春を待ちわびて

「あ、あったけぇ」
4連休最終日。昼間からビールを飲み起きてらんねぇとお昼寝してたら時は夕方。買い物行こうと玄関開けたら春の訪れを感じた。

昨日一昨日と2日間東京へと行ってきた。桜が咲いてるかななんて期待してたけど訪れたところで見ることはなく、ちょっと時期が早かったか。ただどうやら新宿御苑ではもう咲いているという情報を今日知ったわけで、せっかく新宿へ立ち寄ったなら見てくればよかったと今さらになって思う。(コメダに行ってる場合じゃねぇ)
今回以前から見てくださっているブロガーの方とお会いする機会があったこと、2日目は以前からしてみたかった京王線を散策をしてきた。久しぶりにラーメン二郎で食ってきたがまた食べたくなって今ムズムズしている。

都会で生きる人、地方で生きる人。
転勤してもうすぐ1年を迎えようとしている。慣れというものは恐ろしいもので、最初あった思いも気持ちも徐々に無くなり、何も感じなくなる。たまに都会に出ないと何か忘れてしまいそうで怖い。
非日常から日常へ。また明日から仕事かと思うとため息しか出ないのだがなぁ。
スポンサーサイト

ちんぽこ

ホント時間は待ってくれないんだなと。生き急いでないのに生き急いでるようなそんな感覚。
あと1か月ちょいで29歳になってしまうわけで、19歳になるわけじゃない。そうなれるならどんだけいいことか・・・。もう10年経ってしまうのかという。マンネリ化した日々。日々溜まっていく毒。新鮮さなどどこへ行ってしまったのか。
日記を書かない間に二輪の免許とようやく玉掛けを取得した。1月に受けた1陸技は全くダメで次回7月。その前に使うかわからない電工でも取っておこうかと思ってる。
どう転ぶかわからないそれが人生か。ああしてたら・・・そう思っても今更無意味だ。人生選択の連続・・・その延長線上に今の分がいるわけで、これからもその選択をし続けなければならない。結果論で語れないけど前向いていくしかないのかね。
置かれた状況や切り札の有無は違えどあの人やこの子の人生と比べてもしょうがないのよ。生きるのは本当にだるいよ。