたら面接する時なんも言えないんだけど全部言う事書いてしまたわ。

ちょっと業界の特徴をまとめると
・欠員が出ないと入れない(入口が非常に狭い)
・基本公に求人していない
・こちらから問い合わせないとほぼ無理
・業界の歴史が浅い
・他社と比較できない
・HPみても詳細まで事がわからないあ(会社規模が小さいため)

ということで履歴書の書き方のコツとかでのってるような書き方ができないんだよね。条件や詳細も面接しないとわからん。
正直な話「38社問い合わせた内、またま良い返事がもらえご縁を感じたので志望しました。」としか本音。数打たなきゃ求人あるかどうかだってわからなかったわけだしたまたま返事くれたところじゃなきゃいけない理由は特にないんだよね。同業者同士仲がよい業界だし他社との違いって言ったら作ってる場所と味くらいだろう。こういった縛りのあるなか正直決めてと言えば「場所」。ご当地いというか基本その地域を中心としているので。味は違うのは当たり前だし言っても意味ないしな。
一様、その会社のある街に行った事があって実際住みたいと思うほど魅力を感じたので「街が魅力的なところだからそこにある(受ける会社)で経験を積みたい」的な感じで書いてるんだけどでいいかな。とりあえずこの業界に行きたかったわけ、と上記のこと、目標を書いおきました。やる気ありますよと。あれで熱意が伝わればいいんだけどね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)