FC2ブログ

僕は今



春はあまりいい記憶がない。精神がどこか不安定なことが多かったから、ホントここ数年のが唯一春を感じることができたのかなって。やっぱり心に余裕があったのだ。そして今年の春。案の定、気ちが下がっている。桜を眺める余裕もなく、散ってしまった・・。

先日、久しぶりに映画の「横道世之介」を見た。この時期になるとどうしても見たくなってしまうのだ。特にこれといって上げ下げがあるわけでもなく淡々と進んでいくけど、どこか心地の良い世界観。退屈な人には退屈に見えるのだろうけど。
ただただ青春時代が懐かしくて見てるわけでもなく、かといって自分の学生時代と比較してしまう。原作の小説は読んでいないのだが、続編が出たらしい。読みたいけど気力がない。

世之介みたいなやつと友人になりたかったか、それとも世之介のような人間になりたかったか。
僕は誰からも愛されるようなキャラでもない。今までで出会った人たちの記憶に中に僕の存在は残っているんだろうか。ふとした瞬間に思い出してもらって少しでも気にしてくれたらうれしいのにと思う。

世之介が祥子が見送るるラストシーン。この場所がここ何年も気になっていたのだけれどもようやく分かってなんかすっきりした。来世は京王線沿いで学生時代を過ごしたいですね。

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)