FC2ブログ

20歳の原点 あの頃

s_P10206691.jpg

あの頃の自分は何も考えていなかった。
成人の日から2週間近く経ってしまったが、あれから10年という節目。10年過ぎてふと当時のこと、そして今の事を考えてた。

20歳の自分は何を考えてどう過ごしていたのだろうか。当時もブログを書いていたのだがすでに消滅しているので、当時の日々の詳細なんてなんてわからない。覚えてる事といえば部活を辞めて以来アルバイトをしたり、フィットネスクラブに通って体を鍛えていたことくらい。
講義は相変わらずつまらなかった。実験は毎週あるしレポートに追われるし。ただ専門教科ばかりなので1回でも休んでしまうと内容が分からなくなるので簡単には休めず、そこはちゃんと真面目にやっていた。今思えばあんなひどい考察や課題を出してよく単位もらえていたなと思う。文系の連中なんてクッソ楽なんだろうなぁと思いつつ。
でもだんだんこのころから日々モヤモヤしていたと思う。
就職のことは常に意識していた。就職課の求人をたまに眺めていたが、いざ自分がどうしたいのか具体的なものは描けていなかった。電気電子と言ってかなり広範囲で就職間口分野が広い。当時具体的にどんな職があるのか細かいところまでは調べていなかったが、メーカーに行ってエンジニアになるのかなぁと漠然と思っていたと思う。ただ何となくそれも違和感を覚えていたと思う。

成人式の日の夜、、久々に会った中学の同級生と今後どうするかについて話していたときに「大学院に行こうか考えてる」といった記憶がある。「技術系の仕事をするなら大学院へ行くのが当たり前」そういった風潮であったので行くのが当たり前だと思っていた。他大へ進学していった高校の友人も同様な考えだったからたまにそんな話をしていたのだと思う。当時そこまで考えている人達は少なからず僕の周りにはいなかった思う。相変わらず皆大学生活を謳歌ているといった感じだった。
一生懸命勉強しなきゃいけないと思いつつ、具体的な目的も目標もなく、気持ちだけ先行していて、実際に手は動いていなかった。
だんだんと周囲との感覚のズレと何かやらなくちゃいけないという焦りが大きくなっていった。
続く
スポンサーサイト



夢から覚めた

今年の正月は数年ぶりに地元で迎えることになった。三島大社へ行ったり沼津港へ行ったり。せいぜい遠出したといえば、2日の日。再び東京へ行く予定であったが、店もやってないし、行っても仕方ないということで予定変更。
以前から気になっていた深海魚のアブラボウズが食べたいという事で、小田原に行ってきた。普段は通過駅の早川。小田原の漁港なんて30年生きてきて初めて知ったし初めて行った。で、電車を降りていざ漁港へ。

西京焼きとあら煮の2品でおおよそ2千円。出てきた瞬間、値段の割に量が少なかったので「これぽっちかよ!」と正直拍子抜けしてしまったのが、食べてみるとこれまた非常にうまい。魚とは思えない旨味と触感。魚というよりかは肉、鶏のもも肉に近いと言えばよいのか。火を通してこんだけうまいなら次はぜひ生で食べてみたい。なお、消化できる油なのでケツから垂れ出ることはなく・・・。

s_DSC01520.jpg

s_DSC01521.jpg

連休最終日の昨日、体調不良の傍ら、ただただ「会社に行きたくねぇ」と思っていた。世の中のどんだけの人間が同じことを思っていただろうか。「お布団の中にいたい」ただそれだけ。
そして、夢のようだった連休も終わり仕事始めの今日。憂鬱さとともに起床。が、病院に行くため遅刻してから出社した。3日ほど前から喉が痛く、さすがに市販の薬ではどうにもならず。インフルエンザだったらどうしようという多少の期待を胸に診察してもらったが、特に熱もなく、問診からも初期症状がないのでだ只の風邪と。ただ他の症状が出始めてら来てくださいとのことで「?」であったが・・・。初日から休むのも非常に気まずいし、まあ行けたから出社したという判断だけど、誰かに風邪移したら嫌だなとソワソワしている。連休明けは気持ちも非常につらい。まだまだエンジンがかかり始めるのに時間がかかりそうだ。

ああ、ここから苦難の一年を過ごすことになるのかと思えば辛いがほどほどに頑張っていこう。欲張ることをせず、小さなことから少しずつ。

半歩先を

あけましておめでてうございます。
ここ数年は元旦が出勤日で新年早々から働いていたけれども、今年は年末からの9連休。長期連休のありがたみを噛みしめつつ、連休が終わってしまうことの恐怖と戦っております。連休に入る前から連休終了後の事を考えるなんてアホみたいだよなと思ったけれども、でもやっぱり時間の流れは早くて、楽しい時間もあっという間で気づけば残り3日・・・。

さて、この日記を書くにあたって去年の日記を振り返って見たけれども、意外にもちゃんと書いてるなって感心。
そういえば1年間を振り返るにあたって、目標であった第一級陸上無線技術士は夏に取得していたことをすっかり忘れてしまっていた。資格取得の勉強は続けていきたいと思うので、今年は電検3種を取得すること。1陸技同様、今の職場では全く必要がないがやはり若いうちに取得しておきたいのだ。昨年受けてあれだけ時間があったにもかかわらず勉強せず。過去問だけやったところで本当に理解していないと太刀打ちできないので、9月の試験に向けて計画的に勉強を進めていきたい。

そして生活面ではダイエットすること(-10キロ)。貯金をすること。自分が一番わかっているが最近会う人会う人に「太ったな」と言われる。そりゃ太ったからだよ!20歳の頃から30キロも増えている。というか20代後半から一気に増えてしまった。健康診断の問診で医者から注意を受けたが、最近健康のことについてよく考える。健康前提のでいろいろなことを考えいるが、ある日突然重大な病気になってしまったらと怖くて怖くて・・・。いつまでも若くないのだから。月1キロペースで痩せていけば目標に届くだろう。筋肉をだいぶ落ちたし、ランニングは膝に負担がかかるのでまずは筋トレとサイクリングから。結果が出始めたらダイエット日記でも書いていけたらいいと思う。

昔からそうだった、欲張って大きな目標を立て過ぎていつも挫折していた。だから成功体験が少ないのである。そんな中、昨日テレビで見ていて目に留まったのが青学陸上部の原監督が言っていた「柿の木作戦。」できることの半歩先を目指す。
大きな目標を立てることも大切なのだろうが、まずは半歩先の目標を一つずつクリアしていく方法にしよう。数値化できるものは結果を出す。

Read more...