クソみてぇ

クソ見てぇな言葉は何の役にも立たないから最終的に信じられるのは自分だけで。それをいかに理解するかしないか。
突き詰めていけば信じれるものは常に己自身であり、他人なんかに頼れない。だから他人に依存したくない、依存もされたくない。
指針すらすぐに見失ってしまいがちなこんな世の中だから、自分を強く持っていなきゃいけない。
でも頭でわかっているけど、人間言うほどそんな強くないよ?だからみんな迷う。苦しんで必死でもがく。答えなんてすぐに見つからないのは僕も君も同じさ。生きて行くのは大変だな。
スポンサーサイト

夢でもしあえたら


新品のカブを買ったのに早速壊れた夢を見た。新車なのにどうしようもない。
気づいたらドSないこか様にベランダに放置さていた。鍵はかかってなかったし、でもなんだかんだ絡んでくれたし只のツンデレだったと思う。

いつまで続くかゲスな流出。そしてゲスな文春。やってることは確かにゲスすぎるけど別に自分達一般人に関係ないんだからそこまで熱心に叩く意味もわからん。所詮マスコミに踊らさらてるだけよ、それは。気づけ。
彼(ら)の音楽は好きだからまあこれからも頑張って欲しいと切に願ってるが、メンバーに迷惑かけないで欲しいと思う。

せめて夢のなかだけは楽しませて欲しい。

クソ社会

救世主を願ったってそんなもんなものは現れやしない。
クソ社会。大手インフラでもない限り一流企業に勤めてたって解雇されるときは解雇される時代。会社は潰れやしないが傾いた時に即リストラはされる可能性が大きくなっている。とは言っても中小零細よりかはまだましでしょう。素晴らしい人材だって有り余っているだろうし。それ以外、もともと危うい結婚すら更に危うい。それは個人次第なのか?
僕はバブル弾ける前に産まれたけど当然バブルなんて知らないし、冗談抜きでジジイババアばかりになり活力が失われる国。それは確定路線、そんな時代を生きている。ジジジババアばかり増えて若い人たちが少ない社会って考えただけでもゾッとしないのか。地方は顕著過ぎてヤバさ倍増、それに少子化対策なんてもう遅すぎて何やっても無意味。その上、元々不利な状況にいるのにそれすら自己責任にされる。

子供産んで貧困になる。貧しくなるとわかっているなら産むべきではない。それはたしかに事実だと。
シングルマザーになってどうのこうの・・・。離婚するのはそれぞれ理由があるでしょう。死別。結婚生活の理想と現実のギャップ、経済苦、暴力、夫との関係悪化。中には何も考えず、避妊もせず、子供を産んだはいいがうまくいかない結婚生活に嫌気がさし離婚、結果シングルマザーに。若さゆえ頭がまわらない頭の弱い子達もいるのも事実ですし仕方はないかもしれませんが、それは自分達が取った選択の上での結果なので誰のせいにも出来ない。親がいくらバカでどうしようもなくても、でも産まれた子供には罪はありません。親を選べない子供は自分の生まれ育った環境を「自己責任」とでも上流階級の人間に鼻で笑われるのでしょうか。
それと、子を産んでリスクを背負うのは女性だとしたら誰がこんな時代に結婚して子供を産むでしょうか。「子供を生むのは自己責任」。確かに産む産まないは選択が出来る以上は理論的にそうだが、個人に責任をなすりつける社会ってやっぱおかしいじゃないのかと思う。
せめて安心して子育て出来るくらいの余裕が無いと結婚する人間だって減っていきますよ。綺麗事だとはわかっているけど、でもおかしくないのだろうか。僕がいくら嘆いても便所の落書きにすらならないのだろう。そんな時代を生きてる。
理想を言ったって仕方ないのならもう社会がどうなろうが、自分の身を守る事に徹するよ。やっぱりクソ社会だと思わないのだろうか。

乙杯

時間は待ってはくれないから
ジジイになるその前に、ババアになるその前に、
やっておきたいこと。それ、なんだろか。
ぱっとは浮かばないから
だからぼんやり過ごして今日が終わって朝にになる。

愛情知らず27年
ちんぽ使わず27年
まだ見ぬ大陸目指し今日も枕を濡らし夢見る。

女性ばかりdisられてるけどさ、男だって同じよ?
どちらにせよ若さには賞味期限があるのよ。気づいて嘆いた時にはもう遅い
そうなる前に手を打たないと。でもどうすりゃいいのよ!

我らのマッツ

どうやら義兄もインフルエンザらしい。型が違うのでぼくがうつしたわけではないのだが、今朝になって姉も体調が悪そうだったが感染者続出か。ようやく明日から職場復帰することになったてインフルはもう治っただろうが、まだ咳は出る。一日雨らしいので体冷えるだろうな・・・。

さて東京へ行っている間、食事はほとんど松屋で済ませていたのだが、はじめて「プレミアム牛めし」というものを口にした。ってか行く先々それしか選択肢がなく、後から知ったけど普通のやつとプレミアムは併売してないそうだ。食べてみての感想は「うまい」。なんていうか普通の牛丼とは明らかに味が全然違う。使ってる肉も違うのだろうけどタレがなんだかすき焼きのタレっぽくて「牛丼」というより「すきやき」を食べてる感じだった。半熟卵乗っけてると美味しさマシ。並盛り380円、この価格であの味、そしてすぐ出てくるってすごいなと改めて思うのでした。

息苦しい

昨夜、起きたらまた寝汗がびっちょ。衣服のみならず布団まで結構濡れていたので相当な量の汗だったようで。そして明け方にまた目を覚ましたら寝汗で衣服が濡れてる。寒い中着替えをするはめに。
今朝はどうやら熱が下がったようで、昨日までの様な悪寒や倦怠感も無くぼんやりと過ごす。ただじっとしているときはいいが、少し動くと直ぐ息が上がってしまうというか呼吸が苦しい。そういえば診断書に「急性気管支炎」とも書いてあったけど、このせいなのか。苦しい。当たり前だけど何よりも健康が一番だ。

インフル

朝起きると相変わらずの悪寒と倦怠感。夜中は熱のせいか相当汗をかいていたようで。流石に外は風強くて寒いのでこんな状態で外での作業は辛いし会社をお休み。朝から病院へ行って来たのだがどうやらインフルエンザとのこと。中学生以来なんだけどまさか今感染しちゃったかという。カプセルホテルと東京の人混みが実に良くなかった。健康診断時にオプションで予防接種受けていたら違っただろうかね。まあ食欲は普通にあるし、高熱は出ていないのでそこまでひどい状態ではないと思っている。
今日から5日間の安静。明日は休みだからまだいいのだが、それから3日間程は会社を休まねばならない。月末だというのに迷惑かけてしまうけど。
それよりも昨日出勤してしまったが職場で感染してないかが一番の心配だ。小さな職場なのに全滅したらどうすればいいんだろうか。とりあえず無事を祈ろう。

システムの限界

カプセルホテルで喉をやられてから完全に風邪を引いてしまったようだ。のどが痛いし、痰は出るし、体はだるいし。体が菌と戦ってくれてるので頑張れと応援するしか無い。

夜、町内会の会合に行って来た。全体の会合ではなく今いる組の来年度の役員決めである。来月で姉夫婦(現在組長)が新居に移るのでいなくなったら僕がこの家に一人で住むことになる。正直町内会なんて入りたくはないのだがまあ入らざるをえないような状況だ。若い世代は町内会なんて古臭いシステムを毛嫌いしているのではないか。「面倒くさい」と。事実そうである。とりあえず義兄とともに僕も参加することに。
いろいろ聞いていたが、現在のシステムに限界を感じざるを得ない。世帯数は減ってるは高齢化するわ、若者(子供)はほとんどいないわ。
組長含め4つの役職。組長は回覧板の順番通りでローテーションしているのだが老人の番に回ってくると「ちょっと出来ない」という人もいる。他の役員もローテーションの仕方が違ったり、そもそも今までローテーションじゃなく「誰かやってくれませんか?」というふうに決めてきたのもある。今年役員をやったのに次の年度もまた違う役員が回ってきたりとせわしなかったり。現役世代なら仕事の都合だってあるわけだし、土日休みとは限らないし。僕だって平日休みなので土日祝に休めない。それに独身だし。かと言って年金世代に任せてればそれはそれで負担がかかってしまうし。しっくりくるような丁度良いポイントというものがなさすぎて難しのである。すでに町内自体、ってか住んでるエリア自体高齢化が著ししい。高齢者は動けない。若者は動ける。だが若い人間がほぼいないのだから数年後、十数年後、数十年後に誰が割りを食うのは目に見えてる。少ない人数の中でローテーションも早くなるし、現在だって一部の人に負担がかかっているし。
だからぼくは思うのだが、そこまでして町内会というシステム自体を果たして維持すべきなのかという疑問。一部の人間に負担がかかる状況がずっと続くはずなんて無い。これから人がいなくなってるのも目に見えてるので今あるシステム自体ほぼ破綻しているようなもんだ。
「果たしてこれやる必要あるんだろうか?」話の中でも出てきたが、おそらくそう感じてるひとがほとんどじゃないのかと。けど他の組との兼ね合いもあるので中々思っていても言い出せないだろうし。もう昔のような体制を維持できない。維持するならば出来るところから改革をスべきだし、一部の人に負担が掛からないような仕組みを考えるべきである。そして出来ないものは出来ないと素直に認めきっぱり辞める勇気も必要なのではないのかと僕は思う。
生きて行くだけで大変のに余計なこと抱えて暮らしたくないでしょう。

東京ぶらり4

3日目、風邪を引いたのか体がだるい。一旦東京駅に戻って昼前から新宿御苑に行く。酒の持ち込みはダメだけど弁当の持ち込みは良かったんだなぁここは。正直これと言って見るものはないかったけれども兎に角広い。「言の葉の庭」でユキノとタカオが出会ったベンチはどこか探してたけど先客がいたようなので遠くから眺めるだけ。ビル群と自然の対比がまたいいのだが、なにせ冬だから殺風景過ぎる。もっと暖かくなった時期にお弁当持って行って芝生でゴロンとすれば最高なのかもしれない。

s_IMG_5697.jpg

s_IMG_0415.jpg

s_IMG_0419.jpg

やけに高いビルが目立っていたが どうやらドコモのビルだそうで、一企業がこんな無駄に高いビルを建てるとかどんだけの財力があるんだよと。実に恐ろしい。半田健人が高層ビルマニアだけど確かに気持ちがわかるしホント高層ビル眺めてるだけでワクワクするね。

下調べしてなかったので新宿のラーメン二郎を適当に探すついでに歌舞伎町のさくら通りを歩いてみる。昼間だがちょっとやばい香りが漂っているのは僕の気のせいだったのか。流石に深夜は危なそう。後で分かったが道の突き当りを左に行けば二郎があったのに右に曲がったようで、そっちは抗争が多発していた風林会館方面でした。
その後百貨店巡りしてから東京駅に戻ってバスで地元に帰る。人が多いとホント心身ともに疲弊するが、地元に戻ってくるとやっぱ人が全然いないなと寂しく思う。流石に重い荷物背負って3日間も歩きまわっていたので相当疲労が溜まってる。日帰りかせめて1泊2日が妥当かなと。カプセルホテルも空調の影響なのか、空気があまりにも乾燥しすぎていて喉やられた。それさえどうにかすれば特に利用する分には問題はなかった。普通のビジホは高いし。来月か再来月、高速バスが安くなるしお財布を見て今度は京王沿線を散策してみようと思う。

東京ぶらり3

2日目は東急沿線をぶらり。660円で一日乗り放題だから東急は羽振りが良いよ。
まず向かったのは旗の台。実に2年弱ぶりで非常に懐かしかった。本屋が潰れてコンビニになったり、荏原町駅の方まで行くとの工事前だった駅前ビルがだいぶ出来きあがったりと多少変わってるけどやっぱり町はそのままで。
夕方また旗の台に戻り、銭湯へ行く。コインランドリーで地元のおじさんとしゃべくってたのだが、やっぱり住みやすいところだということで合致する。交通の便が良いのでお金と仕事があればまた住んでみたいけど、無理だしもうそんな機会ないだろう。

s_IMG_5676.jpg

s_IMG_5675.jpg

s_IMG_5670.jpg


その後酒とつまみを買って横浜の港北にある大倉山公園の方へと行く。
s_IMG_5678.jpg

s_IMG_5684.jpg

梅が有名で以前から行きたかったのだが、まだ時期が早いので何もなかった。どうやら本当に行きたかったのは見晴らしの丘公園だったようで、でも行くのがだるいのでそのまま戻って上野毛の二郎、二子玉川、駒沢オリンピック公園へと。競技場だけに想像以上に広かった。ただひたすら敷地内を歩いて回っただけだけど近所にこんなところがあったらいいなと。それとロフトで久々に便箋を買った。そういえば文通してたけど書こう書こうと思って丁度1年位たってしまったな。久しぶりに送ったら返事来るだろうかね。
s_IMG_0413.jpg

ひたすら歩いてるだけで特に何をするわけではないけど流石に一日中そんなことやってると疲れるし飽きるな。徒歩だと移動できる範囲がせいぜい駅前半径数キロ程度だからかったるい。まあぶらりってそんなもんだよね。

東京ぶらり2

いい気分で池袋に向かう。初めて駅の外に出たけど人多いし栄えた街なんだなあとつくづく思う。目的のサンシャイン60へ行くのだが想像以上に大きすぎて唖然とする。なんか風格があまりにも違いすぎる。残念な事に展望台が一時閉鎖されてるとのことで行けなかったのが残念。数年前にそこから高校生が飛び降りたらしいのだがどんな景色か見てみたかった。行けないとわかればさっさと戻り、クラフトビールの品ぞろえが良いとことで東武と西部百貨店の酒コーナーを探検。

秋葉原をちょこっと見た後、初日最終目的地の浅草へと行く。ロック座の場所を確認してから周辺をぶらぶら。ホッピー通りでもつ煮込み食べたかったけどまだ16時前なのに人多すぎて断念。浅草寺も相変わらず人が一杯でだるい。秋葉原もそうだけど中国高韓国だかの観光客が異常に多かった。彼ら見初日てると日本に悪いイメージは持っていないだろうねきっと。
時間が来るまで以前から行ってみたかっアサヒビールの旧23番地カフェに行ってまたビールを飲む。つまみがもうまかった。

s_IMG_5656.jpg

s_IMG_5665.jpg
いつ見てもウンコにしか見えない

s_IMG_5669.jpg

s_IMG_0410.jpg

時間が来たのでロック座へと行く。オジサンやサラリーマンが多いのだが中には女性も見に来ていた。結論から言うと見てよかった。思わず2回分見てしまった。
「え、こんな子達が目の前で脱いじゃうの?」って思うほど綺麗(可愛い)でびっくりした。写真で見るより全然可愛いし、しかもスタイルも良い。おっぱいもだけでなくあそこも丸見え状態だけど何と言うか「エロい」けどいやらししいエロさではなくむしろ「美しい」エロさ。ストリップって言うと過激なイメージがあったがそんな事は無く、普通のダンスもあるしむしろ健全に見えた。僕が見たこの1月の公演がたまたまそうだったのかもしれないけど。たまに目が合うとドキッとしちゃうけど、冷静にショーとして楽しむ自分と「ほんの数m先に裸の女性がぁ!」と少年様なエロ目線の自分がいる。
それと現役AV女優とのことで踊ってる時のあの真剣さと、仕事とはいえど「この子たちがあんあんことやこんなことを・・・・」というギャップを考えるとまたエロい。中学生並の感想だけど。もう一つ言えばおっぱいは大きさではなくて形と乳首の色が大事だと改めて思いました。皆本当に綺麗だった。

やはり女体というのは美しいと思う。僕はなんてもったいない生き方をしてるんだろうと改めて思うのです。

東京ぶらり1

カプセルホテル熱くて狭くてきついな・・・・と思いつつ朝起きてみたら意外と快適だった。
観光というより只の散歩か。街中をプラプラするのもいいけど生活が感じられる所(生活圏)をぷらぷらするほうが性に合ってるのかもしれない。人が多いと疲れるし。で、一日何やっていたかといえば朝から夕方まで丸一日ビール飲み歩いてた。残念だったのがサンシャイン60の展望台に行けなかったことだな。

初日。東京駅出発で最初に目黒へ。けれど降りたはいいが、特に目的が無かったのでプラプラと歩く。とりあえずどんな感じのとこなのか雰囲気だけでも感じられれば本来はそれで十分だ。地図眺めるのが好きだけど実際どんな道なのか気になるし。せっかく来たし、中学生の頃鉄腕ダッシュの100人刑事見てから気になってた目黒不動尊に行き、林試の森公園で糞寒い中ビール片手につまみ。やっぱり公園はのんびり出来て良い。公園巡りもいいいなと思うけどいかせん寒いし。

s_IMG_5647.jpg

s_IMG_5644.jpg

s_IMG_5637.jpg

次に恵比須へ行く。なんかシャレオツなところというイメージが先行してるのであまり好きになれないけどやっぱガーデンプレイスとかシャレオツだった。僕のような田舎者には肌が合わない。で、目的のヱビスビール記念館へ行ってビールを飲む。思ったよりこじんまりしてたけどこういう場所はビール好きにはたまらないと思う。一杯400円位だし易くてこんなに上手いエビスが飲めるので最高である。

s_IMG_0408.jpg

s_IMG_0409.jpg

s_IMG_5650.jpg

s_IMG_5651.jpg



寒い

寒いしだるい。天気も悪いし今日も買い物以外ほぼ家に閉じこもってだらける。最近やたらとテレフォン人生相談を聞いているのだが、中々ヘビーでまあなんとも言えない気持ちになってくる。結婚=幸せなんて少女漫画レベルの妄想が一気に吹っ飛ぶよ。離婚、浮気、不貞行為問題は特に。子どもやお金のトラブルも結構切実な感じで。中にはこいつ「アホかっ!」と思わず突っ込んでしまう相談者やもはやキチガイレベルの相談者もいるのだがどうやったら人間ああなるのか教えていただきたいですね。
しかし先生たちの洞察力はすごいなと思う。どうやったらあんな鋭く的を得た回答が出来るのだろうか、僕は一生辿りつけないだろう。

さて、明日から2、3日都内をぶらぶら散歩してくる。今更ながら東京のビジホってやっぱり高い。どこもかしこも高すぎるんだよ。低予算だし、宿泊代金に金かけても仕方ないので仕方なくカプセルホテル泊り。初体験なのでどんなもんかワクワクしている。とりあえず交通機関が麻痺していなければいいんだけど、明日はどうやら強風でなおかつ寒いらしいのでとても散歩するような陽気じゃないのね。
ストリップ劇場ってどんな感じか最近とても気になっているので浅草ロック座に潜入してみたいと思います。いやらしいと言うより純粋にショーを楽しむ感覚で見れたら良いなと。と言いながらやっぱりおっぱいが楽しみ

疲れた

今日はイベントだったのでお手伝いとして一日中動きまわって疲れた。まあ無事終ったからホッとしてる。余り物もらえるからそこは良いんだけどねぇ・・・。明日からまた5連休です。ひゃっほぉ。

連休明けから会社の人に太ったと言われる。今日も「○○さん、やっぱ顔丸くなった?」と。先日髪の毛の切ったせいで余計輪郭が際立つ。毎日体重記録してるが連休中に体たらくな生活してたので一気に増えた。そして腹回りの肉も。まあ仕方ないといえば仕方ない。自分自身が一番良くわかってる。
痩せるにはどうしたら良いですか?って「食わずに運動しろ」というシンプルなことしか言えないのですが、シンプルが故に非常に難しい。根性でしかどうにもならないっていうかなんというか。食事制限+筋トレ+有酸素。これずっと続けてれば自然癒せると思うのですが継続するのがやはり大変で。頭ではわかっているけど、やっぱり継続するのは大変で。継続は力なりって勉強とダイエットぐらいですかね。強制的というか完全に生活の中に組み込まないと続かない。やらないと逆にムズズムズするというか気持ち悪くなってくるぐらいにならないとダメだと思う。まあ今の時期寒いから動きたくないんだよなぁ。
最近峯岸のライザップの動画を見たがあれはすごい。素直にエロいなあと思ってしまったのですが、まあダイエット成功してもそっから全体型維持するために気を使わなければいけないので大変ですよ。
いくら食っても太りにく体質の人ってやっぱりいてる。羨ましくて仕方ないよ。
目指せ70キロ。はてなく遠いが。

素敵な両親のもとに生まれ育ち、素敵な友人たちに囲まれ、素敵な恋人と巡りあう。
愛情に包まれ、特に経済的に不自由をする事も世の中の汚い所を見ることもなく、順風満帆に育てばそりゃ性格も綺麗になりますわ。育ちがいい人ってそんな感じだと思う。

この世に生まれてくるのは運。
どの親のもとに生まれてくるかも運。
低所得家庭に生まれるか高所得家庭に生まれるか運。
遺伝子の組み合わせも運。
どんな能力を兼ね備えているかも運。
イケメンに生まれてくるかブサメンに生まれてくるかも運。
身長も運。
育つ環境も運。
就職は運。
職場の同僚も、上司も運。
どんな友人と出会うかは運。
どんな恋人と出会うかも運。
人生の師に出会えるかも運。
人との出会い自体が運。
交通事故、自然災害巻き込まれて生死を分けるのも運。
その他・・・もろもろ

唯一、勉強頑張るか頑張らないかは自分次第。

頑張るとこは頑張らないとダメだし、頑張らないと上にはいけません。でもやっぱ人生運の要素が大きいと思われる。平等なんてありえないし、運の要素を否定しちゃいけない。今日までたくさんの運の要素が複雑に絡み合って今の自分があるですかね。だから決して驕るなと。まあ人は人、自分は自分。考えれば考えるほど辛いですけど、明日もちょこっとでもいいから前向きに生きていきましょう。

だるい

連休終了。明日からまた仕事・・・・って言っても土日行けばまた5連休だけど。
だるい。毎度のこと生きてるってなんでこんないだるいんだろうか。ただ呼吸してるだけだけど。腹が減ったら飯食って、寝たきゃ寝て、うんこしたかったらうんこして、ムラムラしたらおなぬーして、たったそんだけの事だけど。

筋トレしてからまた近所のラーメン屋行って来た。相変わらず混んでいる。バス事故のニュースみながら出来上がるのを待つ。10代、20代の若者云々・・・可哀想だなと思いつつ、ラーメンが来たので麺をすする。「うん、美味い!」
今さっきまで思っていたことは何処へ行ったのやら。僕にとっては見ず知らずの不意に死んでいった可哀想な若者たちのことより、今目の前にあるラーメンの方が大事なのか。考えても仕方の無い事はいくら考えても仕方ない。だから目の前のことのほうが大事だ。

だるい。

辛くないのか

もっと適当でやんちゃな感じでいられたらまた違う人生があったんだろな。「こうじゃなきゃいけない」「こうなるべき」とい考え方があまりにも強すぎた。自分には特別何もないし、かと言ってそれじゃ悔しいから何かしようとも何に手を付けたら良いのか分からずどれも中途半端。頑張らない頑張れない。気づけば只の真面目系クズになってた事に気づいた学生時。やるべきことはちゃんとやって、肩の力抜いてもっとちゃらんぽらんでも良かったと思う。そうすれば今に至るまでもっと色々楽しめたんじゃないかって。まあ今だからそう思えるけど、同世代が回りに沢山いる環境じゃ、他人と比べてしまってどうしようもなかった。

さて、いい子を演じるのは簡単だが、歳を取るに連れてボロが出てくる。完全に性格の問題だろうが、それでも心の何処かで好かれたい、嫌われたくないという思いが強いのだと思う。人に合わせることを得意として、嫌なことも嫌だとはっきり断ることが出来ない。イメージも定着してしまうと、「崩しちゃいけない」とさらなる悪循環になっていい子キャラから中々抜け出しづらくなる。
自分を押さえつけてまでそんなに周りの人間に良くよく思われたいの?と言いたい。進撃の巨人で今までいい子を演じていたヒストリアが音をボロクソに吐き出してたがあんな感じでいいんじゃないのかねぇ。僕もこんな簡単に言うけどそれがすぐできたら苦労しないけどさ。

自分を取り繕うのは辛い。いっそのこと悪い子になってみせるとか、心の奥底に溜まった汚物をゲロのように吐き出すとか。自由に動けるなら身なら、自分に合う場所を探せばいいんじゃないか。という意見は適当すぎか。

自分に合う場所って必ずどこかあると思う。見つけるのが面倒くさいけど。
人も同じ、自分に合う人はかならずどこかにいる。中々会う機会がないだけで。ちんこ


他人はどうでもいい

「他人のことなんかどうでもいい」。これだけ聞けば自己中(自分さえ良ければいい)に聞こえるだろうがそれは違う。
大事なのは自分はどうか、どうしたいかだけであると最近は強く思う。これだけSNSやブログが普及した時代、他人の日常や思考が垣間見れる。だから正直どうでもいい情報ばかり目につくし嫌でも入ってくる。他人が何してようが楽しんでようが自慢してようが結局それらは僕にとってどうでもいいことなんだなあと。一々羨んだり嫉妬するも事も減ってくるし、最終的に何も思わなくなる。以前はやっぱり落ち込んだり羨んだり劣等感丸出しだったが最近は悟りの境地に辿りつけたようなそんな感じ。まあ一時的なのかもしれないがそれでも基本のスタンスは「俺には関係ないしどうでもいいや」。
人によって能力・取り巻く環境・考え方なんて違うし、自分の可能な範囲で頑張り、そして楽しめればいいのではないのかと。ムキになって上に上に・・・・と思ったて神経すり減らしてしまうだけなので、またどこかで精神バランスを崩してしまうかもしれないし。上を見ることも大事だが足元を見ることはそれ以上に大事だと。

テレフォン人生相談の加藤諦三先生が言っていた。
変えられることは変える努力をしましょう。変えられないことはそのまま受け入れましょう。起きてしまったことを嘆いているよりも、これからできることを皆で一緒に考えましょう
まさにこれだ。なんてシンプルだろう。
それと「他人はどうでもいい」って一見冷たく聞こえるけど、身の周りに困っていたり悩んでいる人がいればそりゃおせっかいながらも放おっててはおけないですよ。でもこっちがしてあげられることは限られてるし最終的に問題を解決するのはあくまでその人自身。
あくまで他人の人生は他人の人生であり自分の人生は自分の人生。友人だろうが恋人だろうが家族だろうが根本的に一人ひとり違う時間を生きてるし、相手が何してようがどう生きていようが自分にとってどうでもいい。他人がどうだからではなく、もっと自分と向き合うべきなんじゃないかって。相手の考えや生き方に賛同すればそれは参考にする。そんな程度かな。

心洗われる


部屋に居たはずなのに壮大な大地にいるかのような気分になる。糞な世界が一瞬にして吹っ飛ぶ。透き通った声と世界観がすさまじい。久石譲と麻衣、親子揃ってすごいですよ。小さい頃から頭角を現していたようだし、やはり才能というものは引き継がれるものなんだろうかね。

僕は大地とともに朽ち果てたい。


苦手な人

前記事:嫌いな思考

・超体育会系思想な人
脳筋、何でも勢い、絶対服従、日本社会の諸悪の根源である。面倒くさい。
スポーツ界で唯一、為末や桑田は知的かつ良識的で好き。

・根性論の人
合理的な意見が通じないからほんとうに困る。
面倒くさいってかアホ。根性論が通じるのはダイエットだけ。

・オラオラ系な人
もはや別の人種。文化的に分かり合えないと思う。

・イケイケ系な人
テンションが違うので疲れる。

・年上だからといって偉そうにする人
どこか勘違いしてる。クソ面倒くさいしストレスが溜まる。ホントぶっ飛ばしたい

・態度がでかい、横柄な人
冗談抜きで本当にぶっ飛ばしたい。

・高圧的な人
ちんこ蹴り飛ばしたい

・直ぐ怒鳴る人
うるせぇんだよ

・間違いを指摘すると逆ギレする人
質が悪い。顔面蹴り飛ばしたい

・理不尽なことばかり言う人
いや、○んでほしい

・プライドが高い人
本当面倒くさいと思う。つまらねぇそのプライドへし折りたい

・自分の間違いを素直に認められない人
同じく面倒くさい。自分に非があるなら素直に認めろ。

・「当たり前」のレベルが高すぎる人
生まれ育った環境や文化、そして今いる環境含め人によって違うからさ。
高すぎる人についていけない・だるい。

・すぐ感情的になる人
本当に面倒くさい。
建設的な話が通じないから面倒くさい

・他人より優位になっていないと気がすまない人
関わりたくない。

・自分より下と見るやいなや直ぐバカにする人
関わりたくないし、○んでほしい。

・自分が優秀だと勘違いしてる人
頭もよく人柄もいいやつは腐るほどいるんだよ。自惚れんな。

・自分のした苦労をしてこなかった人を見ると叩く人
関わりたくない。

・妬み嫉みが強い人
関わりたくない。

・自己顕示欲の強い人
面倒くさい。

・自慢話の多い人
面倒くさい。時間の無駄

・見栄を張る人
クソ面倒くさい

・発する負のオーラがすさまじい人
近づきがたいし仲良くなろうと思えない。

・金銭感覚が違う人
関係はそう長くは続かない。恋人・結婚相手がそうだったら不幸になる。

・他人に依存しやすい人
面倒くさいし、精神的に自立してほしい。

・自分の思想・意見を無理矢理でも押し付けてくる人
面倒くさい。「そういう意見もある」でいいじゃん

・同調圧力をかけてくる人
面倒くさい。○んで欲しい。

・社会常識、型に嵌めようとしてくる人
面倒くさいし関わらないで欲しい。

・自分のペースを乱してくる人
乱されると腹が立つので関わらないで欲しい

・誰かを叩きたくて仕方ない人
クズ野郎。本当に関わりたくないし関わっちゃいけない人種。

・良心のない人
関わったら間違いなく不幸になる。

生きてく中で避けられない対人関係。そこから発生する摩擦やストレスを可能な限り減らしたい。誰だって欠点はあるし完璧な人間はいないけど、自分と違うタイプ、正反対の人間と関わるとだいぶ神経すり減るし摩擦が大きくなる。
結局自分と考え方・思想、境遇の近い人間と仲良くなるわけですよね。自分と合わないと思えばそんな関わる必要なんて無いと思う。避けられないなら関係も最小限にすべきだし。
だれとも仲良くしようとか好かれようとか思わないほうが良いと思う。そんなの無理だから。それと人を見る目ってやっぱり大事だと思う。


だらん

まだ日が昇っていない5時過ぎ、消防車のサイレンが妙にうるさいなとおもい外を見れば、なんか空が赤い気が。糞寒い中自転車で川の方に行くと事がよくわかった。「どんどん焼きじゃねぇか!」こんな朝っぱらからやるものなんだろうかと。そう言えば昨日も出勤途中、海でどんどん焼きをしているのを見かけた。まだこういった行事ってやってるんだなあと。

さて、世の中3連休最終日だろうが、僕は今日から5連休。その初日。成人式らしいですけど関係ないのでどうでもいいです。
ばあさんとじいさんのいる介護施設へ行き、その後ばあさんちで高校サッカーの決勝戦みながらぐうたらしていた。インターハイ優勝してるだけあってサッカー素人でも東福岡の強さと言うか上手さはわかった。部員280人いるらしく一瞬「は?」」となったが、恐らく他の高校行けばレギュラーになれるような連中がたくさん埋もれてるんだろう。その中でレギュラー貼ってる連中てやっぱりすごいよなあと。国学院久我山も文武両道とのことですごいなあと思いますよ。何年か前の選手権に出た時のキャプテンだかエースは東大目指してるとか言ってたのが未だに記憶に残ってる。頑張れる奴はものすごい頑張るし、できるやつは出来る。そして持ってる奴は持ってる。
僕はダメ人間で何かをめちゃめちゃ頑張ってるわけでもないし、こうだらんと生きてるけどそれでいいと思ってますよ。

幸せって1

先日のことである。ビールを飲んで気づけば日付が変わる直前に目を覚ました。「まだこんな時間か」と思っていると複数の声が聞こえる。義兄の友達かだれか来てんのかと思っていたが気にせずボーっとする。しばらくしてまた何か声がするなあと思い、耳を澄ましていると姉の怒る声が聞こえる。「何だ?」と思っていると突然怒鳴り声とともに「ドーン」とでかい音が聞こえた。タダ事ではないと思い広間に行ってみると義兄が暴れていたようで、ちょうどふすまを蹴り飛ばしていた所を目撃する。「なになに!?」部屋を見ると困った顔をした姉と机が逆さまにひっくり返っている。目が虚ろな状態でふすまを蹴り飛ばした後トイレの便器ににぐったり。相当酔っていたように見えた。僕も怖かったがこちらの身の安全もあるのでもし暴れたら床に叩き伏せるつもりでいたがその必要はどうやらなかった。
次の日仕事から帰ってきて「昨日は申し訳なかった」と。恐らく途中から記憶が飛んでいたと思うが、どうやらお店で飲んでてそこで誰かと言い争いになったのかイライラしていたらしい。普段真面目な義兄があんな状態になるのを初めてみたので正直びっくりですよ。もしあんな姿を子供が見ていたらトラウマになってしまうだろう。
詳しいことはしらんけど、だいぶストレス溜まっているんじゃないかと思う。子供3人、マイホーム建築中。仕事も夜遅くまでだし不規則。本人がどう思っているか知らんが、僕から見る限り幸せそうに感じない。


僻地

3月にクレーンの免許を受けることになった。クレーン学校へ行って6日間の講習を受けそこで終了すれば取れるのかとおもいきや、自動車学校と同じシステムで学科講習と実技講習・試験のみとのこと。学科試験は各安全衛生技術センターに行って受けないといけないらしい。関東が千葉の市原市、中部が愛知の東海市となんとも微妙なというかすごく不便な場所にあるという。市原の方はわかるので、何であんな不便な場所にあるのかと。交通の便を考えれば新幹線で名古屋まで行って乗り換えればいいのそちらになるだろう。それでも遠いけど。
交通費とか宿泊費って後払いなんだろうか。とりあえず先払いでも一気に20万近く吹っ飛ぶ計算なのです(手取り以上)。
社長が「落ちたらクビな」なんて冗談混じり?で言ってたけどあの糞野郎ぶっ飛ばしてやりてぇ。とりあえず上司には「絶対に一発で受かれ」と言われるがまあもちろん自分の金も掛かってるので一発で取れるようガンバリマスヨ。

連休ひとまず終了。

休日最終日、朝から自転車のメンテ。7年ほど前に買ったけど実質トータルで乗っているのは2、3年くらい。ブレーキシューもタイヤも一度も交換していなかったせいでだいぶすり減っていた。とりあえず通勤時にパンクばかりしてしまい参っていたのでタイヤもツーキニスト履かせることにして様子を見る。溝があるから雨の日も大丈夫じゃないのかと。
昔だったら自分でいじるって事で「どこかおかしくなったどうしよう」と怖かったけど、実際やってみると簡単。「難しそう」という先入観がよろしくないのだね。手の真っ黒な汚れは相変わらず落ちず。
昼前に久しぶりにラーメン屋行って満足した後、続きの作業とワイヤーブラシでひたすらバーベルのサビを落としていた。何やってるんだろうか。8日間に渡る休日はこれで終了。結局今年は友人たちも地元に戻って来ず会わずじまいで、ばあちゃん家に行く以外、自宅でひたすらゴロゴロしてただけ。まあ寂しいといえば寂しいがそういう年もあるだろうと開き直る。明日から仕事だがやっぱりだるいね。

ふと我に振り返る瞬間が来るとどうしても不安になる。当然金のこと、それと健康のこと。今ですら最低限度だろうが、それすらも維持できなくなる時が来るんじゃないかって。最悪仕事はなんとかするとしても、問題は健康の方である。死を意識すると次に自身の健康の事を意識するようになる。病気をしない前提で日常生活を送っているが、いつ大病を患うかもわからない。何度も書いているが人生素晴らしい(僕自身全く思わないが)と言っていられるのは五体満足で健康体である事が前提だろう。歳を取れば嫌でも病を患うだろうが、まだ若いうちに患うのはゴメンである。とりあえず癌は仕方ないにしても糖尿病になるわけにはいかないし、話し聞いてるだけでもキツイし。尿酸値が規定値内なのだが若干高め。ビールがやめられないのが辛いです。食生活の見直しと運動だね。

餅になりたい


いこか様に食われる餅を見て生まれて初めて餅になりたいと思った。最近ゲスの極み乙女。の世界観に完全にハマってしまったようで。
昔「地獄先生ぬ~べ~」で眠鬼(覇鬼の妹)の手によってパンツ変えられてしまった男子たちを助けるために(そのままにしておくと只のパンツになってしまうので)女子達がそれを履くというシーンがあったのを思い出す。なんて羨ましいんだ!と小学生当時思った。もし生まれ変わるなら可愛い子のパンツになりたい。決して人間にはなりたくない。

さて、空気がだいぶ乾燥してるせいか、こたつに入ったまま寝てたせいか正月から喉をやられてしまった。地味に痛い。
今日も相変わらずな一日、ケツの痛みが取れたので朝から筋トレ、そして油まみれ換気扇の掃除。そして昼寝。何もせず8日中6日間の休みが終わる。休みも残り2日。正月なんてやっぱり元旦だけだよ。何の感動もない。

凡人の凡人こそゼネラリスト

「スペシャリストを目指せ」って言うがあくまで大企業のような完全に分業化された組織の中で働ける場合のみに通用する言葉だと思ってる。大半の人間は中小零細勤務の労働者。大企業のように分業化されているとはとても思えないし、組織が小さければ小さいほど、嫌でもあれもこれもやらなければならないという状況じゃないのか。それに有名ドコロ、大企業にすいすいと渡り歩いていける人は限られているだろう。そうなると凡人の凡人こそスペシャリストよりやはりゼネラリストを目指すべきではないのか、ってかそうならざるをえない。
超専門的で難しい知識なんて限られた職種・人間しか使わないし、そこまで深くなくとも知識も技能も知っている幅が広ければ広いほどいいと思ってる。最悪収入が途切れなければ(貯金があれば別)今直ぐ死ぬわけではないしなあ。まあ再就職できるかは別問題だが。中流~下流にいる人間は生き残るためにそうならざるをえないだろう。上流層と生きてる世界の違いすぎるのです。
僕は何でも屋になりたいです。


年賀状

元旦だからといって特に何するわけでもなく1日中だらけていた。もうずっとぐうたらしていたい。
さて今年は年賀状が2枚ほど届いた。高校の友人と高校の時の数学の先生(親父の同級生)。いつものように自作の年賀状はだるいので即席のものをコンビニか郵便局で買って、ちょこっと文章書いて出すつもり。
小学校の時、小学校内での独自の年賀状があった。住所がわからなくても名前書いて町内の所に丸つけておけば勝手に届く。毎年誰から来るのかなというワクワク感と好きだった子から来るかなというドキドキ感は今でも覚えている。もう当時のはがきなんて捨てられちゃったのかな。
中学になると流石にそういう制度もなく、「年賀状送りたいから」と直接のやり取り。女の子からそこそこもらっていた時期でした。高校の頃は携帯が普及していたからあけおめメールに代わりそれが徐々にSNS上でのあいさつに変わり。
もう今の若い世代にとっては年賀状という文化は古いだろう。情報機器が発達しすぎていて年賀状を送る必要がなくなっているるし、相手の近況なんていつでも知れるわけであって。まあ完全に消えなくともい文化としては消滅していく方向になるだろう。もう昔みたいなワクワク感がないし。これも時の流れってやつですね。お年玉くじが付いているのがせめてもの救いだが、まあそうはいいつつ、実際年賀状をもらうと嬉しいもんです。

ニュークソイヤー

今日起きてなにか変わったかといえばやっぱり変わらず、ただ一段と寒いしだるい。枕元にお年玉置いてないかなぁ・・・・。
また糞な一年の始まりですよ。後5ヶ月したら28歳にになる。三十路まで射程圏内。彼女が出来ればいいが、相変わらず他力本願だしこんな調子なのでまた出来そうにない。頑なに拒んできたが覚悟を決めて風俗も検討しようかと。物は試しか。

とりあえず事故に合わないこと、健康であること、そして一番大事な精神のバランスを保つこと。大雑把に言えば不意に死なないように1年過ごしたい。
そして気を強く持ち、そして思考はブレずに。生きることは辛いし糞なことばかりですが何とかクソな1年乗り切っていきたいですね。皆に幸あれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。