FC2ブログ

時が



東映で配信されている「未来戦タイタイムレンジャー」を見ている。当時小6、2000年あたりの作品だからもう19年前の作品。決して古さを感じさせないのは、あの難しく斬新なオープニング曲と世界観だからか。ちょうど同時期に放送されていた仮面ライダークウガにしかり、今見てもやっぱりこれまでの子供向けヒーロー番組とは思えない、大人向けのドラマといった感じだろうか。ちょうど20世紀と21位世紀の区切りだったからか、あそこが一つのターニングポイントだったのかもしれない、色々と。
エンディング眺めて、なんだか懐かしくなって、当時の事思い出そうとするけどなかなか思い出せない。

時間が流れ流れ19年近く経つようなのだけれども、時間だけ過ぎてちっとも成長できなかった。
あの頃考えてたか知らないけれども、ホントみっともない大人になってしまったなって思う。結局理想と現実のズレをうまく自分の中で修正しながら生きてきたつもりだったけど、やっぱりできていなかった。辛いと思っても10代の頃の自分なら我慢して耐えていただろうが、今はそれもできなくなってしまった。最初の方向性を間違えた時点でダメだったのだろうし。何かに特化したスキルもないまま、だから理転職を繰り返してきた。ようやくスキルをつけられるかなと思いきや期待だけですでに嫌になっている。仕事内容に働き方ににしろ。

当の昔のすでに詰んでた。20代は見て見ぬ振りができた。まだ大丈夫と。もう30代に入ってそれもできなくなり、自分がやばいことに気付いた時点で遅いのだ。時間が巻き戻せたらなんて思わない。
まあ悔いても仕方ないし、時間は止まってくれないからこれからの事を考えるべきなのだけれども、やっぱりこれまでの事や考えが邪魔して卑屈になってしまうのな。まあこれから生きていくことを考えなければならない。
自分で書いてて嫌になってしまうなホント。


ユウリが美人過ぎて辛い。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)