劇的

s_DSC00449.jpg
夏本番、そして繁忙期。僕の嫌いな野郎が業務過多(は?)でやりきれないということでなぜか僕が担当することになったイベント。ようやく終わってほっとしてるが、9月にも同じイベントを運営しなきゃいけないから面倒くさい。こんなことするために今の職場にいるわけじゃないだろと思うが、無理なものは無理、そして諦め。先日上の人(社長を含む)3人で食事に行ったのだが、予想はしていた通り僕が職探ししていることについての尋ねられた。その場での深い話までは避けたが、求人は見てるということ、それとこの先の不安だけは伝えておいた。本当は次が決まったら辞めるつもりだと伝えればよかったが・・・。結局僕もこの会社で何がやりたいのかと言われたら、もうなんて答えればいいかわからない。現状と現実が見えてしまった。元の職場(地元)へ戻るとなってもどうも不安が払しょくできず、どうでもいいという感情に包まれてる。

さて、高校野球の準決勝を見に草薙球場へ行ってきた。球場内はクソ暑いが、この応援といい熱気といい、熱のある雰囲気が好きだ。やっぱり野球はテレビではなく球場で見るべきだと思うのだが、野球のわかる人間と一緒にしゃべりながら見たかったと思う。1試合目の延長14回劇的サヨナラ。まさか日大三島が決勝に来るとは予想しておらず。2試合目、まさかの乱打戦。そして優勝候補の静高が最後の最後でボロボロ。個人的にはショックだったなぁ。球場2/3が静高を応援してるような空気感だったのに、次第にお葬式ムード。
決勝が日大三島-藤枝明誠という全く予想していなかった組み合わせだが、明誠が勝てば初優勝。日大が勝てば28年ぶり。気持ちとしては地元よりの日大三島を応援したい。本当は明日の決勝を見に行きたかったが、見に行けず・・・。
学生に戻りたいなと思いつつ戻りたくないとも思いつつ。夏休みがほしい。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)