FC2ブログ

最後の夏

s_DSC01382.jpg

職業柄夏休み(お盆休み)というものがないのだけど、昨年の興奮と感動が忘れられず、今年も甲子園に行ってきた。有給2日取ったけど天気が持ったので定休日の2日間だけでなんとか納まった。(4連休)。
初日、始発に乗って9時前に到着したものの、内野席は売り切れ。去年は買えたのに!と思いつつ渋々外野席から観戦。この日のために双眼鏡買って正解だった。
そして今日、決勝は14:00からなのに朝7時過ぎに甲子園入り。人気の1塁側内野席と比べて、比較的すいていた3塁側内野席の列。余裕と思ったが、チケット売り場10mぐらい手前でまさかのチケットが売り切れ。やっぱりホテルを6時に出るべきだった・・。なので昨日に引き続き外野スタンドからの観戦。6時間ほどスタンドでひたすら待っていたけど特にすることもなく、ただただ暑いだけで本当にしんどかった。でも不思議なことにその6時間もあっという間。何なんだろうなあの感覚は。
マスコミも金足農業に偏りすぎという意見も見られたけど、誰も大阪桐蔭が一方的にボコボコにする展開なんて望んでないし、そりゃプロ注の投手がいて地方からここまて這い上がってきた田舎の公立校の方を応援したくなるだろと思う。ライトスタンド側に座ったいたが、金足農業の応援一色。
まあ試合の内容として、序盤はよかったものの、中盤以降一番なってほしくなかった展開のまま進んでしまって気づいたらかなりの大差。さすがに吉田君も一人で投げぬいてきたわけだからさすがに限界だったか。大阪桐蔭の強さは間違いなく本物だけど、まあ金足農業もよくここまで頑張ったなと思う。
それと優勝した直後、大阪桐蔭の中川君が泣き崩れていた。何事かと思ったけど、主将としての立場、そしてやっぱり去年のベース踏み忘れの事もあってか今まで相当な重圧の中でプレーしていたんだなと思う。僕は人生の中で相当な重圧の中で何かを成し遂げたことなんてない。そんな中で今までやってきたなんて誰も思ってなかっただろうから、その姿見たら「頑張りが報われたね」と素直に拍手を送りたい。無論、野球エリートたちの集団達であるのは事実なんだけど、彼らもここまで来るのに相当練習してきてるのだから、単にチート扱いするのもどうなのかなと。でも他の高校と比べて守備にしろバッティングにしろ次元が違う。もし僕が今高校生で野球をしていたら絶望するとだろうな。同世代でこんなにレベルの高い野球をしてる奴らがいるのだと。

汗だくで帰ってきたかと思えばもうぐったり。一日中小さくてかたいベンチに座っていたからケツが痛いのなんの。先ほどの熱闘甲子園を見て夏の終わりを感じた。
これで僕の夏も終わるのか。平成最後の夏らしいけど、仕事一色で無情に過ぎていった感じ。特別感などない。
来年もまたここにに来れるといいなと思う。さすがに去年も今年も一人だったから、誰かと語りながら観戦したいものだ。

s_DSC01385.jpg

スポンサーサイト

Comment

野球は好きなんですけど、今まで高校野球って特にみてなかったんです。でも、今年は昼間のテレビ番組がボクシング某会長の話ばっかりでつまらなかったので何気無く見ていたらすごく面白くてハマりました。(笑)時差の関係もあって後半はネットで結果を知る日々でしたが、色々なドラマを繰り広げてくれて面白かったですよね。メディアの影響で金足農の印象が強くて大阪桐蔭の活躍が若干薄くなってはいますが、それぞれの選手にお疲れ様と言いたいものです。
  • 2018/08/25 11:30
  • irodori
  • URL
Re: タイトルなし
>irodoriさん

こんにちは。どうもお久しぶりです。一時帰国の日本は楽しめたでしょうか?
高校野球はプロにない面白さと感動がありますね。なんというべきか、一回負けたらそこで終わりだし、逆転されてても劇的なドラマがあるし、何が起こるか分からない。それに目の前でプレーしてるのが高校生だということが驚きです。今年も生で見てきましたが最高でした。
今回の金足農業はメディアがどうであれ、やっぱりすごいですよ!私立優勢の時代に地方の公立校が快進撃を続け、横浜高校や日大三高を破って決勝まで行ったのですから盛り上がりますよね。改めて試合の動画見ても感動しますが、終わってしまって甲子園ロスで苦しんでおります。
  • 2018/08/25 21:09
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)