夢のようだった2日目

甲子園2日目。
開園が11時予定だったので、早めに並ぼうと9時過ぎに甲子園駅に到着。しかし、改札出てすぐ目に入った光景はすでに長蛇の列。ちなみに試合開始は14時だったのでまだ5時間近くある。開園が10時半に変更されたはいいが、人の熱気と照り付ける太陽のおかげですでに汗だく。この状態で2時間近く並ぶのはさすがに辛かった。本当は中央特別自由席で見たかったが混むと思い、昨日と同じく1塁特別自由席側に並ぶ。恐らく中央席でも見れたかもしれなかったが、昨日より近い席に座れたので結果オーライだろう。ただ球場に入ったのが11時過ぎでまたそっから3時間以上待つのも辛かった。
試合の感想としては花咲徳栄の打線が思っていた以上にすごかった。はじめ広陵と打ち合いになるのではないかと思っていたが、打つわ打つわ。ヒット数はそこまで変わらないのに、出たランナーを着実に還していた。全試合9得点以上って凄過ぎる。
広陵も得点圏にランナーがいても後が続かなかったこととエラーがいくつかあり、そこで余計な点を与えてしまった。それがなければ10点差にはならなかっただろうが、みんな一生懸命だし、まあそこは仕方ないよなと。相変わらず中村君が打席に立つと観客がわいていた。ホームランは出なかったが3安打だし十分だろう。
ちなみに夜ハイライトを見たらうっすらとだが自分が映っていた。

テレビ観戦もいいんだけど、球場内の熱気、歓声、雰囲気、ブラスバンドどれをとってもテレビ観戦では決して感じることができないことばかり。本当に甲子園に行って良かったと思う。ぜひ来年も行きたいところでした。

s_DSC00562.jpg

s_DSC00561.jpg

s_DSC00563.jpg

s_DSC00569.jpg

s_DSC00624.jpg

s_DSC00663.jpg

s_DSC00671.jpg

s_DSC00672.jpg



s_DSC00678.jpg

終わってから中村君に我こそと群がるマスコミの方々。それが仕事だから仕方ないんだろうが、負けた直後に一斉に群がる光景を見たらこちらとしても複雑な気分。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)