FC2ブログ

小言

気づいたらブログを移行してから7年経っていた。「あの頃の自分」というものはいつ振り返っても変わらなくて、変わっていくのは今の自分であって、その今の自分も何年かしたら「あの頃の自分」になって、その時どういう風に見えるんだろうか。
さすがに7年前だと青臭い日記ばかりだけど、見ればあー懐かしいなあなんて思う。もっと真剣に就活しておけよと言いたいけど、震災でごにょごににょ・・・・と言い訳を言いたい。
30歳になった今、ある意味節目だと思うけど、特に特別なことはなく、根底にあるものはいつまでも変わってないし、これからも変わらないし。あのころと比べたら見えている世界が変わったのだけど、たいして世界でもない。すんごく狭い世界。自分が経験してきた部分だけ。日々、大した労働をしているわけではないけど、自分の労働でお金を稼いで、奨学金返しつつも生活をしている。無職時代もあったけど、ある程度自由にお金が使えるという点でカツカツだった7年前と比べ今のほうがいいと思う。

それにしても日々溜まるストレス。2年経ってもいっこうに環境が変わらないことに対しての不満、それに人が増えたのに作業量というのは全く変わらず。上がいい加減だし、話しても無駄だなと思う時点でもう時間の問題だろうと思う。
腹が立っているので次の職場が決まる前に辞めてやろうかとも思ったけど、さすがにまた無職になるのもうきついので、やっぱり冷静にならざるをえないなぁと。適当にやりくりして、その間取れる資格は取っておく。僕がいなくとも組織はまわる。
求人も運とタイミング、そして縁だ。焦らず、でも求人が出ないと時間ばかり過ぎて焦る。こっちの方向性で、とは思っているけど具体的に焦点が定まらない自分。7年前の自分はお気楽でうらやましい。
スポンサーサイト

たぶん合格

先日受けた1陸特の試験の解答が出たので自己採点をしてみたのだが、なんとか合格していると思う。工学はいいとして法規がデッドラインギリギリ。まああとはマークシートのミスさえなければ免状ゲットという感じだろうか。
来月一陸技、そして9月に電検3種。電気・無線系の資格の取れるものは取っておきたい。今の会社では全く不要なものなのだが、いつかのために・・・・。20代のうちに取っておけば良かったと思う。でも学生時代も無職時代も思っていたが、「取得したたところで生かせる職場に就職(転職)出来なきゃ意味ないじゃん」と。宝の持ち腐れになる可能性はあるが、いつ役に立つかはわからないので、ないよりはあったほうがましというのは事実だと思う。
まあ資格があるからと言ってすぐ実務ができるわけでもなく、もっと言えば資格だけで転職でのアピールになるとは思えない(よほど人不足の会社でなければ・・・)。中途を雇うなら若い人間(新卒で)採用して取らせればいいのだからと考える企業だって少なくないんじゃないのかと。それでも資格を生かした転職を考えるなら電気・通信の工事もしくは保守系の会社だろうなぁ。まあ年齢と実務経験なしがネックだ。具体的なアピールポイントがないのだ・・・。

試験終了

いつものごとく直前まで勉強をせず、試験前々日あたりから勉強を始めあたふたするというお決まりパターン。
今日は第一級陸上特殊無線(略して一陸特)の試験の為、名古屋へと行ってきた。お決まりの中産連ビル。一体何回ここへ来たのだか・・・。
試験の手ごたえはまあまあといった感じ。出来なかったわけでないのでどうかなあと言ったところ。工学より法規のほうがあっているかが心配だ。それはいいとして来月こそ本番だ。以前から受けている上級資格の1陸技の試験がある。2科目は合格しているので多少気が楽だが、出団範囲が広い科目が残っているので面倒くさい。なんとしても7月期の試験で合格して免状を取得したいのだ。まあこれ取ったからって、転職でアピールになるかと言われたら・・どうなんだろうか。無線・通信の工事会社なら充分アピールになるだろうが、年齢もあるし実務未経験だし。仕事から帰ってきてぐったりしてしまうと勉強モードでなくなるので、辛いところだけれどもやるっきゃない。ビールはいつも通り飲むけれども。

試験が終わりせっかく名古屋へ来たのだからということは思わずそのまま帰宅。特に見るところがない悲しさ。知らないだけなのだが。やっぱり人口が多いだけあってかわいい子たちがいっぱいいる。目の保養だったけど何だか辛くなったよ。

日々相変わらず

6月に入ってじめじめとした日が続いている。これが抜ければいよいよ夏。そして繁忙期・・・。まだ夏になっていないのにすでに露出部は真っ黒に焼け焦げている。先日マックの定員さんに「よく焼けてますねぇ」と言われる始末。
日常は相変わらず。先日また社長と話をしたのだが、あれから特に話は進まず。良い事といえばボーナスが入ったことぐらいだろうか。前回のボーナス時の貯金と現在の貯金額があまり変わらない。一体何やってんだか。
明日は1陸特の試験。ギリギリまで何も勉強していなかったので今日一日追い込まれている。一体何やってんだか。

書きたいことがまとまらない苦しみ。

重ね合わせ



数日前に高校の友人の父親が亡くなったとの連絡あり、仕事でお通夜に行けなかったので今日葬式へ行ってきた。
たまに遊びに行ったときにちらっと会う程度、最後にあったの結婚式の時だったろうか。具体的にはいつか覚えてないけど僕の記憶にある姿と、棺の中にある姿はやっぱり別人。病気をしてしまうとやっぱりここまで変わってしまうものなのかと。
花入れの際、周りのすすり泣く声と、奥さんの「ごめんね」を聞いていたらなんだかこちらまで悲しくなって。子からしたら親は何処まで行っても親だけど、長年連れ添ってきたパートナーとしては子以上に特別な思いがあるだろうと思うと心痛い。その悲しみは本人しかわからない。
なんというかその光景を見ていたら自分の親父が亡くなった時のことを思い出した。正直複雑である。今でも。

帰り、、タクシーの運転手さんから「もしかして〇〇さんですか?」と。僕の苗字と目的地から判断したのだろうが、どうやら僕の親父のことを知っている様で、よく飲みに行ったときに使用していたらしい。(まあ家の近くののタクシー屋さんなので)
すで亡くなっている事も知っていたようで、こういうところにも些細な縁というものがあるのだと思った。