FC2ブログ

戻るなら

先週、いつものように呼ばれアルバイトに行ってきた。珍しく前にいた事業所の所長が来ていたのだ。その日イベントがあったのでその応援に来たのかと思っていたらどうやら採用面接のためにわざわざこちらのに来ていたようで。相変わらず忙しそうにしていたがそんな様子を見つつ、時折雑談をする。

その夜、4人ほどで飲みに行った。僕以外皆おっさんだけど今の職場の飲み会よりは話が通じるので話は楽しかった。
飲みに行く前に職場のおばさんから話を聞いていたのだが、面接者がどうも微妙だったようで、僕の復職の件をちらっと所長に言ったらしい。「その話が出るかもしれないからしてみたら?」と。
酒が進む中で、所長からその話が出てきた。僕が辞めたことに関して、そのことについて一切責めることはなく、むしろ真剣に戻りたいのであれば歓迎の様子であった。その反応が意外だった。普段のほほんとしているような感じの人だが、仕事に関して非常にたんぱくというかドライだったので、仮に僕が「出戻りしたい」といったところで厳しい言葉で突き放されると思っていたからだ。
ましてや僕が辞めた後も何人か採用されているわけで。ただ現状地元の事業所、そして前いた事業所の現状も知っている。
酔っぱらって最後よく覚えてないけど、今の事業所の所長含め、最後今の仕事2,3年頑張れや的なことを言われた気がしたけどな。

結論ってどうだったのかいまいちわからなかったと思いながら、次の日の夕方。
もし本気で考えるなら社長に掛け合ってみるよと改めて連絡が来た。やっぱり昨日の話は本当だったのかと。
まだ戻れると決まったわけではないのだが、これはチャンスなのか。
改めて思ったが信頼を得ていたということだけは間違いなかったのだと思う。まあ自分でも間違いなく色々考えてやっていたと思うわけだけど。コツコツと積み上げてきたものが評価されていたわけでそこはうれしく思う。

社長や所長と散々話し合って、そして自分から辞めておいて、今の仕事がどうしても合わなくて、どうしようかと悩んで・・・。
情けない。そして甘い。
いろいろ考えた時にこの年で、僕ができる仕事なんて限られている。20代のころはまだ行けると思っていたけど、もう30代。すでに崖から落ちているこの状況。
だから僕は改めて考えている。辞める前の何思ってたかという事。今の仕事の事。今後の生活の事。
整理したうえで結論を出そう。でもこれはチャンスなのだろう。

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)