FC2ブログ

言いたいこもなく

いつから壊れていたのかすらよく覚えていないが、ようやく部屋に新品のエアコンが取り付いた。買おう、どうしよう?と迷って結局過ぎていった去年の夏。今まで扇風機だけでよく耐えてきたなと思うが、あまりにもエアコンが快適すぎて外に出るのが辛い。
専用コンセント設置工事の費用が思った以上に痛かったが、これでまあ一安心だろう。給付金とボーナスが入ったのはいいが、エアコンで17万、結局パソコンも買ったので27万、トレッキングナビで9万、アドビのソフトで4万・・・・見事に吹っ飛んだ。

さて、6月ももう終わり。今更気づいたが今月でここのブログも9年目を迎えた。始めた当初はまだ就活中の学生で訳も分からない世の中への言いたいことだらけだったけど、いつの間にかただただ日常を語るだけの記録になっていった。
あの頃あった負のエネルギーこそが原動力で、いつもいつもいつも、「先の不安」ばかり気にしていた。それを感じなくなったのは30歳前後、いや、つい最近でもう「なるようにしかならない」と悟った(あきらめた)からなんだと思う。結局30歳になるまでというのが20代の頃の自分にとって大きなポイントだったから、過ぎたしなんだかもうどうでもいいやっ。過去の記事を読みながらよくこんなこと書いていたなって、今じゃ長文すらかけない、というかそこまでのエネルギー込めるほどのこと思う事がない。

それと数年見続けてくれる方々はいるにしても、始めた2011年当初から見続けている人なんて皆無だし、やっぱり皆辞めていく。「書くことが無くなったか」「忙しいから」なんだと思うけどSNSに皆流れていくからブログ自体がやっぱりオワコン。そう考えるとまだ続けているというのはマメなのと暇だからなのか。「現実の居場所よりネットの空間(自分だけのスペース)が居心地がよかった」その意味合いも強くて、それだから始めて今も続けているのだと思う。
毎日書こうと新年を迎えたたはずだけど結局そこまでの気力がやはりなく。でも今後日常生活に大きな不満があろうがなかろうが細々と記していくのだろうなと。。
続ける事に意味があるだなんてどうでもいいけどそうだとしたらは未来の自分へのためか。

昔やってた人、見てくれてた人が何かの拍子でふとで思い出してくれたらうれしいね。「まだやってんだこのブログ」って。皆無だろうけど。


スポンサーサイト



言いたいこと言えないこと

6月下旬に突入、ただただ早くて心が無になる。先日給付金が入った。そしてボーナスも入った。途中で入社したから満額もらえないだろうなと思いながら記帳して、通帳見てびっくり。普通に満額出てるじゃんと良い意味で期待を裏切った。ただエアコンをようやく買ったので初っ端から15万ほど吹っ飛ぶ。最近まともに貯金ができていなくてまずいなと思いつつ、本当は新しいパソコンと撮影機材ががほしい。マジで悩ましいところである。

さて、緊急事態宣言解除とともにお客さんが徐々に来場している。本格的ハイシーズンの一歩手前だが、実質もう夏だ。梅雨が明ければ忙しがしくなるのか・・・さすがに連日の疲れで体がだるい、マジで疲れた。
ただ、今日は水着のお姉さんのお尻を見れて非常にラッキーだった。やっぱりまじまじと見てしまうケツ。丁寧に言っておケツ。

仕事終わってから事務所で問題点を言い合った。忙しいのは現場だけじゃなくて事務所だって同じとのこと。両方行き来する僕もわかるけど、やはり皆かなり溜まっているようで、これからハイシーズンに突入したらどううなることやら。マンパワー不足もあるし、現場があまりにも我が強すぎてうまく立ち回れないのが原因かなと。
高齢社員が動かない以上誰が動くかと言われたら僕だ。少なくとも僕ははどっちつかずの便利屋的存在かつ、皆の見てないところで動いている。まあ、だれが見ずとも、うまく回ればいいや程度に。お客さんからもいい印象持たれているようだし、まあ頑張ろう。ただ本当は上の人間がしっかりしていればいいんだが、上があほやから・・・・

本当は言いたいこと、でも言えないこと、各々皆あると思う。僕だって言いたいことあるけど強く言えない。だから余計に負荷がかかる。耐えるしかないのか。

俺はそんなんじゃねぇ

暑い!だるい!疲れた!
仕事終わりの酒を飲んでようやくなんだか何かが満たされるように生きてる実感が沸く。土日は一番お客が来るから全精神をそこについやしているから余計に疲れる。普段の僕はきっと不愛想で無口。人当たりがよいといわれるのは根なのか自分でも演じているのか巣なのかよくわからなくなっている。

「人柄は人相に出るよな」そう思った今朝。お客さんを見て思った今朝。

すごく好きだった清野菜名が結婚してしまった。久々にきれいだと思った女優、何とも言えない魅力がある。相手が変なやろうじゃなく生田斗真だったからよかった。
「あの子は結婚しないでほしい」なんておこがましい願いだけど、そう思ってしまうのは男の嫉妬か。テレビで見ると近く感じるような、も実際ははるか遠い。
どこか遠く、会ったこともない知らない誰か。同じ空の下で生きているんだろうけれども僕の人生にはかすりもしない。皆そんなもんだよなぁ。

ぐう

日の出が早くなったせいか自然と起きる時間も早くなる。歳をとったせいとかじゃなくて本能的なものなのかなぁ。
6月、いよいよ暑さとともにじめじめとした季節がやってきた。夏本番でもないのにすでに日焼けをしており、腕を見るとすでに皮がむけかけている。こう、暑い中でマスクして接客しろというが正直短時間でも非常に苦しい。おまけに汗だくでべとべとして気持ちが悪い。11月までは熱さとの闘いか・・・急に天候が変わったせいか、疲れが一気にたまりなかなか取れない。
なるたけ日々のことを記していこうと思っていたはずだけどやっぱり特別思うことは相変わらずない。

今日は仕事でトラブルが発生し、お客からのクレーム。僕が業者の作業場所をもっと別の場所に誘導していればトラブルは防げたのではと思って後悔している。誰もそのことに対して責めはしなかったが。
ただクレームと同時に普段溜まっていることをいろいろをぶちまけてくる。まあ言う通りの事なのでぐうの音も出ず、そうだよなぁと。言われたことは真摯に受け止める。ただやり方がねちっこいんだよなぁ。
ガーっと怒鳴る人、本音は言わず誰にも何も言わない人、表では何も言わず裏でぐちぐちいう人、まったく気にしない人、いつまでもねちねちいう人まあいろんな人がいるからどれがいいんだか。