FC2ブログ

夏は続く

ようやくの休日。ボロボロになった体を癒したいところだが、溜まっている仕事があったので午前中だけ出社。

今日でようやく8月が終わるという事実。今年も残り4か月。思うことといえばとにかく「疲れた」のみ。そして暑い。
振り返ればいつもそんなに変わらないけれども結局やったことといえば釣りと身延ツーリングくらい。去年の記事を振り返ってみると休日も本当に何もしてなかった様子だから今年はマシだったのかもしれない。
そういえば前の会社を辞めると言いだしたのも8月のこと。結果的に変に対人ストレスは無くなったのだが、だからと言って現にストレスがないかと言われたらそんなことはなく。何処の会社で働こうが思うことはおおよそ一緒なんだけど、働く人たちと、環境が変わるだけで多少なりとも精神的には楽になれる可能性はある。まあ一言でいうと去年より今年のほうが精神的にも遥かにマシだということだ。
スポンサーサイト



8月最後の日曜日

仕事終わって帰る支度していると大きなの音がしたので外見るとすぐそこでは花火が上がっていた。何も聞いてなかったので
バイクに乗りながらほぼ真上に上がっている花火見て久々に感動したというかなんというか。遠くから眺める花火とは一味も二味も違う。その辺住んでいる人たち、道行く人たちが夜空を見上げてる光景見てああこれこそ夏の光景だと。
へとへとになりながら家にたどり着き、片付けしていると。近所の海でも花火が上がっていているのが見えた。3週間前の中止になった花火ということはすぐ気づいた。いつやるのだろうかと思っていたけど、そういえば今日は8月最後の日曜日。だから今日だったのか。

疲れた。今週は本当疲れた。朝の目覚めと言ったら最悪である。疲れた体に鞭を打ち、それでもお客の前では笑顔を振りまく。
夏はまだまだ終わらないから非常につらいのだけれども、馬車馬の如く働くだけだ。頑張るしかない。

下部温泉

DSC06723.jpg

会社と家の往復ばかりの日常であまりにも新鮮味がないというか違うところの空気がやっぱり吸いたくなったというか久々にツーリングをしてきた。目的地は山梨の身延。いつも海だからたまには山の中もいいなと思ったがいかせん暑い。
昼過ぎだし時間的に何処にも寄らず引き返そうかなと思ったけど、せっかくだから以前から行ってみたかった下部温泉へと行ってきた。日帰り入浴可の下部ホテルでお世話になったが露天風呂が非常によかったった。後で調べて分かったが、今日女性風呂になっていたもう一つの露天風呂のほうが良かったのでで今度また来ようかと思う。

ホテル出た直後、前から歩いてきた着物着た若い女性スタッフ。お見送りの言葉がなんだか響いてまた来たくなった。マスク越しだったが綺麗な人だったので僕も照れくさくて近くで顔を合わせることができなかった。情けない。自分たちの仕事も客商売だから通ずる部分があってお客さんが帰るときは気持ちよく見送らないとダメなんだなと改めて思わされたと思う。

よし、これから温泉ツーリングでも始めるか。

蒼い

DSC06681.jpg

「前略、僕は日本のどこかにいます」なんてキャッチフレーズのポスターがあったのはともう20年前のこと。今年は青春18きっぷを使うことはもうないのだろうか。
僕は今日も日本のどこかで働いています・・・・・。そう思った朝。

今年の夏は甲子園と四国へ行きたいと思っていたのに、結局どちらともかなわないようだ。Go Toキャンペーンなんて言うけどこんな状況下で遠出する勇気もなく、ただただ暑いだけの日々が過ぎて行く事に虚しさしか残らない。昨年年末以来県外に出ていないから一泊ぐらいいいだろと思いつつ、でももしものことを考えると・・・。
サンライズで香川に行こうか。それよか尾道まで行ってしまなみ海道を走って愛媛に行こうか。いや、家からバイクで高速走っていこうか・・・そんなことずっと思ってたけど楽しみはまた今度に取っておこう。

学生の頃自転車の旅で出会った社会人のお兄さん、mixi教えてもらって当時マイミクになってたけど、あの時のプロフ写真はきっとポスターの場所だったんだろうな。そう、ずっと下灘駅で写真を撮ってみたいと思いつつ、行ってみたらただの海の見える駅ってだけのような気がして。それでもきっと夏なら特別に見えてしまうのかもしれないな。頭の中だけで考えてもだめだ。

今年は地元の海で過ごす夏か。

暑い日々

DSC06705.jpg

夏なんだとふと思う。ただ暑いだけで僕が思う夏ではない。なんか違う。
8月もあっという間に折り返してしまい、今年もあと4か月弱しかないという事実に震えている。目標云々言ってたけど、本当にやりたいことやるべきこと明確にしてないとまた日々に飲まれて終わってしまうんだなと。それとコロナがどうちゃらで行きたいところもあるけどやっぱり行けず。なんだか味気ない夏となりそうでまた8月も終わってしまうそうだ。

連勤明けにもかかわらず、昨日今日と早朝から釣りに行ってきた。日差しがあまりにも強くて真っ白だった肩は真っ赤になり、すでに日焼けしてる腕と顔は更に黒くなる。いろんな人に「年取るとシミになるよ」と言われているの頭ではわかっているのだが、かと言って日焼け止めを塗っていない。確かに顔にシミが増えたような・・・気のせいか。
肝心の釣果は帰郷はだめで昨日なんとかアカムツを2匹ゲットし。内一匹は36センチあったのでなかなか好調かなと思う。
連日炎天下で何かしらやっているけれども、明日は一日休みをもらったのでゆっくり休むことにする。


本当であれば昨日彼女の家族と顔合わせする予定だったのだが、浜松でコロナ感染者が増えているという事態なので延期となった。まあニュースでもやっていた通り40度超えるレベルの暑さというから今回の見送りは結果論だが最善だったのかもしれない。来月どうなっているかわからないが・・・。

DSC06701.jpg

DSC06702.jpg

水に飛び込みたい

浜松では40度を超えたそうだ。正直気温はどうでもいいが、この暑さを何とかしてほしい。死にそうなのでマスクは捨てた。
灼熱の太陽に焼かれて体はもう限界である。外に出た瞬間毛穴が全開に開き、噴き出る水、水、水・・・汗。僕はディズニーのキャストではないから素直にしんどい時は顔に出すし、でもできるだけ笑顔でいるように心がけているし・・・でも正直この炎天下では非常につらかった。
ようやく暑く長かったお盆期間が終わった。一年で一番忙しい時期だからこの山場をようやく超えたのでうれしいというかほっとしている。。今日はめちゃめちゃ忙しかったというわけではなかったが、そうは言ってもピーク時はバタバタするし、定時内で仕事が終わらず一人で9時まで仕事していたのでへとへと。さすがにこの時期の連勤は体に相当な負担がかかるのできつい。そして明日からようやくの休みだ。また灼熱のの元早朝から釣りに出かけるので疲れなが抜けなさそう・・・
もう秋というべきか冬に向けていろいろと考えていかないと行かないか。とりあえずエアコンの効いた部屋でゆっくり体を休めよう。

アセマミレ

嗚呼、間に合わねぇと思いいつもより早めに出勤し、案の定汗だくになりながら準備する事に。本当は前日に準備できればどうしても直前にならないとできないものもあるので致し方なし。

今日は今年一番忙しい一日だったのかもしれない。振り返ればただただ疲れてだるいとしか言えず。お客さんに痩せたんじゃない?と言われたので体重量ると確かに3キロ近く落ちている。お昼食べる余裕もなく、お昼休憩する間もなく。15時前にようやくゼリーを一つ。暑くてがっつり食べられないけどさすがに夕方は腹が減ってた。明日もこんな感じだろうか。

いろいろなお客を相手にしているが、レンタルの客(特に一見さん)を相手をするのは非常に労力がいる。だからいつも送り出す際、大丈夫かなと心配で仕方ない。
今日改めて思ったが人は見た目で判断せざるを得ないこと。なんというかやっぱり見た目もそうだし、最初の表情、しょっぱな話した雰囲気で「コイツは危なそうだな」「人の話聞かなそうだな」というのはわかる。そういう客に至ってやっぱり何かををやらかすのだ。まあチャラチャラした感じの野郎で、お連れさんも同じような雰囲気の人たち。大人数だからなのか女の子たちの前で気が大きくなっているのか・・・・安全を軽視しがち。やっぱり予想は的中し、案の定お連れさんがケガして帰ってきた。完全に自己責任だけどいくら注意説明しても利用者が利用者だからどうすればいいのだろうか。
それにしても疲れた一日だった・・・。

それ、必要?

仕事中思うのだが、この気温の中屋外でもでマスク着用をしないととダメなんて言う理由がわからない。マスク云々気になる人は気になるだろうし、うるさい人はうるさいだろうけど、マスクしようがしまいが感染するときはするだろうし。
ただでさえ汗だくになり、マスクもびちょびちょになるわ、呼吸はできないわで死にそうになるのだ。感染リスクよりも熱中症になるリスクのほうが高そうだから、もう客対応中でもこのクソ熱い炎天下ではもうマスクしていないことにした。しろといわれてもしない。
屋内ではする様には心掛けしてるが、何がんでも「しなきゃだめ」と思っている人がいるのなら好きにすればいいし、ただそれを強要するのは間違い。同調圧力というのか「みんなしてるからお前もしろ」という考えの人がいまだ多そうな・・・

さて、今日改めて・・・ではなくいつも思っているが、周りの人間が一切機転が利かないのだ。新規のお客さんが増えていて来ている中、今日も新しいお客さんが入った。が、まだスキルもないし、いきなりあんなことやれと言われてもこの強風だし、直前で声かけて運転を変わった。やっぱり不安だって声が聞こえたから走って言って正解だったと思う。
自分たちの目線から下げてどれだけお客さんお目銭まで下げれるか。そういう意味だとド素人相手のレンタルの対応というのは改めて役立っているのだろうか。

打ち上げ花火、現地でみるか?家から見るか?

お盆休みって何なのさ。お盆休みは仕事なのさ。
朝起きた時のなんともいえぬ疲労感。また一日が始まるのかという絶望感。精神的苦痛はないけど、肉体的にかなりきつい夏
一番の繁忙期だから仕方なしにしてもやっぱりきつい。
暑くて死ぬんじゃないかと思うけど、やっぱり人間丈夫なもので、いっそのこと倒れて病院へ行ったほうが楽になるのではないかと毎年思ってる。朝から汗だくになり、つなぎもインナーもびちょびちょ。着替えて何回もシャワー浴びても結果は同じ。そして灼熱の太陽に焼かれ、臭いだけが残る・・・・非常にクサイ。
ご午前中はまだいいが、午後になってくるとだんだん体力もなくなると同時に集中力もなくなってくるから一番危ない時間なんだよなあ。ひとまず先日うっかりしていて危うく破損させるところだったので事故には気を付けようと。

今日は妙に夕空がきれいで、花火大会にはぴったりだなと思いながら海沿いを走っていった。そういえば今日は花火。地元の夏祭りは今年中止だったけど、何やら有志による花火大会が行われる予定だった。しかし、昨日は強風のため中止、そしてどうやら今日も中止で延期になったようだ。
昨日ちょうど休みだったので会場前を通ってみたけどコロナはどこへ行ったのかというような人の数。結局皆楽しみにしているんだろうけどどうしても人が集まっちゃうから現地で見るのはこの時期危ないよなと思うのであった。

残りか6日。早く休みが来てほしい・・・。

臨機応変って

最近夜中に目が覚める。酒飲んで疲れてすぐ寝て。
今日はどうせ午後半休だし、やらなきゃいけないことがあるのでこのまま朝まで起きてることにする。

「臨機応変に対応して」
現場対応をしているとその時その時で事情が違うので確かにそうせざるを得ない。全体見渡して瞬間的に今何をすべきか判断しないといけないけどそれができるのは考えられる人だからこそであって、全員が同じクオリティーで対応できるとは限らないし、気が利く人・利かない人当然出てくる。
いくつかパターンがあって、それが分かっているからこそ動けるのであって本来は「この場合こうしたほうがいい」と細かい取り決めをしておくべきなのだけれどもそれができていない。

なんというか「臨機応変に対応して」と聞くたびにイラっとしてしまう。純粋に捨て台詞というか突き放しているようにしか聞こえず。本質から目をそらしているようにしか聞こえない。言っている当の本人は俺は関係ないって顔してるし。


あとは僕は細かい人間であり、基本原理というかルールを大事にする。いわば理屈屋だろう。一回でもルール捻じ曲げて特例を作ってしまうと後々こちらの首を絞めることになるのは嫌ほどわかる。やっぱり現場思考の人間なのか。
なんというかね、いくら客商売だからって会社のルールがあるわけだし自分の私情を優先させるような人間にはなりたくないね。被害を被るのは私たちですから。

傷にしみる

DSC06682.jpg

朝3時に起きて再び早朝釣りに。やっぱり日が昇る前は非常に涼しくて、波もなく揺れが心地いい。前回と同じ場所でやってみると一投目でヒット。やたら引くので何かなと思っていたら大きなアカムツGET!。GOPROで撮影していた動画を見返すと、うれしさのあまり変な声出していたみたいで思わず吹いた。結果的にアカムツ2匹釣れたので、釣りビギナーにしては今日は上出来だろう。気になるエリアがいくつもあるので徐々に開拓していきたい。

あと仕掛け投げるときにホタルイカの肝がズボンに飛び散ってめちゃめちゃ臭い。家に帰って2回も洗濯したのだが全く臭いが取れないのでどうにかいい方法はないか調べてみるとクエン酸使えば何とかなりそうということが分かった。急いで買ってきて使ってみたのだが本当に生臭ささが取れたじゃないか。手が傷だらけなのでめちゃめちゃしみたけど。
仕事柄どうしても魚を触ることが多く、臭いがなかなか取れないため、会社で買ってもらおうかなと。

DSC06684.jpg

DSC06685.jpg

それは夏のせい

やたら天気がいいなと思っていたらようやく梅雨明けだった昨日。そして今日。水着のねーちゃんがいっぱい来たのだがそれでころでもなかった。噴き出す汗でつなぎはびちょびちょ、そして大忙しの中での確認不足による重大なミス。危うく破損につながるところで難を逃れた。
確かに忙しさと暑さでしょうがないとフォローが入るけど、それでもあってはいけないことだし、ちゃんと確認していればいい話だった。言い訳はせず反省。昨日にしろ今日にしろ確認不足によるミス。まあ今後同じことを繰り返さないよう気を付けるとしてこれはきっと夏のせいだ。

なんだかんだで帰宅が9時前。残業するなと言われているが事務作業なんてできないから定時後にやらざるをえない。そして明後日の釣りの準備。そういえば家に帰って一息ついてから「親バカ青春白書」がちょうどいいタイミングではじまったので飯を食いながら見る。事前にガッキーが出ることのことで非常に楽しみにしていたけど出演シーン少な過ぎやないかーい!でもやっぱり思うがガッキーはいつ見てもガッキーだし可愛すぎて辛い。