FC2ブログ

迷い

先日髪を切るために地元に戻った。今住んでいるところの美容室を開拓する勇気もなく。ただただ、会話が苦痛だなと思うのは今も昔も一緒。日焼けで顔が真っ黒だけど、剃ってもらったもみあげ部分が真っ白でなんとも。
実家に戻り、ばあちゃんから扇風機をもらったので、サーキュレーターとの二刀流なら暑くないだろうと思っていたけど、案の定熱風しか来ず。さすがに布団の上でだらんとするのも辛かったんで汚れていた風呂を掃除し、水風呂に浸かった。
気持ちいなんて思いつつボーっと窓を見上げてたら、なんか見たことある光景だなと。あたりまえだが自分が育った家だ。単に懐かしいというか小学生の頃に戻ったような気分で。

やっぱりこの家に戻ってくるのかな。

10月に元いた事業所に戻ることは確定のようだ。つまり地元に帰れるということ。「やっと戻れる、ラッキー♪」というわけではなく、案の定僕は今とこちょこと転職活動を続けている。先日所長とも社長とも正直にまだ転職活動してるし、地元の事業所に戻っても続けますというようなことを話をした。9月末で辞めようと思っていたのは、繁忙期が一区切りするのと、10月1日から地元に戻っても転職先が決まればすぐ辞めますよということ。他のスタッフに申し訳ないしお客さんにも示しがつかないし。ただ、現状まだ転職先が決まっていない状態で会社を辞めるのはリスキーである。
所長、社長共に、考えは互いに違うし、話が長かったので要点がよくわからなかったが、そんな焦らなくてもいいんじゃないのかということ。残って頑張ってくれるのが一番だし、もう少し頑張ってみたらということ。でも自分の人生もあるし、決まったらしょうがないということ。そのようなことを話していた(と思う)。僕もモヤモヤする部分があったしはっきりしないから強い決意で「もう辞めます」とその場で明言はしなかった。まあ戻って頑張ろうとしたところで、現状すら変わってないのに、果たして環境を整えてくれるだろうか。、ただでさえ高齢化して、もう数年以内にでベテランがいなくなるのに、その間に最低限の基礎の部分を習得できるだろうか。そのあと背負いきれるだろうか。そこの自信がないのだ。

決まったら転職する。決まらなかったらまだ働く。でもその間に異動がある。ただそれだけのことだけど、気まずいは事実。
迷ってるけど良いところがあればそちらに行くという思いは変わらないだろう。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)