無事

s_ChQFSmiUgAE7OeB.jpg

あわただしい一日が終わる。写真は御前崎灯台前にて。
午前1時半過ぎに自宅を出発し、途中休憩を挟みながら7時頃には浜松市内には到着していた。途中150号をずっと通っていたつもりが途中で道を間違えてて海岸沿いの道に。気候を甘く見てたかあまりにも寒すぎてぶるぶる震えながら走っていた。完全に体も冷え切っていたし、余裕をもって移動していたこともあり時間もかなりあったので佐鳴台の極楽湯でのんびり温泉に浸かる。土曜で午前6時から営業していたのが助かった。それから不動産屋に立ち寄って12時ごろには新居のほうに到着。そっから買い出し行ったり、荷物の受け取りしたりせわしなかったわけだが。
走行距離は長かったが、予想よりかは結構あっという間だったとように感じる。給油も途中焼津で一回だけしただけで1Lぐらいしか入らなかったし。だいたい1Lで80キロは走れただろうかね。
スポンサーサイト

県縦断

仕事を午前中で引き上げ、午後から引っ越しの準備。その引っ越しも一段落し、これから仮眠をとり日付が変わった午前1~2時にはいよいよ原付きで湖西に向かって出発する。先程まで雨が降っていたのので道中雨がふらなければいいのだが。10時~11時頃無事に浜松にについていればいいだろう。ざっと160キロ以上と走行距離もさることながら、途中由比-清水間の国1バイパス、用宗-焼津間150号線の長いトンネルがかなり危ないんじゃないかと思っている。特にトンネルはおっかない。416号線が使えればよいのだが未だ通行止めらしいし、トンネル通るほか無いという。
これが最後の記事にならないようにしたいね。

西へ東へ

どうやら5月1日向こう行ってそのままかと思いきや、2日・3日そしてもう一日こっちに戻ってきて仕事しろと。ふざけるのもいい加減にしろと。
そもそもGWは忙しいことは初めからわかっていたのにもかかわらず急な異動。手続きの流れも詳しい詳細もぎりぎりになってからで、ドタバタ。そして向こうの事務所に行ったと思いきやすぐさま元の事務所に戻って働けと。だれが見たっておかしいでしょと。仕事終わったら県内西から東へ、そして東から西へ休みなく・・・。アホらしくなってきたぞ

桜を楽しむ暇もなく

あっという間に4月が過ぎてしまいました。訳も分からずただ過ぎ去ったこの一か月。桜って?春って?いったい何だったのか。

ようやく引っ越し業者から段ボールが届いたので酒飲みつつ荷造り。原付で向こうまで行くなんて危ないからよせと職場のおばさんが言うのだが引っ越屋の見積もりに入れてないし、その気でいたからもう引き返せないのですよ。逝くしかないのですよ。
昔みたいに長ったらしく文章を書くだけの気力もなく。気持ちも気力もただただしぼんでいくばかり。喪失感が半端ないです。

コロッと逝く日

コロッと逝く日を待ちわびて。
美容師の兄さんとまえけんの話からの流れで20代の時に急死した友人の話を聞かされた。2人もいるそうで本当に突然死んでしまったらしい。怖いと言えば怖いのだが。まえけんも不整脈持ちだったと言うが、僕も4年前の健康診断で不整脈があることが分かった。医者に年取ってからどうちゃらこうちゃららとおっかないこと言われた記憶がある。ずっと健康ならまだしも、年取ったら病気との戦いになるのは目に見えてているし、病にに侵され苦しみなながら生きていかねきゃならないなら今コロッと逝ってしまったほうが楽なんじゃないかと思う。長生きはしたくないし、早い内に死ねたら本望だ

テレ静おはなししましょう



自分の悩みや不安な部分はなるたけ自分の中で消化するようにはしている。が、やっぱりだれかに聞いてほしい(ってゲロ出すみたいにかぶちまけたい)と思うことだってやっぱりある。ただ精神状態にもよるが結局出てくる言葉はマイナスな言葉が多いだろう。自分で意識してなくてもなんか自然とそう出ちゃうもんでなんともしようがない。抑えないと歯止めが利かないわけで、それぐらいマイナスな思考の時はひどいんだろう。学生の頃よく友人とskypeで話すときはそんな感じだったから、友人のほうも疲れたのかたまに文句言われたのだが。今は愚痴は言ってもさすがにマイナスな言葉(重そうな話題)はなるたけ口にしないようにしている。言っても仕方ないし、相手も疲れて嫌気がさすだろうし。

話を聞くのにも寛容さが必要である。相手の気の済むまで話を聞くならなおさら。忙しい毎日でそんなに余裕のある人リアルでいないだろう。吐き出せる人(じっくり聞いてくれる人)やそういう場所がないからホントきついと思う。
今回の転勤の件はさすがに不安と気落ちが激しく毎日が憂鬱で思いのほかしんどい状態。家にいると気が滅入っている。友人に話そうかと思ったがやっぱりよした。つらいけど自分で消化する事にする。

どうでもいい

美容室に行って郵便局行って市役所に行って・・・・。他にしなければならない事まだ残っているのだろうがもうどうでもよくなっている。えらい適当だけど、もう何もかもどうでもいい。どうでもいいよ。
頭はぼーっとするし何かをする意欲も全く出てこないし来月以降の不安しか頭に無く、不安で今にも押しつぶされそうですよ。情けないけどこれが僕の今の姿。はぁ・・・
気づいたらあと2週間ぐらいで28歳になる。歳ばっかり食ってしまって中身が何もない人間です。自信がないので常におどおどしております。情けない。

命がけ

原付きだけは乗って湖西まで運ぶ予定でいる。引越し屋に持って行ってくれるよう頼めたのだが、自分で乗って行かないと電車で向こうに着いたら着いたで移動手段が全く無いし、途中で浜松の賃貸屋によらなければならない。50ccだから制約が面倒くさいし、ルート選びも非常に神経を使うしまだ決まっていない。国1一本で行ければ本来理想なのだが遠中途中に自動車専用道路があるし50cc通行可のバイパスも流れが早いので非常に危険だし。安全重視で迂回路走ったら一体何時間かかるんだろうか。恐らく行程に150キロ以上は確実。ほぼ水曜どうでしょうと同じ状態なのだが結構笑えない。ホント何やってるんだろうか・・・・。
さっさと辞めて戻ってきたい・・・・。いっその事トラックに追突され即死したほうが楽なんじゃないかと思う。

だるい

今日明日この2日間で引っ越しの準備、手続きやらやっておくべきことを消化して置かなければならない。だりぃ。賃貸も無事決まり、引っ越しの手配も何とか間に合いそうだ。とりあえずその部分に関しては一安心という所だが。
なぜ転勤が決まってからその後の詳細・手続きの流れを説明をしてくれなかったのか。社長と職場長の説明もなんだか違うし、直前になってあーだーこーだと小出しに言われ下手すりゃ何も準備出来ていない状態で向こうに行くこといなったところ。
そもそもGW中なんて忙しいのになんでこのタイミングで異動させるかな。ごたごたするだけだし、向こうに行ったって直ぐ使い物になるわけじゃないのに。本当にアホだと思う。詳しくは書けないが社内事情で一番異動させやすかった僕が犠牲になったわけですが。今回の件で相当不信感と苛立ちを感じている。そして向こうに行くことを考えるとクソ憂鬱だ

いらだち

結局自分の事は自分にしかわからないし、自分が抱えてる問題や現状なんて幾ら他人に力説した所でわかりやしない。
僕だって相手の心底んてわからない(共感してあげられるとこをはもちろんする)。抱えているモノをちゃんと消化できるキャパとメンタルがあれば良いのだが。それがなきゃ潰れていくし病んでいく人は病んで終いには自殺するまでに追い込まれる。
他人はあてにならない。そして組織なんてホントいい加減。だから何言われようが自分の身は自分で守る。自分の人生だし、「逃げ」だとか「無責任」だとか何を言われようがまずは自分を守るべき。

お酒飲んでいろいろ語っても最終的には「しょうがない」「がんばろう」と前向きな言葉で締めくくられる。「またか・・・」悲しいけど世の中それが大半だと思う。僕も残念ながらその言葉を使ってしまう。
他人があてにならないのなら行くも退くも自分の決断。僕自身もう終わったような人生だし、未来になんて期待をしていない。最終的に行き着く先が自殺でもそれはそれでいいと思ってる。結局生きるものすべて死ぬのだからそれも同じだろうと。

平手打ち

緊張感を持って生きていたのはいつまでの事だったか。ホント、いろんなことがどうでもいいやとしか思えない。布団の上で大の字になって天井をぼんやりと見つめる。「疲れたー、だりー」ただそれだけ思う。糞な人生がより一層糞になっていくのだ。
何かをすり減らして生きているのだと思うけど、最終的には全部すり減ってしまうんだろうかね。何も残らない、まあ何も残らずただ「無」に為ることこそが本望なのだがね。何でこんなにだるいんだろうかと思う。

欅坂の平手ちゃんがすごい逸材だと話題になっているようだけど、本当に14歳は思えない堂々としてるし目つきと言うか眼力がすごい。アイドルってよりか女優だよね、多分。仕事中、ふと「俺より稼いでいるんだろうな」って思ったら何やってるんだろうと悲しくなってきたぞ。
世の中には何か持ってる人たちがたくさんいるんでしょう。で、その中からチャンスを掴んだ人たちはごく一部でしょう。生き残るのも大変だろうなと思いながら。まあ僕は同じショートカットでセンターだった生駒ちゃんが好きですがね。

やってらんねえ

やってられません。
ちゃんと前もって詳しい説明やら流れやらをしていてくれればよかったのに、小出しで後から後から出してくるから、向こうに行く準備が全く進まない。借り上げ社宅の自己負担分の説明だって社長から今日急に説明されたわけで、再度賃貸の選び直し。なので未だ貸契約すら至っておらず、どうすんだよと。すごく憂鬱。もうよくわからないししやってらんない。これから夏の季節だし会社辞めて日本一周でもしてこようかなと非現実的な妄想ばかり。頭のなかには富良野・美瑛が浮かんでおります。
来年夏で引退するおっちゃんに「30歳までに(転職)本気で考えたほうがいいぞ」ちょくちょく言われる。「そうですね・・・」としか言えないのだが。異動が決まってからは「向こう行ってそのまま蒸発するかもしれません」とだけは言ってある。何人何十人辞めていった人達を見てきただろうし、会社も社長もどうしようもないし状態だし、まだ30年以上働くのだから本当にこの仕事でいいのか考えたほうがいいと。ただすでに数社辞めてるのでその都度職種も変わってるわけだし、スキルがあるかと言われたらやっぱり無い。完全なるジョブホッパー。貯金しつつ次いいところが見つかるまでは辛抱だろうが、そうしている間にまた歳だけとる。就職もま一段と厳しくなるだろうが、未だに何十年も同じ会社で働き続けるということが想像できない。

残りの人生をこんな消費の仕方していいのかなと常に思う。でも働かなきゃ生活費を得ることすら出来ないし、それでも苦痛なものはやっぱり苦痛だし・・・。早くこの苦痛に満ちた人生から解き放たれたいというのが素直な思いだ。

本音は隠す

思っていても口に出せないことが多々ある。働いている以上、利害関係が必ず発生しているから納得行かないことも甘んじて受け入れるしか無いことばかり。酒飲まないと本音が出せないってのも悲しいし、労働ってんのは嫌なもんだね。
上の人は普段言わないだけで僕以上に色々思うことも考えていることもあるだろうし、結局皆本音は隠しているのだ。言う必要もなければ言うメリットもあるかどうか(そこはわからないけど)。僕も根の部分はやっぱり隠している。まあ相手が何を考えていようが、思っていようがそんなものわからんってこと。

早速職場までリトルカブで通勤してみたが楽で仕方ない。冬場ならまだしも、これからの時期で自転車通勤なんてほんとやってらんねえよって思う。そして帰り道の出来事、歩車分離式の交差点で停止していた。ぼーっとしていたのか考え事していたのか信号が青になったことに気づくのが遅れ、アクセル回したのに発進しない。一速に入れていたつもりがニュートラルのまま。ほんの数秒の出来事だけど、後続車もいるし慌てたんだろう。そのまま一速に入れてしまい、ウイリーまで行かないもカブが暴れた。圃場に焦ったし怖かったし恥ずかしかったな・・・・。

カブ納車

本日リトルカブの納車日。エンジンが壊れたズーマーはとっておこうと思っていたけど、話し聞いていると自分では直せそうにないし、お金に変えたほうが良さそうだったので引き取ってもらうことに。1年越し、待ちに待っていたけど果たしてこれ乗れるのかと不安で不安で。スクーターと違って操作が色々面倒くさいし。
夕方、近所の信号のない道で練習をしたのだがシフトチェンジの感覚がいまいちわからずビビりまくる。とにかく怖い。初めて原付き乗った時も近所の道走るだけで相当ビビっていたのだが、まるっきり同じ。でも慣れなきゃしょうがないし、買い物も行きたかったので、もう思い切って行っちゃえと。信号とか交差点とか緊張したが、乗ってみればそれなりになんとかなる。ぎごちなかったけど何となく発進のシフトチェンジの感覚は掴めた。おもいっきりって大事なんだなあと改めて思った。ただシフトダウンはやっぱり怖くて、エンジンブレーキが強烈過ぎて非常におっかない。それとウインカーのスイッチがが今まで左側にあったのだがリトルカブは右側にある。なのでスロットルレバー握りながらの操作がやりづらい。足にも気を取られているので戻すのが遅くなるし。あとは何速に入れたのかわからなくなってテンパること。まあ全ては慣れだ。乗り心地は非常にいいのでちゃんとメンテナンスしながら大事に乗って行きたい。
それとカブは非常に盗まれやすいとのこと(転売目的のために)。プロの窃盗団に狙われたらどうしようもないのだけど、出来る限りの対策はしておきたい。先日の自転車のライトの件もあるし、悪い事する人間は必ず存在するので結構敏感になっているが。もし盗まれたら大ショックだよほんと・・・

納車して一通り説明が終わってからおっちゃんと世間話をしていたのだが気づいたら1時間以上話していたようで。非常に聞き上手というか話しやすいと言われた。意識はしてなくても相手からはそう見えるのかなあと。「(自分の)話をするのはあまり好きではない」とは言っておいたたのだが単純に相手との相性もあるし、お互い喋るのが苦手同士だと僕もやっぱり駄目なんだけどね。ホント相手次第。おっちゃんはどちらかと言えば喋るタイプなようで、でも物腰も雰囲気も柔らかかったので非常に話しやすかったということもある。無理に話そうと思ってもやっぱり苦手なものは苦手だし、やっぱり聞き手上手を目指すべきだなと思った。

本日強風

なんとか日曜に休みが取れたので友人と山登りに行く予定でいたのにこの悪天候。非常に残念である。代わりに飯にいこうと言うことで昼に焼肉を食べてきた。気づいたら3時間近く居座ったようでこの天気の影響もあってか周りの客は誰もいなくなっていたけど。月末、どうやら皆で集まってキャンプをするとのこと。キャンプかぁ・・・・休みが合わないし、ただただ「いいなあ」と思うばかり。

悲しくなってきた

買い物終わって自転車置き場に戻ってくるとなにか違うことに気づく。「やられた!」どうやらヘッドライトをブラケットごと盗まれてしまったようで・・・。テールライトは無事だった。以前は一々外して持ち歩いていたけど「短時間だし良いか!」と付けっぱなしにしておいたのが駄目。考え大甘だった。キャットアイのあのライト高かったのに・・・・。盗んだやつもわかって盗んだんだろう。自分の詰めの甘さとはいえど、堂々と盗んでいったヤツのことを考えるだけで腹立たしく、腸煮えくり返りそうだ。

さて、今月も残す所半分を切った。ようやく家賃上限がわかったので、休み明け前までに家を探さないと間に合わない。ってか話は急だし、何もかもが遅すぎるんだよほんと。見に行くだけの金がもったいないし内部写真だけで決めるしかない。社長がレオパレスをやたら進めて来るのだが、評判良くないし絶対に住みたくない。家具家電が付いているからって言うが、ようは引っ越し費用をケチりたいんだろう。
それとネックだった会社までの距離。「恐らく遠すぎるとあの社長だから良いとは言わないと思う」そんなこと言われたが、まあ確かにそんな感じがしそう。自分が好きで田舎に行くなら良いけど、行けって言われていくわけだし。やっぱりなにもない所に住むのはきついから都市部に近いエリアに住みたいわけで。原付き通勤はだるいがそれしか移動手段ないし・・・。浜松に住めば20キロ近くと遠い。豊橋なら10キロ弱、それなら別に問題無いだろう。もっと近い所に住めって言われてもなぁ。職場の人も業者の人も「駄々こねとけ」って言うが、なんか言われたら本当にそうしようと思う。
もう内部事情を聞いてればやっぱり騙されたんじゃね?としか思えなくなってきな。「ハイハイ」言ってるだけじゃ都合のいいように使われるだけだし、拒否ってクビになるならそれでいいよ。いっそそっちの方が楽だと思う。もうやだ・・・・だるい

夢が故に夢

一番落ち着く時間。それは家に帰って酒を飲んでいる時でもなく会社から出た直後。海に沈む夕日を眺めながらほっとする。今日一日終わったんだなと。

夢に久しぶりに昔好きだった女の子が夢に出てきた。すごい楽しかった。何でかわからないけど楽しかった。夢だとわかればすごい悲しいね。今頃どうしてるのか全く知らんけど元気でやってるだろうか。結婚はしていないで欲しいけど。

不安が

不安が不安を生む。
不安が不安を生む。
不安が不安を生む。

そしてまた産まれた不安がまた不安を生み、途切れること無く続く。キリがねぇ、まさに負のスパイラル。
今日職場の人にも異動の件が発表された。当初思っていた反応とは違って、皆心配してくれたようで。それと会社に対しての不満も。先日僕に伝えられた事はあくまで表の理由で、向こうの現職場事情も聞けば今回の件、きっと裏の理由があるだろう・・・。嗚呼不安になってきたぞ・・・・・

購入

交差点の歩道渡ってたら勢い良く曲がってきた車に危うく引かれそうになった。ホント、どういう神経しているんだろうか。僕も考え事していてぼーっとしたから渡り終えた後に、「もしかして赤信号だったか?歩車分離式だったか?」て思ったけど、やっぱりそんなこともなく青信号。いっその事そのままぶつかってやればよかったと思う。

さて、また今日もバイク屋へと行って来た。昨日いなかったおっちゃんが対応してくれて、「前にズーマーが壊れてどうちゃら・・・」と言ったら丁度1年前に原付き購入の相談をしていたのを思い出したようで。結局悩んだ末にリトルカブを買うことにした。1年前だったら限定カラーが合ったけど全部売り切れてしまったらしく「あれ人気だったんだよ」と。惜しいなぁ。リトルカブ自体人気らしく、中古もそんなに値が下がらないとのことらしい。まあ納車が楽しみだ。

カブ

何処に住もうか悩んでいるのだが、会社が僻地にあるせいで近くに住もうと思ってもお店が何もない。栄えているというか店がまとまったエリアを探そうと思えばだいぶ遠くなるし、浜松より豊橋まで足を伸ばしたほうが距離的に近いんじゃないのかと思ったり。すごい中途半端だなあ。いずれにせよ交通手段の確保は必須なようで、原付き通勤を考えてみたけどざっと計算しても片道20キロ近く。これ絶対に辛いよなあと思うけど、ど田舎に住みたくないし。

そして昼からバイク屋に行ってきた。燃費の良さと耐久性を考えてカブに興味があったのでとりあえず在庫だけ確認してもらった。時間もないし即断しようかと思っていたけどでも実際どんなもんかわからないし「乗ってみます?」ってことでスーパーカブとリトルカブを試運転させてもらうことに。生まれて初めてカブに乗ってみたけど「お?んん・・・お?」と言った感じでシフトチェンジに戸惑う。メーターもNしかないから自分が今何速入れたのかわかんね。今までスクーターに乗っていただけあって何も考えずスロットル回せば良かったのでスクーターのほうがやっぱり楽だ。こっちは面倒臭いっちゃ面倒くさいが多分これが良さの一つでもあるのだろうし、まあ要は慣れだな。
スーパーカブは思ったよりも大きいし、ひと回り小さくデザイン的にもリトルカブだろう。お値段と運転の楽さで言えばスクーターも魅力だが。悩む。


だるい

承認欲求や自己顕示欲。認められたい、自分の存在を示したい。欲求は欲求としてもそれらがが強すぎる人は面倒くさいし極力関わりたくないのである。だってだるいし。
人が集まる所に行けば、こんなにアホみたいに人がいる中で自分の存在ってなんだろうなって昔はよく気落ちしていた。だけど今は別にどうでもいい。満たされない部分は今も昔もあるというのは事実だが、それ抱えて生きて行くしか無いのだと思う。人間何十億もいるのだからそれを考えれば別に存在自体価値なんてものはないのだと。

生きてるからこそ、産まれたからには何かしらの使命や目的があるはずだと考える人はいるだろうけど、やっぱりそんなもの無いと思う。親がセックスしてたまたま生まれてきたってだけの話で、数十億分の一の確率ならそれはそれでで奇跡なのかもしれない。けど生まれてきたことそのものに意味なんて無いと思う。この世の全ての物、僕が生まれてきた理由なんて世界中何処探しまわったって無い。それでも意味を探すも求めるも、ストーリーを持たせるのもはどうぞご自由にだろう。
生きる目的だってない。目的だけで生きてるわけではないのだし今僕が生きてるのは本能としてだけで、今直ぐ死ねって言われても死ねないし。そもそも意味や目的なんぞ存在自体しないし、求めるなんて愚の骨頂だ。

人の為に生きたい、誰かのために生きたい、他人から認められたい、注目されたい、正直どうでもいいかな。結局自分がそうしたきゃそう生きればいいじゃんって為るのね。自分の為に生きたい、じゃあそうすればいいじゃんってやっぱり為る。他人がどう生きようが僕には関係ないし逆もしかり。まあ、自分の置かれてる立場・環境、そして能力を見つつ、その中で自分に素直になるのが一番だよなと。だるい。



5月

改めて社長から異動に関しての正式な話を聞かされた。やっぱり5月からだった。とりあえず引っ越し費用やら新居の契約に関してはお金の心配入らないようなのでホッとしたのだが(個人負担だったらやってらんねぇよ)でもなぁ、5月ってもうすぐだし急すぎて忙しない。それにまだ秘密事項なので周りの人は言っていないわけで。どういう反応示すんだろうか。
どんな場所かは2ヶ月前に行ったのでだいたいわかるし、向こうの人にも挨拶はしてあるけどやっぱり新しい環境だし不安は不安。超不安ですよ。知ってる人だって友達だって誰も居ないわけだし、首都圏ならなんとなくわかるけど西側の土地勘なんてわからんよ。
それと引っ越しにあたって問題としてまた家が空き家になってしまうこと。そして先日倒れた婆さんの事、施設にいるじいさんの事も心配だ。今の家の電気ガス水道は契約しておくべきか、とえておくべきかも悩むし。
移動手段も車を持つだけの余裕もないし、かと言って無きゃないで非常に困るのでスーパーカブかリトルカブ買おうと思ってます。
何処に住もうか下調べしないと。

急話

どうやら浜松方面に転勤することになりそう。呼ばれた時になんとなく予感はしていたのだが、急に言われてポカーン。一様技術研修という名目だそうで、期間は2年ぐらい?。明日か明後日あたり社長から改めて正式な話があると言われたけど来月からなんて言われて「ふぁ?」だよ。面接の時にもう一つの事業所に転勤の可能性はあるとは言われてたけどまさかこのタイミング?って・・・。
会社としても知識を吸収して欲しいということ、入社して間もないしまだ独身だからということもあるのだろう。それに加え、今の事業所の職場長が辞めたので社内がゴタゴタしているということもあって・・・もうよくわかんね。
まあ確かに今いる人数であれもやってこれもやって状態だからせわしない。自分でも「あれ、何か違くねぇ?」と感じる次第で。専業なら良いが今のとこは単純作業ばかりでメカニックの事を学ぶ機会が殆ど無い。業者のおっちゃんにも「ここにいても学べないぞ」と言われる次第で。修行だと思えば別に自分のためになるので良いのだが、今いる現場の反応はどうなんだろうかとそれは心配。当然新しい環境に行くのでそれも心配。床上操作式クレーンじゃなくクレーン・デリックをわざわざ取らせたのも、最初から予定通りだったんだろうな。

まあ、不安だねぇえ。

救いを求める

家に帰ってきてシャワーを浴びて一息。飯を食っていざ勉強すると眠くなる。仕方なく仮眠取ろうとすれば携帯のアラームも全く耳に入らず、目が覚めれば「ん!?」と。毎日酒(ビール)飲まないと落ち着かないというかリラックス出来ないのでそこも辛い所。なら朝早く起きて勉強すればいいって話か。


日常生活でいいことなんてめったに起きないし、働いていても良かったと思えることなんてめったに無い。まあ毎度いいことが起きてたらそれはそれで味気ないし、無ければないで虚しさしかない。憂鬱な日が多い中で1日何事も無く無事終わること、それでいいと思えたら良しか。
久々にALIVEを聞いたが、なぜこんなにも歌詞が素直に入ってくるのか、まさに今の気持ちを代弁してくれてんじゃないかと思ったり。このダークな感じがたまらなくいい。現実は現実として受け止めなきゃいけないけどそれだけじゃ心が乾いちゃうから、辛いけどこかで割り切ることが必要なのだろう。多少でも前向きに生きようと思える日が増えてくれれば良いと思うがね。
しっかし鬱っぽいような終始暗いメロディーなのに、最後救われるというのか気持ちがすっきりするのはなぜだろう。ちょっと暗い感じの90年年代後半~2000年代前半の曲はたまらないですね。

やっぱり虚しさ

一陸技の勉強しようと過去問眺めてみたのだがやっぱり全くわからん。電気全般の基礎知識も数学すら忘れてしまっているという状況。そうだが時間との戦いだから過去問見ながら知識を肉付けしていくしか無いんだろうな。参考書最初から低エニに見てたら時間がいくらあっても足りん。数式ばっかりで嫌になるな全く。。。昼から映画見て眠くなったからお昼寝して。外は雨だし外に行く気力も沸かず、行く場所もなくダラっとした。天井眺めてぼんやりする。何やってたんだろうか。

ぽつんと家の中で一人で過ごす。寂しいかと言われたら別に寂しくはない。人嫌いだから心の安定を図るためにも、なるたけ一人の時間を取る事が大事な事だと考えている。気の許せる人以外と接するのは正直だるすぎて気がすり減る。人が多いところは嫌いだし、多くの人と関わらなければならない空間も状況も気が落ち着かないので勘弁だ。気持ちが比較的フラットでいられるのも人が多くない地元、そして職場にいるからだろうか。人との関わりは大事なことは承知だが、色んな人と関わりすぎると動揺するというか、余計なこと考えすぎて劣等感抱えてまた不安定に為るだけだろう。だから無駄に人間関係を増やしたくない。学生じゃあるまいし損得勘定なしの付き合いだなんてそんなのもう無理だろうし、新しい人間関係だって昔の友人達のような今更深い関係になんてなるわけないんだし。

寂しさって一時的なものだと思っているけど違うものなのかな。ここのところ続いているもやもや感、寂しさとはなにか違う。
虚しさ、そう虚しさだと思う。やっぱり寂しさは一時的な感情だ。そんなもの気持ちの持ちようで克服できるけど、虚しさばかりは心が満たされないかぎりずっとそのままだ。自分でもどうすればいいか分からない。楽しいこと考えて紛らわすしか無いけど、それも結局一時的な効果しか無くて、ふとした瞬間にまた同じ事思って苦しむんだろうな。そんなことの繰り返し、人生が長すぎる・・・。

期待はしない

ふと高校時代のアルバムを見た。そういえばこんな奴いたな懐かしく思いつつ、ホント男だらけで苦笑してしまった。今皆どのように生きているんだろうか。
新年度になったからって特に何が変わるわけでもなく、何度も言うように新鮮味など全くない。ひたすら日々を消化中。後一ヶ月弱で28歳になってしまうのですよ。三十路にまた一歩近づく悲しさ半分、どうでもいいかなと思う気持ち半分。
何するにも新鮮に感じたあの頃にどうにか戻ないものかと願ってみたり。自分が経験できなかったこと、満たされない部分を物語の世界に浸って補う。でないと悲しくなってくるから。
こうやって1ヶ月・・・1年が終わって来年も同じ事言ってんだろう。

まあこのまま終わってほしくないなあと思いつつ、でもこのまま終わってもいいなあと思いつつ・・・・