FC2ブログ

あの時

s_DSC01353.jpg

静岡大会他の準々決勝を見に草薙球場へ行ってきた。東部勢で唯一残っている飛龍を応援していたけどやっぱり勝てず。静高に勝ったのでかなり期待していたけど、エラーが無ければわからなかったかもしれない。たった一球のミスが致命的ダメージにつながるのが夏の怖さ。勝負の世界なんてそんなもんだよねって思う。
さすがに真夏の炎天下での観戦なのでただ椅子に座っているだけで汗がしたたり落ちる。。暑いを越してただただ辛い。40度以上あるとアナウンスされたいたけど、ペットボトル何本飲んだことだろうか。10時前について、2試合目がまさかの延長戦になってしまったので、17時過ぎの約7時間も球場にいたことになる。おかげでただでさえ日焼けしているのにさtらに真っ黒になってしまった。休日なのに余計に疲れがたまってしまったけど、まあ見に来なかったらこなかったでモヤモヤするだけだし。応援にしろ、球場の雰囲気にしろ、生で見ないと味わえないものがあるから見に行ってしまうんだろうなと思う。

それとやっぱり30になっても学生の頃と思っていることは全く変わってなくて、戻りたいなとは思わないけど心底うらやましいなと思う。「ああなりたかった」「こう出来ていれば」・・・結局ないものねだりだけど、その時その時にしかできないことってあってもうこの年になって同じこと思っても絶対にできないのである。
「自分が歩んできた道にそれらがなかった」というべきか縁がなかった。ただそれだけ。それなら進路を間違えたことになるが、今更うだうだ言っても、時間は戻らないのだけれども、やっぱり悔しいからうだうだ言わせてほしい。女の子に応援されたかった。

さあ来月の甲子園が楽しみだ、
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)