FC2ブログ

30歳



数年前からそわそわしていたけどようやくこの日を迎えた。ちょうど今日で30歳、三十路である。
今日から履歴書に「30歳」と書かなければいけないのはちょっと気が重い。さすがに「2」と「3」の違いは重いと思し、年齢で与える印象はだいぶ違ってくるだろうに。
30歳で死ぬなんて言っていたけど結局生きているし、30歳まで生きれればもう十分と本気で思っていたと思う。歳をとってボロボロになって死んでいくより、まだ元気で若いうちに死んだほうがいいかなという部分は心のどこかにあるのだが、自ら死ぬ勇気も、死ぬ理由も今はない。今は自然に身を任せる。
なんというかやっぱり死を常に意識して生きるべきだと思う。そしていつ死んでもいい様に、自分のできる範囲(能力的にも金銭的にも)でやりたいことはやっておくべきだなあって。これは一度整理すべきだ。

それとふと思った奨学金。残り約200万弱。このまま毎月ちびちび返済するらなら返還修了が42歳。そふとその時まで生きているのかどうかわからないので、とっととまとめて返すべきか。本来ならば卒業してからずっとい働き続けていればすでに返し終わっているほどの貯金があったはずだ。現状でも本来の予定ならそれぐらい貯金できていたはずだけど、ここ半年以上全く貯金が増えておらず、むしろ減っている。でもボーナスをあと2回もらう頃には返せるだろうか。利子がないだけいいのだが、このままちびちびと返していくのもいいが、急に死んでしまたら姉に迷惑がかかってしまうなあとふと思った。でも一括返済だと貯金が一気になくなるので何かあったら怖いよなあ・・・
スポンサーサイト

Comment

お誕生日おめでとうございます。
きしもとさんにとって良い30代が送れますように。

奨学金は本人が死亡した場合、保証人の願出により返還未済額の全部又は一部の返還を免除することができると書いてありました。実際のケースが見つからなかったので謎ですが…。ご存知でしたらすみません。

奨学金の返済がなくなると精神的に楽になりますよ。
ただ、私のように燃え尽きてしまう人もいるかもですが(゚∀゚)
Re: タイトルなし
>米なすさん

こんにちは。どうもありがとうございます。
奨学金の返済者が死亡したときのケースは正直知りませんでした。ただ色々めんどくさそうですね。一番良いのは生きている間に返済者が返済し終えることでしょうね。僕も今までずっと働き続けていればすでに返済できたと思うのですが、なにせ無色時代が結構あったもので。ちまちま返していけばいいやと思いつついつ死ぬかわからないのである程度まとえて返そうかなと迷い中です。
  • 2018/05/11 18:47
  • きしもと
  • URL
少々遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます。
30代って日本では老いの響きを持たせる年齢ですが、
海外にいると脂の乗った良い年齢というイメージです。
時間は戻せませんが、気の持ちようなのかもしれないですね。
  • 2018/05/12 04:25
  • irodori
  • URL
お久しぶりです。

誕生日おめでとうございます。
30歳という年齢は色々考えてしまうのかもしれないと、きしもとさんの言葉をみて思いました。

「今は自然に身を任せる」
そのくらいが丁度いいのかもしれないですね。
無理にどうこうするより、流れゆく先が答えなのかなと。

歳をとることを恐れるよりも、生活習慣と病気の予防・早期治療の方が、よっぽどずっとずっと、ボロボロにならずに済むのだと、つくづく思わされた1ヶ月を過ごしました。
私が生きる選択を勧める権利なんてありませんが、ただ自分のことを大切にしてほしいなと思います、身体も心も。
意外とちょっとした心遣いの積み重ねなんですよね。あと、運と。

なんだか説教くさくなってしまいました、すいません。

いつ死ぬかなんて、誰にも自分にも、例えば仮に、"自らの手で"であっても分からないんじゃないかなあって思ってます。
だから、まあ、"今"はお互い生きましょう。
  • 2018/05/12 21:13
  • touma
  • URL
Re: タイトルなし
>irodoriさん

お久しぶりです。どうもありがとうございます。
10代、20代のようなフレッシュさはありませんが、30代なんてまだまだ若いと僕も思うのです。
潜在的に年齢を意識せざるを得ないような社会だと思うのですが、おっしゃる通り最終的には気の持ちようだと思います。
20代の失った時間(無駄に過ごしてしまった時間)があるので、後で振り返った時に「良かったと」と思える30代を過ごせればと思います。
  • 2018/05/13 07:22
  • きしもと
  • URL
Re: タイトルなし
>toumaさん

お久しぶりです。ありがとうございました。
なんというか、無駄に期待したりあがくだけ精神すり減ってしまうんで、それならもう自然に身を任せた方がいいんじゃないのかと思ってます。なるようにしかならないと、一種の諦めのように感じますがこれこそ自然かと。
それと健康のことに関しては僕も最近はかなり意識をし始めています。上の人の話を聞くだけでも怖いですし、生活習慣病の予備軍なのは確実なので、糖尿病になったらどうしようかと震えております。
仕事も始められて今は大変でしょうが、良医になれる様頑張ってください。お互い死ぬ理由がないなら今を生きるべきです。
  • 2018/05/13 07:33
  • きしもと
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)