FC2ブログ

前見て後ろ見る

s_P1020811.jpg

10年後はめちゃめちゃ遠く感じるのに、10年前は近く感じる。そんな10年前の夏の写真を眺めながら。
30歳なんて遠い存在だと思ってたけど、なってしまえばあっという間。20歳の自分へ、今あなたが考えてるほど30歳の自分は立派ではないし、自分に自信がないというところは同じだけども、それででも何とか生きてるよ、って。

「5年後、10年後どうなっていたいか?」今の会社に入るとき時の面接で聞かれたのを思い出す。そんなもの分からないと思っていた。今でも先の事なんてわからない。来年どうなっているかすら分からない。でも分からないなりに形だけでもプランを描く。目標がなければ自分の到着地点が分からない。ただ、目標を立てても会社に振り回されれて目標通りに行くか分からない。所詮会社といえど蓋を開ければ人間の集まり、そして人間が決めたことだから不確定なことしかない。日々の中でだんだん見えてこなかった部分が見えてきて、変わる気配もなくやるだけバカに見えてきてそうやってやる気を一気になくした。

昨日労働条件の説明やら職場を見に再び受けた会社に行ってきた。一通り終わって会社に入社する意思を見せたが、あとは入社日だけ。それが決まってから雇用契約を結ぶことになる。今日所長とも少しだけ話したが予定通り9月末で会社を辞めることになると思う。まだ退職届は出していないので準備しないと。

「ようやく地元に帰れる」と高校の友人たちにLINEをした。転勤してから物理的距離がありすぎて友人たちとの集まりもなかなか参加できなかったが、これで比較的集まりやすくなるだろうか。
僕にとって大学卒業してからのこの7年間、離転職を繰り返し、無職も経験し、時間の無駄と金と機会の損失を悔やんだ。
新卒で入った会社で続ける。ストレートで高卒12年目、大卒8年目、院卒6年目。転職が比較的当たり前の時代だけど、一つの組織で働き続けること、踏ん張ることを選択してきた人たちがたくましく、僕にとってはうらやましくも思える。
他人と比べ破滅的で不安定な生き方をしているし、ただただ後ろめたさだけが残ってたけど、「転職しまくりながらも人間的厚みを増してうらやましい」なんて返事。「お前大丈夫かよっ」て当然思われていたんだろうけど、最初の頃と比べたら成長してるように見えるんだろうか。僕とは違い、結婚もして大企業に勤めてる友人たちには到底及ばないが、そんな順風そうに見える人間が、僕のような人間の生き方を羨ましく思うもんなんだなあと。ないものねだりか、まあまだ身軽な証拠だなって。

10年って長いよなぁ。5年後は35歳、10年後は40歳。もう完全におっさんじゃんか。この先何を身に着けてどう生きていくんだろうか。死んでるかもしれないけど。
スポンサーサイト

Comment

なんだか考えさせられました。
  • 2018/09/03 11:33
  • かいと
  • URL
Re: タイトルなし
>かいとさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
何かの主張をしたかったはずのブログがいつの間にか只の日々の羅列になっていましたが、
それでも何か感じていただけたら光栄です。
  • 2018/09/07 21:12
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)