FC2ブログ

責任者呼んで来い

相変わらずというか上の連中はは面倒くさいことから手を引き、サーっといなくなる。結局誰がやるのか、そう僕がやらざるを得ない。お客さんへの説明。予想通りの反応。「知らんわ」と心の中で思う。まともに点検すら出してこなかったのだし、モノが古いので劣化も考えられるし、こちらに非はない。
なんというのか仕組み上曖昧な部分が多い為、労働者に負い目を感じさせるようなシステムである。昔からのそういうやり方をしてきているので、今更変えることはもう無理だろう。責任の線引きがよく分からないし、結局やった・やってないの問題に行きつき、でもお客に「お前らが悪いだろう」とごねられたらなんて反論すればいいか僕にはわからない。怒らせると面倒なので、だったら初めから上の人間通して話してくれよと思う。

責任者というのはどこへ行ったのやら。組織体制があいまいの中、困ったときに誰に救いを求めればいいのか分からない。勝手に判断していい加減なことも言えないし。皆知らん顔。めんどくさいことは触れたくない。誰がそんなところで働き続けたいと思うか。責任負わせるなら金と裁量権をよこせ。
2年以上経ったが何一つ環境が変わってないし、これからも変わらないだろう。どうせ来月でいなくなるのだから今いる事業所がどうなったって知らないし、会社がどうなろうと僕に知ったこっちゃない。残った仕事は誰かが引き継いでくれるだろうからもう知らんわと思う。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)