FC2ブログ

あの時、大宮

日々お疲れモード、ストレスで寝れないなんてことはなく、酒を飲んだらぐっすり寝れるのである。疲れれていると夢で昔の人たちがよく出てくるのである。先日も昔好きだった人の一人が夢に出てきた。「〇〇君は大丈夫?」
高校を卒業をしたばかりの3月、ちょうどいまぐらいの時期だろうか、見知らぬアドレスからメールが入った。中学の時に好きだったその子からである。中学卒業後、僕は工業高校、その子は地元で1番の進学校へ進んだため、接点などなかった。メールアドレスなんか知らなかったからさすがに驚いたのだが、人づてで聞いたようだ。他愛もないやり取りをして中途半端なままやり取りを終わらせてしまったのだけれども、どうやら僕のことを心配してくれていたようだったのだ。僕はちょうど9月に母親を亡くしている。その子も中3のときに母親を亡くしているので、同じような境遇、気にかけてくれていてメールをしてくれた。今でもそのことを僕は覚えていて昔の携帯を押し入れから引っ張ってきて確認したけど見当たらなかった。携帯電話変えた直後だったのかな。
夢の中での何しゃべったかよく覚えてないけれども、その時のことを夢で再現した様だった。

大学に復帰した22歳の夏の夜、急にメールが鳴った。その子からの数年ぶりのメール。これまたびっくりしたのだが、どうやら同級生の子と飲んでるから一緒に飲まないとの誘い。どうやら僕の話が出てきてメールしたようだ。そのうち電話がかかってきて、どこで飲んでいるのか聞いたら「大宮」と。僕の住んでいた習志野から大宮まで1時間半。そしてタイミング悪く、コーラックを飲んでいて便所にいたのだ。お尻からいつ暴発するか分からない。せっかくの機会に「参ったなあと・・」思いながら結局行かなかったというより行けなかった。あの時行けなかった事を後悔している。あの時、あの時・・・・・コーラック・・・・。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)